【体験談】チャイルドシートに座ると赤ちゃんがぐずる。対応の仕方について

【体験談】チャイルドシートに座ると赤ちゃんがぐずる。対応の仕方について

チャイルドシートを嫌がった時期など

赤ちゃんがチャイルドシートに座るとぐずることもあるでしょう。どのような対応をするとよいのか気になったり、いつまで続くのかと不安を感じたりするママもいるかもしれません。今回は、赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるのはいつまで続いたかや、ぐずるときの対応の仕方をママたちの体験談をもとにご紹介します。

赤ちゃんがチャイルドシートに座るとぐずる

赤ちゃんをチャイルドシートに座らせると、ぐずってしまう場合もあるのではないでしょうか。車に乗って外出を楽しめるのはいつになるのかと不安を感じるママもいるかもしれません。

チャイルドシートに座っている間、赤ちゃんの機嫌が戻らないと、ママはどのような対応をしたらよいか悩んでしまいますよね。ママが運転しているときはあやせないので、困ってしまうこともあるでしょう。

今回は、赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるのはいつまで続いたか、ぐずるときの対応の仕方についてママたちに聞きました。

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるのはいつまで続いた?

チャイルドシート
Africa Studio/Shutterstock.com
ママたちに、赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるのはいつまで続いたのか聞きました。
30代ママ
生後5カ月頃から2歳半ごろまでぐずりました。
30代ママ
子どもが生後10カ月なのですが、生後8カ月からぐずるようになりました。今もぐずることがあります。
30代ママ
生後すぐ、車で産院から家に帰るときにぐずっていました。1歳半頃までよくぐずりました。
20代ママ
生後6カ月頃から2歳半までぐずりました。泣いたり、大きい声を出したりするので、困りました。
チャイルドシートを嫌がる時期は、赤ちゃんによって異なるようですが、2歳半頃には落ち着いたという声が複数ありました。

チャイルドシートに座る赤ちゃんがぐずるときの対応の仕方

チャイルドシートに座る赤ちゃんがぐずるときに、ママたちはどのような対応をしたのでしょうか。対応の仕方についてご紹介します。

おもちゃを使って遊ぶ

ぬいぐるみ
Jiri Hera/Shutterstock.com
20代ママ
長時間移動すると、しばらくしてからぐずります。お気に入りのおもちゃで遊ぶと機嫌がよくなったので、退屈だったのだと思います。
長時間車の中にいると赤ちゃんは退屈になってしまうのかもしれません。車に乗るときは、おもちゃで遊んだり、子ども番組のCDをかけたりしたママがいました。

おもちゃに飽きてしまったときは、外の景色を見て、「海が見えるね」「自転車に乗ってる人がいるね」などのような声かけをすると赤ちゃんのぐずりが落ち着いたという声もありました。

手をにぎったり、声をかけたりする

20代ママ
娘は抱っこが大好きだったので、チャイルドシートに座っている間はだいたいぐずっていました。パパが運転するときは、隣に座って手を握ったりすると少し落ち着いていました。
ママと離れてしまうと不安に感じ、泣いてしまう赤ちゃんもいるようです。赤ちゃんの手を握ったり、身体をさすったりするとよいかもしれません。

ママが運転しているときに赤ちゃんがぐずることもあるでしょう。信号が赤のときに、赤ちゃんの方を振り返って声をかけたり、歌を歌ったりすると、落ち着いたという声がありました。赤ちゃんは、ママが近くにいることがわかって安心するのかもしれませんね。

冷暖房や服装などを調整する

20代ママ
夏にぐずることが多かったような気がするので、カーエアコンで車内を涼しくしていました。汗をたくさんかいているときは、服を着替えると機嫌が戻ったこともありました。
車内の温度や服装に気をつけたママがいました。暑いときは服のボタンを開ける、寒いときは毛布をかけるなど、車内の気温に合わせて調整しているようです。赤ちゃんが快適にすごせるように工夫できるとよいですね。

1度降りて外の空気を吸う

30代ママ
眠くなるとぐずりました。寝つきが悪いときは、車から降りて外の空気を吸うと機嫌が戻り、車内に戻ってからも眠れることが多かったです。
赤ちゃんがぐずったときは、車を止めて、1度外にでるというママが複数いました。外にでるのがむずかしいときは、窓を開けてみるとよいでしょう。外の空気を吸うと気分転換になって、赤ちゃんの機嫌がよくなるかもしれませんね。

チャイルドシートを見直す

30代ママ
子どもはチャイルドシートに乗るとよくぐずっていました。3歳になってジュニアシートに変えてからは、ぐずる機会が極端に減ったので、チャイルドシートが身体のサイズに合っていなかったのかもしれません。
チャイルドシートが身体に合っておらず赤ちゃんがぐずることがあるようです。チャイルドシートが正しく設置されていないと、左右に傾いた状態になる場合もあるため、座り心地が悪いかもしれません。

おもちゃや声かけなどを試してもぐずる場合は、チャイルドシートを見直してみてはいかがでしょうか。

チャイルドシートでぐずるときは快適にすごせる工夫をしよう

赤ちゃん
Ilya Andriyanov/Shutterstock.com
赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるのは、2歳半頃まで続いたという声が複数ありました。ぐずりが始まる時期は赤ちゃんによってさまざまなようです。

赤ちゃんがチャイルドシートに座ってぐずるときは、おもちゃを使って遊んだり、手をにぎったりすると落ち着くかもしれません。車を止めて1度外に出ると気分転換になって機嫌が戻ることもあるでしょう。

冷暖房や服装などの調整やチャイルドシートの見直しが必要な場合もあるようです。赤ちゃんがチャイルドシートに座るときは、快適にすごせるような工夫ができるというですね。

2020年02月28日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧