おねしょした布団の処理方法。ママたちに聞いた洗濯の仕方とは

おねしょした布団の処理方法。ママたちに聞いた洗濯の仕方とは

家で洗えないときのアイデアや臭い対策など

子どもがおねしょをしたとき、布団をきれいに洗う処理方法や臭いが気になる場合の対策が知りたいママもいるかもしれません。今回の記事は、おねしょ布団を洗濯する前に確認したことや布団の洗い方の他に、家で洗えない場合のアイデアについて、ママたちの体験談を交えてお伝えします。

おねしょ布団を処理するときの悩み

朝起きたとき、子どものおねしょで布団が濡れていたという経験のあるママもいるのではないでしょうか。おねしょ布団の処理をするとき、どのようなことに困ったのかママたちに聞いてみました。

30代ママ
おねしょをした布団をきれいにする処理方法がわからず、汚れがシミになってしまい困りました。布団を洗うときに確認することや、洗濯方法があれば知りたいです。
20代ママ
子どもがおねしょを繰り返すうちに、布団に臭いがついてしまいました。手軽にできる消臭対策があれば知りたいです。

おねしょをした布団の処理方法がわからないという声や、布団についた臭い対策が知りたいというママの声がありました。実際に、布団をきれいにするためにママたちはどのような処理をしているのでしょうか。

おねしょ布団を洗濯するときに確認したこと

布団セット
iStock.com/Xiao Jiang

実際に、おねしょ布団を洗濯する前に確認したことをママたちに聞いてみました。

布団の素材

30代ママ
まず家で洗えるかどうか、布団の素材を確認しました。我が家の布団はポリエステルと綿でできている布団だったので、子どもがおねしょをしてしまっても洗濯しやすかったので便利でした。

洗濯する前に、布団の素材を確認しているママがいるようです。布団を購入する前に自宅で洗える素材かどうかを確認しておけば、子どもがおねしょをしたときも安心して洗濯機で洗えるかもしれません。

洗濯表示

20代ママ
洗う前に布団についている洗濯表示を見て、どのような洗い方をするか確認しました。洗濯機マークがついていたので、ネットに入れて洗濯機で洗いました。

布団を洗う前に、洗濯表示からどのような洗い方をするかを確認しておいたママの声がありました。「洗濯機マーク」が記載されている布団は大きめのネットに入れ洗濯機で洗い、「手洗いマーク」が表示されている場合は、自宅のお風呂の浴槽を使うと手洗いしたというママの声もありました。

おねしょ布団の洗濯方法

ママたちに聞いた、おねしょ布団の洗濯方法をご紹介します。

吸水する

20代ママ
布団に染み込むおしっこの量を最小限にとどめるため、タオルや雑巾などを当てて叩きながらすぐに吸水します。おしっこの水分をしっかり吸収してから洗濯することでシミにもなりにくかったと思います。
30代ママ
おねしょの吸水には紙おむつを使うと便利です。量が多いときは、何枚が取り換えてできる水分を吸い取るようにしています。

おねしょ布団の洗濯方法として、まずタオルや紙おむつなどで吸水しているママがいるようです。他にも、着なくなった子ども服や使い古したタオルを切ったウエスで吸水して、そのまま捨てるというママの声もありました。

ぬるま湯で洗う

20代ママ
布団を洗うときはぬるま湯にしばらく漬けてから、もみ洗いするようにして洗います。シミが残りそうな場合はお湯を何度か変えて洗うようにしています。

布団を自宅で洗うときに、水ではなくぬるま湯を使って洗っていたママがいるようです。部分的な汚れの場合、スプレーボトルに入れたぬるま湯を汚れている部分に吹きつけ、バスタオルを押し当てる作業をきれいになるまで何回か繰り返してきれいにしているという声も聞かれました。

布団を乾燥させる

天日干し
Norman01 - stock.adobe.com
30代ママ
洗った布団は、天日干しています。しっかり乾燥できるように午前10時くらいまでには干し、2時間くらいで裏返し両面が日に当たるように意識して干しています。

洗濯した布団の乾燥方法として、天日干しをしているようです。布団を干す時間帯は、朝10時から13時くらいまでの日の当たる時間にし、遅くても15時までには取り込むようにしているというママの声もありました。

おねしょ布団を家で洗えないときのアイデア

おねしょ布団を家で洗えないときはどのように処理しているのか、ママたちに聞いてみました。

簡単な臭い対策をする

30代ママ
おねしょをタオルで吸水してから、家にあった衣類用の消臭スプレーを使いました。スプレーをかけた後に再度タオルで吸水し、アイロンをかけて乾かすと臭いも減りきれいに処理できたように感じています。
20代ママ
クエン酸小さじ1に対して水を200mlの割合で混ぜたものをスプレーボトルに入れて、おねしょをした部分にたっぷり吹きかけました。数分待ってから乾いた雑巾で水気を取って乾かすと、臭いも気にならなくなりました。

おねしょ布団を家で洗えないときに、衣類の消臭スプレーやクエン酸スプレーを使って気になる臭い対策をしているママがいるようです。消臭スプレーを使ったママからは、布団が乾いてからもう一度スプレーを吹きかけておくと、臭いが気になりにくかったという声も聞かれました。

コインランドリーで洗う

30代ママ
布団が我が家の洗濯機には入らないので、近所のコインランドリーで洗います。大型の乾燥機を使えば、しっかりと布団のなかまで乾燥できるので便利です。敷布団は洗濯機に入りやすいよう麻ひもでロール状に縛ってから入れると便利です。

おねしょ布団を家で洗えないときはコインランドリーで洗っているママもいるようです。コインランドリーで洗濯のみ行う場合は、乾くまでの時間を考えてできるだけ午前中の早い時間帯に行くようにしているというママの声もありました。

クリーニングに出す

30代ママ
羽毛の掛け布団はコインランドリーには出せなかったので、クリーニングに出しました。プロに洗ってもらうことで、臭いやシミなどが気にならない仕上がりなので布団が新しくなったようにも感じられます。

家でおねしょ布団を洗えないときは、クリーニングに出すのもよいかもしれません。クリーニング店に布団を持ち運ぶのが大変だと感じたときに、おねしょ布団専用の宅配クリーニングを利用したというママの声もありました。

おねしょ布団をきれいに洗おう

ベッドで眠る親子
taka - stock.adobe.com

おねしょをした布団の洗濯や処理をするときに、ママたちは臭い対策やシミ対策をした洗い方をしているようです。布団を洗うときにも工夫して、布団をきれいに処理できるとよいですね。

2019年12月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧