【調査】幼児の美容室デビューは●歳。お店選びのポイントとは

【調査】幼児の美容室デビューは●歳。お店選びのポイントとは

カット料金や所要時間の目安

幼児期の子どもを美容室へ連れて行きたいとき、いつから行けるのかや通う頻度が知りたいママもいるかもしれません。幼児向けのカット料金が気になることもあるでしょう。そこで今回は、幼児の美容室事情についてアンケートを実施し、いつから行ったかや通う頻度、料金や所要時間、店選びのポイントについてご紹介します。

幼児期の美容室事情とは?

子どもの髪がのびてきたり毛先が傷んでくると、子どもにあう長さにカットしたいと考えるママは多いのではないでしょうか。
 
自分で子どもの髪をカットするのが難しいときや、おしゃれに仕上げたいときは、美容室を利用することもあるでしょう。子どもを美容室へ連れて行くのが初めてで、連れて行ってよいのか迷うこともあるかもしれません。
 
幼児期の子どもの美容室事情について、ママたちのリアルな声を調査しました。

幼児期に美容室へ行くようになったのはいつから?

美容室
Tyler Olson/Shutterstock.com
幼児期の子どもが美容室へ行くようになったのはいつからなのでしょうか。KIDSNAの読者にアンケートで聞いてみました。
お子さんが初めて美容室に行ったのはいつですか?
子どもが1歳のときに美容室へ行くようになったという回答が多くありました。1歳頃になると、髪がのびてきたり、卒乳する子もいたりして子育てがある程度落ち着き、美容室へ行きやすくなるのかもしれません。

1~2歳で子どもが活発になり寝相が悪くなったことで、後頭部の髪が傷んで絡みやすく、自分のカットでは治せなくなったというママの声もありました。
 
0~3歳頃に保育園へ通い始めた子どもは、先生や他のママから容姿を見られることが増えるため、身だしなみを気にして美容室へ連れて行くようになるママもいるようです。
 
子どもが美容室へ初めて行く時期は、成長や環境によってさまざまなようですね。

幼児期に美容室へ行く頻度

幼児期の子どもが美容室へ行く頻度についてご紹介します。
お子さんはどのくらいの頻度で美容室に行きますか?
アンケートでは、2~3カ月に1回の頻度で通っているという回答が、約半数を占めました。大人が美容室へ行くときに、子どももいっしょにカットしてもらう家庭が多いのかもしれません。

半年に1回という回答も25.2%ありました。前髪だけであれば自宅でもカットできたり、女の子は髪をのばしてかわいい髪型にしたいこともあるでしょう。

子どもの髪が乾きにくいと風邪をひきやすそうなので、乾かしやすいよう2カ月に1回の頻度で、美容室で髪をすいてもらうというママの声もありました。

美容室でかかる幼児のカット料金

美容室でかかる幼児のカット料金について、実際にかかっている金額を聞いてみました。
幼児(1歳~就学前)のカットの料金はいくらでしたか?
アンケートでは、幼児のカット料金は1000円~2000円ほどかかるという回答が多くありました。この価格帯であれば、子どもも定期的に美容室へ通いやすいと考えるママが多いのかもしれません。
 
子どもの髪の量は、大人と比べて少ないので、その分カット料金を安くしている美容室もあるでしょう。
 
カットを嫌がりぐずる子どもの対応の大変さや、子ども料金を低くすると予約が増え対応しきれなくなることを考えて、子どもも大人と同じカット料金にしている美容室もあるようです。

美容室での幼児向けカットの所要時間

時間
wenani/Shutterstock.com
美容室での幼児向けカットの所要時間についてご紹介します。
幼児カットの所要時間はどのぐらいかかりますか?
子どもがカットするときは、15~30分ほどかかるという回答が多くありました。子どもはカット量が少なく、パーマやカラーをしないことが多いので短時間で終わるのかもしれません。
 
親子で予約したときに、大人のカットやカラーが終わるのを待っていると子どもが疲れてしまうので、時間がかからない子どものカットを先にしてもらうというママの声もありました。

幼児期に行く美容室を選ぶポイント

幼児期の子どもが行く美容室を選ぶポイントについて、アンケートで多かった回答を体験談をまじえてご紹介します。
お子さんが美容室へ行くときのお店を選ぶ1番のポイントは何ですか?

子どもの対応に慣れている

30代ママ
キッズスペースがあったり、カットしながら子ども用アニメが見れる美容室を選びます。
30代ママ
いつも行く美容室の美容師さんは、子どもに好かれるタイプの方なので安心できます。最初は少し子どもがぐずりましたが、2回目以降は大人しくカットされています。
30代ママ
いつもの美容室では、カットの際にかわいい柄がついた子ども用のクロスを使ってくれたり、子どもへおもちゃのプレゼントをくれることもあります。
子どもの対応に慣れている店にするという声が、アンケート回答でも多くありました。子どもが美容室での時間を楽しめると、嫌がらずに長く通い続けやすそうですね。

ママやパパの行きつけの店

30代ママ
いつも私やパパが行く美容室で、子どももいっしょに切ってもらっています。親が楽しそうに美容師さんと話していると、子どももリラックスしやすいようです。
30代ママ
私の行きつけのお店なら、美容師さんの腕やお店の雰囲気もよくわかっているので、安心して連れて行けます。
ママやパパの行きつけの店にするという声は、アンケート結果でも36.4%と2番目に多い回答でした。
 
行き慣れた美容室であれば、子どもがぐずって予約時間に遅れたり、施術に時間がかかっても、臨機応変に対応してくれやすいかもしれませんね。

幼児期の子どもに合った美容室を選ぼう

親子
Rawpixel.com/Shutterstock.com
今回は、体験談をまじえながら、幼児期の子どもの美容室事情について、いつから行ったかや頻度、カット料金などについてご紹介しました。

アンケートの回答から、1歳から美容室へ行き始める子どもや、2~3カ月に1回の頻度で通う家庭が多いことなどがわかりました。また、美容室選びに気をつけているママも少なくないようです。
 
ママたちの店選びのポイントを知ることで、子どものカットを美容室でするか迷っていたママも、いっしょに行ってみようと思うきっかけになるかもしれません。

幼児期の子どもに合った美容室を選び、カットの時間やおしゃれな髪型を楽しめるとよいですね。
【調査概要】
・対象:KIDSNA読者へアンケート調査を実施
・調査期間:2020年1月7日~2020年1月14日
・回答数:107人

2020年01月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧