赤ちゃんの沐浴にシャンプーは必要?必要なアイテムや洗い方

赤ちゃんの沐浴にシャンプーは必要?必要なアイテムや洗い方

沐浴するときのコツや注意点など

赤ちゃんを沐浴するときは、ママやパパも想像以上に神経を使うものですよね。デリケートな赤ちゃんの肌を洗うときにシャンプーが必要か悩む方もいるかもしれません。今回は、赤ちゃんを沐浴するときの方法やコツ、注意点などをママの体験談からまとめてご紹介します。

沐浴するときシャンプーは必要?

赤ちゃんを沐浴するときに、シャンプーが必要か悩むママやパパもいるでしょう。赤ちゃんは寝汗やミルクの吐き戻しなどで汚れるため、沐浴するときには赤ちゃん用のシャンプーを使って清潔にしてあげるとよいかもしれません。

デリケートな赤ちゃんの肌が乾燥しないように、赤ちゃん用の優しいシャンプーを選ぶとよいでしょう。

沐浴の手順

沐浴は赤ちゃんをリラックスさせ、体をあたためてきれいにする大切な時間です。沐浴をスムーズに行うためにも、沐浴の手順をしっかり頭に入れておきましょう。

  1. 赤ちゃんを入れるお湯の温度を38~40度の温度にして、ママの手で熱すぎないか直接確認する
  2. 赤ちゃんの背中、頭、首の部分をそっと支えてお湯に入れ、片方の手で洗う
  3. お湯で湿らせ、適度に絞ったガーゼで目の周辺から口、鼻、顔全体を真ん中から外に向かって拭く
  4. 頭、体はシャンプーを使いながら、優しく手で洗って流す
  5. しばらくお湯に入れ、最後に洗面器などに溜めておいたお湯で赤ちゃんの体にかけて流す
  6. 赤ちゃんをお湯からあげ、すばやくタオルでくるみ、水分が残らないように優しく拭く
服を着る前に、保湿剤などで赤ちゃんの肌を守ってあげるとよいでしょう。

流し方は最初は難しいかもしれませんが、洗面器や桶に溜めておいたお湯を使うとよいかもしれません。簡単に済ませたいときには、シャワーの水圧を弱めて、足元から上の方にゆっくりとかけるのもよいようです。

髪が多い赤ちゃんには赤ちゃんのために優しく作られたシャンプーで洗うように助産師さんに指導されたというママの声もありました。

赤ちゃんに合ったシャンプーを選んで、赤ちゃんを清潔にしてあげましょう。

沐浴するときに必要な道具とコツ

お風呂セット
iStock.com/matka_Wariatka

赤ちゃんの沐浴中に困った経験をしたママやパパもいるでしょう。沐浴が楽になる便利なアイテムやコツなどをママたちに聞いてみました。

シンクやシャンプードレッサー

30代ママ
助産師さんにシンクやシャンプードレッサーなどの洗面台で沐浴すると便利ですよと教えてもらい、実際に試しましたが、使用するお湯の量も少なく済み、片付けが楽でとてもよかったです。
30代ママ
浴室は寒いこともありますが、洗面台で沐浴する場合は、室内の温度管理が簡単にできるので、赤ちゃんに寒い思いをさせることなくできました。

シンクや洗面台を使用できる場合は、沐浴する場所を変えてみるとよいかもしれません。浴室では手間取っていたことも、洗面台で沐浴するようになってからスムーズにできるようになったというママの声もありました。

ベビーイヤーやシャンプーハット

30代ママ
初めての沐浴ではバタバタすることが多く、目にシャンプーが入って痛い思いをさせてしまい、シャンプーを嫌がるようになってしまいました。シャンプーハットを使うとパパでも赤ちゃんの沐浴がスムーズにできました。

水やシャンプーなどが目や耳に入らないような赤ちゃん用のシャンプーハットやベビーイヤーも販売されているようです。赤ちゃんが沐浴を嫌がる場合は、流し方を工夫しながら併用してみてもよいかもしれません。

湯温計

湯温計
iStock.com/jpgfactory
30代ママ
夏と冬、両方のときに最適な温度が示されている湯温計はとても重宝しました。赤ちゃんにやけどの心配がなく、湯温計自体もかわいいデザインなので、2歳になった今もおもちゃとして湯舟で遊んでいます。

湯温計があるとお湯の温度が確認しやすいかもしれません。全体のお湯が最適な温度になっているか確認するためにも、ママの手でお湯全体をかき回して熱いところがないかも必ず確認するとよいでしょう。

保湿剤

30代ママ
赤ちゃんの肌はとてもデリケートだということを小児科の先生に聞き、保湿剤を処方されました。とくに肌トラブルはありませんでしたが、顔や体にたっぷり塗るよう指導されました。

沐浴のときのシャンプーと同様に沐浴後の保湿剤も、赤ちゃんの肌には重要かもしれません。湿疹や肌のトラブルがないようにしっかり赤ちゃんの肌のケアができるとよいですね。

沐浴するときの注意点

ママやパパも安心して赤ちゃんを沐浴できるように、事前に注意点をおさえておくとよいかもしれません。沐浴で気をつけたいポイントをご紹介します。

沐浴剤

沐浴剤はすすいだり、上がり湯を使う必要がない便利で簡単なアイテムのようです。

沐浴剤は、洗浄力が低いため、赤ちゃんの汚れをしっかり洗い落したいときはベビーシャンプーを使った方がよいかもしれません。沐浴剤が肌に合わないときは、無理して使わないように注意しましょう。

時間帯

毎日決めた時間帯に沐浴することで、赤ちゃんの生活リズムを整えることに繋がるということを聞いたことがあるママもいるかもしれません。

実際に、決まった時間帯で沐浴することで、寝るリズムを整えられたというママの声もありました。

沐浴にかける時間は、長すぎると赤ちゃんが疲れてしまうようなので、5分程度ですばやく済ませるように心がけましょう。

赤ちゃんへの対応

最初の頃は、赤ちゃんも沐浴の時間を不安な気持ちで迎えているかもしれません。赤ちゃんも安心して過ごせるように、ママやパパが話しかけてリラックスさせてあげましょう。

赤ちゃんのお腹に沐浴布やガーゼをかけてあげると、赤ちゃんが安心してくれたというママの声もありました。

泣いてしまったときは、焦らずすばやく入れましょう。どうにもならないときは必要箇所だけを洗って済ませても問題ないようです。

シャンプーを使った沐浴で赤ちゃんを気持ちよくしてあげよう

沐浴する赤ちゃん
iStock.com/comzeal

赤ちゃんのデリケートでやわらかい肌を守るためにも、ベビーシャンプーは大切のようです。

ママやパパが使いやすいシャンプーを選んで、赤ちゃんも沐浴の時間を気持ちよく過ごせたらよいですね。事前に準備できることや注意点をおさえて、短時間ですばやく済むように心がけましょう。

2020年01月15日

専門家のコメント
20
    いちぽ先生 保育士
    ベビーソープで髪の毛も洗っていました。泡はガーゼでだいたい拭ってから、手で優しくお湯をかけて流していました。
    目に入って嫌がることもなかったです。
    はなこ先生 保育士
    小さいうちはシャンプーいらないと思います!固形石鹸、もしくは全身用のソープで洗えば問題ないです。

    少し大きくなってくると髪の毛の量も増えてくるので、使っていてきしむようであれば切り替えのタイミングかもしれません!
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    ベビーソープも種類が増えてきましたね。あってもなくてもいいのかな と個人的には思っています。
    毎日のことですから 親御さんにとって負担のない、より良いやり方でするのが1番だと思います。
    膨らませて使うベビーバスや 座らせておける台座など、便利グッズも沢山出てきていますので、上手く活用できると良いですね。
    ぽんた先生 保育士
    洗浄力が弱めの物を使っていましたが、何ヶ月かして、脂漏性湿疹だらけになってしまいました(*_*;湿疹というか、大きなふけみたいのがたくさん頭中にできていて、オリーブオイルとかで取れると聞いたのですが、うまくいかず、結局、赤ちゃんが寝ているときに、ペリペリと私が剥がして全部きれいにしました(^^;)ちゃんとシャンプーできていれば良かったのかなあと思い、二人目のときは、泡立ててシャンプーしていたら、湿疹にならずにすみました(^^)v
    すみっこ先生 保育士
    ベビーソープを買いましたが、新生児の頃は泡で洗うというよりはお湯で優しく洗い流す感じで石鹸はほとんど使いませんでした。沐浴中に、とても気持ち良さそうにしていた顔を今でもしっかり覚えています。かわいかったなぁ🥰💕
    あーちん先生 保育士
    産院では固形石鹸orソープで全身を洗っていたので、家でもシャンプーは使いませんでした。
    赤ちゃんに負担をかけすぎずに、清潔を保てるように様子を見ながら沐浴もしていくのがいいと思います!

    うちの子はお風呂は好きみたいです♪
    ぬーぴー先生 保育士
    赤ちゃんの肌は敏感なので、ベビーソープで十分かと思います。おしりや首など、皮膚が重なる部分はアカが溜まりやすいのでガーゼなどで拭い清潔にする必要がありますが、その他はごしごし洗う必要はなく、お湯で流す程度でも大丈夫です。私は1日に1度の沐浴より、汚れてすぐに拭き取ることのほうが必要だと思っています。ただ、沐浴が良いスキンシップにもなりますので、子どもと目を合わせながら気持ち良さそうにする姿をたくさん眺めて愛情を伝えてくださいね。
    ちぃ先生 保育士
    赤ちゃんはとても敏感なのでベビーソープのみで洗っていました。沐浴の時意外にも夏場や、便でおしりがすごく汚れた時などはお湯で軽く洗い、清潔にするように心がけていました。
    赤ちゃんの肌に負担をかけないよう清潔な状態を保てるといいですよね。
    りお先生 保育士
    全身が洗えるベビー用ボディソープは、髪の毛も一緒に洗えます。
    赤ちゃんは髪の毛と言ってもほぼ地肌なので、シャンプーは必要ないかと思います。
    産院の沐浴でもわざわざシャンプー使ったりしないですよね。

    赤ちゃんの負担にならないように、丁寧にも大切ですが、パパッと手早く沐浴を済ませることも大切かと思います。

    頑張ってください!
    いちご先生 保育士
    某赤ちゃん用品が売っているお店にある、アトピーの子でも使える全身泡シャンプーがオススメですよ。ピンクと白の容器です。かなり低刺激で万が一目に入ってしまっても滲みないようなものです。私はお座りが出来るようになったらお風呂場へバンボを持っていき、座らせて洗っていました。楽でしたよ!
    SB
    @いちご先生さん
    沐浴は、基本お湯でしたが、私も全身シャンプーという名の商品を愛用していました! 泡タイプは、泡立てる必要がないので、赤ちゃんを支えながら片手でさっと使えるのがよかったです。
    あゆみ先生 保育士
    赤ちゃんの肌はとても敏感なので、最初の頃はお湯で汚れを落とし、使うとしても沐浴用のソープで十分かと思います。必要以上に洗い過ぎると、肌荒れしたり、必要な皮脂まで落としてしまうかもしれないので…。
    お肌の様子を見ながら優しく洗ってあげたいですね^^
    かんな先生 保育士
    入浴と沐浴の違いは同じ浴槽に一緒に入るかどうかだそうです。生まれて間もない赤ちゃんや低月齢のお子さんは細菌などに対抗する機能がまだ未熟なため個別に入る必要があるようです。新陳代謝が盛んなため汗が多くでやすいので夏は日に2回位入ることもあると思います。身体を洗うためのソープ類は体の油分を落とすぎるのを防ぐため日に一度使うほうが良いと思います。また、沐浴後はしっかりと保湿クリームなどを使いスキンケアをされてください。
    ぺち先生 保育士
    いろいろ種類があって迷ってしまいますが、ベビーソープのみで洗う予定で購入しました。
    赤ちゃんの負担にならないように、手際よく沐浴してあげたいです、
    りり先生 保育士
    市販のソープで大丈夫だと思います。洗い流さなくてもいいもので洗っていましたが、私はそれでもきれいなお湯で最後は流してあげていました。石鹸もいいですが、二人目だとゆっくりとも出来ないので泡で出てくるものが便利でした。
    ゆか先生 保育士
    片方の手で首の後ろを支え、もう片方の手で順番に洗っていきます。
    からだが浮くと不安になってしまう子はお腹の上にガーゼをのせてあげると落ち着きますよ。

    昔は耳をふさいでと言われていたみたいですが耳を塞ぐと離したときの勢いで水が耳の中に入ってしまう可能性があるため塞がない方がいいみたいです。
    すー先生 保育士
    ベビーソープで髪の毛も一緒に洗っていました。うちは髪の毛が少ない方だったので、半年ぐらいまでは頭もツルツルでシャンプーを使うほどでもないかな、という感じでした。もう少し大きくなり髪の毛の量も増えてきたら子ども用のシャンプーに切り替えようと思っています。
    とーち先生 保育士
    赤ちゃんの時は赤ちゃん用のボディソープで洗っていました。

    まだ小さいうちはシャンプーも必要ないと思います。


    産まれた時期や体質にもよりますが、1人目は脂漏性湿疹ができました。2人目は乾燥気味でお湯で洗ってくださいと、お医者さんの指示が出ました。

    同じ洗いかたをしましたが、子どもによって、変わると思います。
    とまと先生 保育士
    沐浴の頃も1歳を過ぎた現在も同じ全身泡シャンプーで頭も体も洗っています。
    うちの子はまだ髪が少ないので、しばらくはこのまま全身泡シャンプーを使用するつもりです。全身一気に洗えるので楽チンです!
    のんの先生 保育士
    新生児期は肌が弱く、とても敏感ですので、石鹸.シャンプーには気をつかっていました。
    産婦人科に「何のメーカーの石鹸で沐浴されていましたか?」と電話で問い合わせたこともあります。
    石鹸によっては、赤ちゃん用石鹸でありましても肌が荒れたりしますのでお肌に合わない場合は、変える必要があると思います
    せおみ先生 保育士
    我が子は髪の毛が薄い事もあり、シャンプーは2歳ごろからしかしていないと思います。ベビーソープで頭から身体全て洗っています。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧