【調査】パパの髭、剃ってほしいは●%!?髭を剃る実際の頻度やデザイン

【調査】パパの髭、剃ってほしいは●%!?髭を剃る実際の頻度やデザイン

注意点や清潔感を保つ方法

パパの髭をママや子どもはどう思っているのでしょうか。職業によっては、アゴ髭や口髭を生やしてデザイン髭にしているパパもいるでしょう。パパが髭を剃る頻度は毎日なのか、どのように手入れしているのかほかのパパの髭事情が気になるかもしれません。今回は、KIDSNA読者のアンケート結果をもとにご紹介します。

パパが髭を剃る頻度

パパが髭を剃る頻度はどれくらいなのでしょうか。KIDSNA読者のアンケート結果の回答を参考にご紹介します。

パパの髭剃り調査

毎日

アンケートの回答の半数以上が、毎日髭を剃っているようです。毎日剃らないと髭が伸びてきてしまう人もいるでしょう。朝に髭を剃ると髭が伸びていない状態で日中すごすことができるので、朝の身支度をするときに髭剃りをするパパもいるでしょう。

毎日剃るのが面倒な場合、脱毛を検討するパパもいるようです。髭脱毛の種類は、さまざまなものがあるようなのでよく調べてみるとよいかもしれませんね。

2~3日に1回

髭剃りをする男性
iStock.com/monzenmachi

アンケート結果によると、2~3日に1回髭を剃るパパは約20%いるという結果がでました。

髭が濃くないパパや、髭の生えるスピードが速くないパパは、2~3日に1回の頻度でよいかもしれません。髭を剃る間隔をあけると、肌への負担を抑えられそうですね。

1週間に1回

1週間に1回の頻度で髭を剃るパパもいるようです。髭を剃る必要のないときや髭があまり生えない人は、髭が気になるときに剃る程度でよいかもしれません。

職業によっては、身だしなみが自由で髭のおしゃれを楽しめるのでしょう。

身だしなみを整える必要があるときは、髭を剃るよう心がけるとよいですね。

パパの髭のスタイルは?

ほかのパパの髭スタイルが知りたい場合もあるでしょう。アンケートで回答の多かった結果をご紹介します。

パパの髭デザイン

ツルツル

実に67%のパパが、ツルツルにしているという結果となりました。

人と接する機会の多い仕事をしているパパは、身だしなみを整えるために髭なしスタイルにする人が多いかもしれません。

職業で髭に関する規定がない場合でも、髭が生えている状態が気になり、髭なしスタイルにしているパパもいるようです。

顎ヒゲ

顎ヒゲのスタイルにしているパパが、11%いるようです。

顎ヒゲのスタイルは、口元には髭を生やさずに顎のみに髭を生やすスタイルです。

顎の周りが強調され、力強い印象を与えたいときには良いかもしれません。

顎ヒゲ+口ヒゲ

顎と口の髭をどちらも生やして整える口髭スタイルにしている人は、12%となりました。

こちらのスタイルは、アゴ髭の密度や生やす範囲によってさまざまなスタイルができるようです。スタイルに迷う場合は、美容院で相談するなどして自分に似合う髭のスタイルをプロに聞いてみるのもよいでしょう。

ママや子どもはパパの髭をどう思ってる?

髭を生やした男性
iStock.com/Kiuikson

ママや子どもはパパの髭をどのように思っているのでしょうか。

パパの髭についてママと子供の感想

毎日剃って欲しい

60%のママや子どもが、パパに髭を剃ってほしいと思っているようです。

ただ髭が伸びてしまっている無精髭は、清潔感に欠けて見えるのかもしれません。髭を生やさない場合は、剃り忘れがないよう身だしなみの一部として朝の洗顔時に剃るなど毎日の習慣にするとよいでしょう。

髭を生やすときは、デザイン髭にするなど伸ばしっぱなしにせず、毎日髭の状態をチェックしてこまめに整えるとよい印象になりそうですね。

似合っている

18%のママや子どもが、パパの髭を似合っていると思っているようです。

ママや子どもに好評なのはうれしいですね。髭のおしゃれを自由に楽しめる場合は、デザイン髭のスタイルに変化をつけてもよいかもしれませんね。

パパが髭を生やすときのポイント

パパは髭を生やすときにどのようなことを意識しているのでしょうか。髭を生やすときのポイントや気をつけることをご紹介します。

長さを整える

髭の長さによって、雰囲気が変わるでしょう。2~3mmの短い髭は、若々しい印象になるようで初心者や若い年代でも挑戦しやすいかもしれません。

6mm程度の長めの髭は、大人の男性らしい印象になるようです。なりたい雰囲気に合わせて髭の長さを整えるとよいでしょう。

範囲を考える

同じ髭のスタイルでもなりたい雰囲気や顔のバランスによって、髭を生やす範囲は異なるでしょう。

アゴ髭の場合、アゴからこめかみにかけてのどのくらいの範囲で髭を生やすかで清潔感が変わってくるようです。頬まで髭が生えているとワイルドな印象になるかもしれませんね。

口髭の場合、髭の薄さやアゴ髭を生やすかどうかで大きく印象が異なるようです。髭が薄く、短めの場合は、生やす範囲を広げすぎない方がバランスがとりやすいかもしれません。いろいろな整え方を試してみると理想のスタイルに近づけそうですね。

こまめに手入れをする

髭を生やす、生やさない問わずこまめに手入れすることが大切かもしれません。髭を生やす場合は、髭を伸ばしっぱなしにするのではなく、清潔感のある印象になるよう長さや形を整えましょう。

職業によっては髭に関する規定がないかもしれませんが、ママや子どもはもちろん、接する人のことを気遣いながら髭のおしゃれを楽しめるとよいですね。

髭を伸ばすなら清潔感があるか意識してみよう

絵を書く親子
iStock.com/PamelaJoeMcFarlane

髭を毎日剃るパパは半数以上で、髭を生やしているかどうかは職業によっても異なってくるでしょう。

髭のスタイルは身だしなみの印象を左右させやすく、シーンに応じて、剃ったり、形を整えたりすることが大切かもしれません。

髭を生やすとき、長さや生やす範囲を考えて整え、こまめに手入れをしましょう。

髭のスタイルについて、ママや子どもに相談してみるのもよいかもしれませんね。身近な存在であるママや子どもに印象のよい髭にしてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
・対象:KIDSNA読者へアンケート調査を実施
・調査期間:2019年9月3日~2019年9月14日
・回答数:69人

2020年01月07日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧