洗濯機や重曹を使った簡単なぬいぐるみの洗い方。洗濯表示を確認して洗おう

洗濯機や重曹を使った簡単なぬいぐるみの洗い方。洗濯表示を確認して洗おう

ぬいぐるみの手洗い方法や洗うときのポイント

子どもが遊ぶぬいぐるみを洗って清潔に保ちたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。洗う前に洗濯表示を見てぬいぐるみの洗い方を確認しましょう。手洗いや洗濯機、重曹を使った簡単なぬいぐるみの洗い方や、ぬいぐるみを洗うときのポイントについてご紹介します。

ぬいぐるみを洗うときのポイント

ぬいぐるみを抱いて寝る男の子
DONOT6_STUDIO/Shutterstock.com
子どもが遊ぶぬいぐるみをきれいに洗いたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。ミルクやご飯がこぼれたり、子どもが舐めてぬいぐるみが汚れることもあるかもしれません。

ぬいぐるみをきれいに洗うためにはどのようにすればよいのでしょうか。ぬいぐるみを洗うときのポイントをご紹介します。

洗濯表示や素材を確認する

ぬいぐるみには、洗濯機で洗えるものとそうでないものがあるようです。ぬいぐるみを洗う前に洗濯表示を見て洗い方を確認しましょう。

ぬいぐるみのなかには、目や鼻、体のパーツが接着剤でつけられているものがあります。洗濯機で洗うと、パーツが外れてしまう場合があるため気をつけましょう。

子どもが遊ぶぬいぐるみには、なかに機械が入っていて音が鳴るようなしかけがあるものもあるでしょう。水洗いすると壊れる恐れがあるため、注意しましょう。

洗濯表示がついていないぬいぐるみもあるようです。洗い方がわからない場合は、メーカーに問い合わせて確認するとよいかもしれません。

色落ちしないか確認する

ぬいぐるみを洗う前に、色落ちしないか確認しましょう。中性洗剤をしみ込ませたスポンジやタオルを、ぬいぐるみの目立たない部分にこすりつけます。

スポンジやタオルにぬいぐるみの色がついた場合は色落ちする可能性があるため注意しましょう。

付属品を外す

ぬいぐるみについている服などの付属品をそのままの状態で洗うと、色落ちする場合があるようです。付属品を取り外してからぬいぐるみを洗うとよいでしょう。

ぬいぐるみ本体と付属品の素材が異なる場合は、ぬいぐるみ本体は洗濯機で洗って付属品はさっと手洗いするなど、素材に合わせて洗い方を変えるのもひとつの方法です。

陰干しする

日が当たる場所でぬいぐるみを干すと、変色して生地が痛む場合があるようです。洗ったあとのぬいぐるみは、風通しのよい日陰で干すとよいでしょう。

ぬいぐるみを洗濯ネットに入れて洗濯ばさみで挟んで干すと、形を崩さずに乾かせるようです。ぬいぐるみのなかに水気が残っているとカビが生えるかもしれないため、時間をかけてしっかり乾かしましょう。

ぬいぐるみの手洗い方法

ぬいぐるみを手洗いするときは、中性洗剤と洗い桶、タオルと洗濯ネットを用意しましょう。

ぬいぐるみの手洗いに赤ちゃん用の中性洗剤を使ったというママの声がありました。赤ちゃん用の中性洗剤で洗うと、子どもも安心してぬいぐるみで遊べるかもしれませんね。

洗い桶にお湯と中性洗剤を入れて、ぬいぐるみを押し洗いします。汚れがある部分は、中性洗剤をしみ込ませたスポンジやタオルでやさしくこすりましょう。

洗い桶のお湯を捨ててきれいなお湯を入れ、ぬいぐるみを再び押し洗いして洗剤をすすぎます。ぬいぐるみに洗剤が残らないように繰り返して洗いましょう。

タオルの上にぬいぐるみを置いて水気をふき取ります。ある程度ふき取れたら、別のタオルでぬいぐるみを包んで洗濯ネットに入れ、洗濯機に入れて数十秒脱水しましょう。

洗濯機を使ったぬいぐるみの洗い方

洗濯機
Evgeny Atamanenko/Shutterstock.com
洗濯機を使ったぬいぐるみの洗い方をご紹介します。

ぬいぐるみのサイズに合った洗濯ネットを用意しましょう。ぬいぐるみを洗濯機で洗うときは、おしゃれ着用や赤ちゃん用の中性洗剤と柔軟剤を使い、弱い水流の手洗いコースやドライコースなどで洗うとよいようです。

脱水前に洗濯機からぬいぐるみを取り出し、タオルでぬいぐるみを包んで再び洗濯ネットに入れて数十秒脱水します。タオルで包むと、ぬいぐるみの形を崩さずに脱水できるようです。

重曹を使ったぬいぐるみの洗い方

簡単にできる重曹を使ったぬいぐるみの洗い方をご紹介します。

ビニール袋のなかにぬいぐるみを入れて、重曹をふりかけてビニール袋をしっかりと結びます。ぬいぐるみに重曹が馴染むようにビニール袋を振りましょう。

ぬいぐるみと重曹を入れたビニール袋を、風通しがよい場所に数十分置きます。湿度が高い場所は重曹が固まってしまう場合があるため気をつけましょう。

ビニール袋からぬいぐるみを取り出し、新聞紙の上に置いてタオルなどを使って重曹をはたき落とします。

ぬいぐるみ全体に掃除機をかけて重曹を吸い取りましょう。水で濡らして絞ったタオルでぬいぐるみをやさしく拭いて完了です。

正しい洗い方でぬいぐるみをきれいにしよう

ぬいぐるみ
BK666/Shutterstock.com
洗濯機で洗えるか、手洗いをするべきかなど、ぬいぐるみの洗い方について迷うこともあるかもしれません。

ぬいぐるみの素材やデザインによって洗い方は異なるため、洗濯表示を確認しましょう。洗ったぬいぐるみは陰干しをしてしっかり乾かしましょう。

ぬいぐるみは重曹を使って簡単に洗うこともできるようです。ぬいぐるみを手洗いするときは手が荒れないようにゴム手袋をすると安心かもしれません。

正しい洗い方を確認して、子どもが遊ぶぬいぐるみをきれいに洗えるとよいですね。

2020年01月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧