幼児への誕生日プレゼントの選び方や渡し方のアイデア

幼児への誕生日プレゼントの選び方や渡し方のアイデア

ママたちが用意した誕生日プレゼント

幼児期の子どもへ誕生日プレゼントを選ぶとき、男の子や女の子には何を選んだらよいのか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、幼児への誕生日プレゼントの選び方と、ママたちが用意した誕生日プレゼントの他に、子どもが喜ぶような渡し方のアイデアについてご紹介します。

幼児の誕生日プレゼント用意するとき

幼児期の子どもの誕生日プレゼントを用意するとき、何を選ぼうか悩むママもいるのではないでしょうか。ママたちに幼児期の子どもへの誕生日プレゼントについて気になることを聞いてみると、誕生日プレゼントの選び方や渡し方について気になる方がいるようです。

そこで今回は、幼児期の子どもへ贈る誕生日プレゼントについて、ママたちの体験談をお伝えします。

幼児への誕生日プレゼントの選び方

プレゼントを開ける家族
szefei/Shutterstock.com

幼児期の子どもへの誕生日プレゼントを用意するとき、どのようなものを選んだらよいのか悩むかもしれません。プレゼントを選ぶときのポイントをママたちに聞いてみました。

予算を決める

4歳の男の子のママ
私はまずプレゼントの予算を決めてから選びます。うちは3人兄弟なので兄弟みんな平等になるように予算を決めることにしました。
決めた予算のなかでプレゼントを選ぶことにしているようです。ママのなかからは、予算以上の金額のものが欲しい場合は、クリスマスプレゼントとあわせてあげることにしているという声が聞かれました。

子どもの好みや興味を考える

5歳の女の子のママ
誕生日プレゼントは子どもの興味のあるものを用意しようと考えました。最近は、お化粧などおしゃれに興味をもっているようなので、女の子ならではのプレゼントを用意しようと考えています。
子どもが興味をもっていることを楽しめるようなプレゼントを考えているママもいるようです。幼児期の子どもは成長するにつれてさまざまなことに興味をもつかもしれないので、興味や関心を伸ばせるようなものをプレゼントに選ぶのもよいかもしれません。

子どもの年齢にあったものを用意する

3歳の男の子のママ
子どもの年齢にあっているかをポイントに誕生日プレゼントを選ぶようにしています。おもちゃを選ぶときは、表記されている対象年齢を確認したり子どもの様子を考えたりして子どもが楽しめるものを選びました。
誕生日プレゼントは子どもが楽しめるように、年齢にあったものを用意したいですね。ママのなかからは、今はできないが少しがんばればできる、一輪車を誕生日プレゼントに選んだという声も聞かれました。

ママたちが幼児に用意した誕生日プレゼント

幼児期の子どもにどのような誕生日プレゼントを用意しているのでしょう。ママたちが実際に幼児期の子どもにプレゼントしたものをご紹介します。

知育おもちゃ

4歳の女の子のママ
4歳の女の子なのですが、私のパソコンに興味があるようだったので幼児用のパソコン型おもちゃを誕生日プレゼントに選びました。ひらがなや数字などの勉強アプリがあり、遊びながら学べそうです。
遊びながら学べる知育おもちゃを子どもの興味などにあわせて選ぶのもよいかもしれません。ママのなかには、ブロックやパズルなどを子どもの誕生日に選んだという声もありました。

図鑑

5歳の男の子のママ
息子は虫を見つけると捕まえて「ママ、これなんていう虫?」と聞くので、子ども向けの虫図鑑をプレゼントしました。図鑑には自分の知らないことがたくさん書いてあるのが楽しいようで、毎日絵本代わりに図鑑を見て楽しんでいます。
自分の知らないことをたくさん知ることができる図鑑はワクワクするかもしれませんね。生き物や乗り物、体など図鑑にはさまざまな種類があるようなので、子どもの興味にあわせて選ぶことができそうです。

料理グッズ

6歳の女の子のママ
テレビでやっている子ども向けの料理番組を真剣に見ているので、誕生日プレゼントにエプロンを選びました。私が夕食の準備をすると「私もやる」と言って進んでお手伝いをしてくれます。
料理に興味をもっている女の子に料理グッズをプレゼントしたママもいるようです。ママのなかからは、幼児用の包丁や調理器具のセットをプレゼントに選んだという声も聞かれました。

プレゼントの渡し方アイデア

プレゼントをもらう子ども
Syda Productions/Shutterstock.com

子どもに誕生日プレゼントを渡すとき、子どもが喜んでくれるような渡し方をしたいと考えるママもいるようです。ママたちに聞いた誕生日プレゼントの渡し方アイデアをご紹介します。

ラッピングを工夫する

6歳の男の子のママ
息子への誕生日プレゼントは重ね箱に入れてからラッピングをして渡しました。息子は開けても開けても箱が出てきて「また箱だ!また箱だ!いつまで続くんだ?」と楽しんでいる様子でした。
重ね箱を使ったラッピングは、子どもがワクワクしそうな遊び心のあるラッピング方法かもしれません。ママのなかからは、子どもの好きな柄の包装紙を用意してラッピングしたという声も聞かれました。

メッセージカードを添える

2歳の男の子のママ
子どもが生まれたときから、写真つきの手作りカードを誕生日プレゼントといっしょに渡しています。まだ字が読めないのですが、大きくなって見返したときに思い出になるのではないかと思いました。
誕生日プレゼントにメッセージカードを添えるのも素敵なアイデアですね。ママのなかには、ママとパパそれぞれからの手紙を添えるという声もありました。

プレゼント探しゲームをする

5歳の女の子のママ
誕生日プレゼントを隠して、宝探しのように自分で探すという方法で子どもにプレゼントを渡しました。家中にあるヒントを頼りにプレゼントを見つけ出すのですが、楽しそうに探している子どもの姿を見ることができて私も嬉しかったです。
宝探しのようなゲームでプレゼントを渡すのも楽しめそうですね。ヒントには、探す場所を書いたり、クイズや暗号を書いたりとさまざまな方法があるようです。

子どもが喜びそうな誕生日プレゼントを選ぼう

プレゼント
Africa Studio/Shutterstock.com

幼児期の子どもへの誕生日プレゼントは、子どもの興味や年齢にあったものを選ぶとよさそうです。ママたちに幼児期の男の子や女の子へ用意したプレゼントを聞くと、知育おもちゃや図鑑などを選んだという声もありました。

渡し方も工夫して、子どもが喜んでくれるような誕生日プレゼントを用意できるとよいですね。

2019年12月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧