子どものいる家庭でペットを飼うのは何歳から?飼うときに気をつけたいこと

子どものいる家庭でペットを飼うのは何歳から?飼うときに気をつけたいこと

ペットを飼ってよかったこと

子どものいる家庭でペットを飼いたいときに、何歳から飼うべきかや飼うときの注意点が知りたいママやパパもいるかもしれません。ペットがいると子どもの笑顔が増えそうですよね。今回は、子どもとペットを飼うのは何歳からがよいと思うかや、飼ってよかったこと、気をつけたいことを体験談をまじえてご紹介します。

子どものいる家庭でペットを飼うには

子どもが成長し、育児がひと段落してくると、ペットを飼ってみたいと考えるママやパパもいるかもしれません。
 
ペットがいると、かわいさに癒されたり、家族の会話のきっかけになるなどして、家庭が明るくなりそうですよね。
 
しかし、子どもの年齢や、毎日のお世話、飼育代のことなどを考えると、なかなか飼育に踏み切れないこともあるでしょう。
 
ママたちは、ペットを飼う子どもの年齢や、飼うとよいことについてどのように考えているのでしょうか。また、飼う場合にはどのような点に気をつけるとよいのでしょうか。

子どものいる家庭でペットを飼うのは何歳から?

猫と犬
Gladskikh Tatiana/Shutterstock.com
子どものいる家庭でペットを飼うのは何歳からがよいと思うかママたちに聞いてみました。
30代ママ
4~5歳くらいからなら、子どもも簡単なペットのお世話ができると思います。
30代ママ
私が小学校1年生のときに犬を飼い始めたので、それくらいの年齢からならよいと思います。
30代ママ
今は私が育児で精一杯なので、子どもが自分でペットのお世話ができるようになるであろう小学生頃からがよいと思います。
30代ママ
1歳まではハイハイなどをして床に手をつくことが多いので、衛生面を考えて歩くようになってからであれば犬や猫を飼いやすいと思います。
ペットを飼うのは、子どもが自分でお世話ができるようになる年齢からがよいという声が複数ありました。
 
子どもが小さいうちは、子どものお世話にかかりきりで、ペットを飼う余裕がないと感じるママは多いようです。

子どものいる家庭でペットを飼ってよかったこと

子どものいる家庭でペットを飼ってよかったことについてママたちに聞いてみました。
30代ママ
飼っている犬がやさしくて子どもに何をされても怒りません。お互いによい遊び相手になっています。
20代ママ
娘が産まれる前から猫を3匹飼っています。1歳になる前から娘が『にゃーにゃ』ということばを覚え、猫が出てくる映像や猫モチーフのぬいぐるみに興味を示してとてもよろこぶので、猫を飼っていてよかったと思いました。
30代ママ
大泣きしていた子どもが、犬の散歩へお出かけする時間になると、すぐに笑顔になっていっしょに走り回っていて、とても助かったと思うことがありました。
30代ママ
犬に触れることで、人とはちがった感触やぬくもりに気づくことができよいと思います。
ペットがよい遊び相手になったり、子どもがぐずっていてもペットがいることで機嫌がよくなりやすかったという声がありました。
 
ペットを飼うことは、精神的な支えになったり、お世話をすることで責任感が身につくなど、子どもや親にとってもよい点が多そうですね。

子どものいる家庭でペットを飼うときに気をつけたいこと

子どものいる家庭でペットを飼うときに気をつけたいことをご紹介します。

ペットはものではないと教える

猫と犬
Chendongshan/Shutterstock.com
ペットはものではなく、生き物としての生活や寿命があり、犬や猫などには「こわい」「甘えたい」といった感情があることを子どもへ教えましょう。
 
ペットの食事を用意したり、お散歩に連れて行くなど、責任をもってお世話ができるのかについても、飼う前に家族の間で相談しておくとよいかもしれません。

飼育費用がかかることを教える

犬や猫などを購入するときの価格や餌代、治療費などは、高額になる場合が多いかもしれません。
 
節約のために、おもちゃやお菓子などを我慢しなければいけない場合があることも、必要に応じて子どもへ伝えておきましょう。

飼いやすいペットを選ぶ

犬や猫の飼育が禁止されているマンションに住んでいる場合や、ペット飼育初心者の場合は、ペットを飼いたくても飼えずに悩むこともあるでしょう。
 
匂いや大きな音を出さない種類のペットで、壁や床を汚さない飼育方法であれば、管理人さんに許可されることもあるかもしれません。
 
飼育ケースで飼える金魚やカメ、クワガタなどの昆虫などから検討してみると、飼いやすい場合もあるでしょう。

衛生面に気をつける

ペットを飼うことで、人によってはかゆみや鼻水が出やすくなることもあるようです。
 
部屋の掃除や衣服の洗濯、ペットの毛につくダニの手入れをこまめにしたり、空気清浄器を使うなどの対策をすると和らぐこともあるかもしれません。子どもがペットといっしょに快適にすごせるよう、衛生面には気をつけるとよいでしょう。

ペットを飼うときは家族の一員として迎えよう

子犬と男の子
ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com
今回は、体験談をまじえながら、ペットを飼うのは何歳からがよいと思うかや、飼ってよかったこと、飼うときに気をつけたいことをご紹介しました。
 
ペットを飼うことでたくさん得られるものがありそうですが、飼うときは相応の覚悟がいるかもしれません。
 
ペットはおもちゃではなく、ひとつの命であることを大人から子どもへきちんと伝え、最後まで責任をもって飼うことを、家族みんなで守る必要があるでしょう。
 
ペットを飼うときは、大切な家族の一員として迎え、子どもがペットから何かを学んだり、いっしょに成長していけるとよいですね。

2019年12月19日

専門家のコメント
20
    やし先生 保育士
    我が家では息子のお友達になればと犬を飼ってみましたが、意外と息子はあまり遊ばず、むしろ子どもが1人増えた感じで手ばかりかかり、欲しがっていたお友達に譲ることになってしまいました。。
    まずは子どもが動物にどのくらい興味があるか、どんな動物が良いのか、など、しっかり観察してからがよかったなと反省しています。

    生き物を飼っているお友達のところにお邪魔してみるとか、ふれあい動物園などでどんな反応があるかなどみてから考えるといいかもしれませんね。
    のの先生 保育士
    小さな時から小動物を飼うのはいいと思います。うちでは、猫の方が先輩です。

    今のところ子どもに手を出すことなく、優しく見守ってくれ、たまに頭を毛繕いしてくれています😅

    言葉を話すことが出来ない動物の気持ちを考え、優しく接することが出来る子になって欲しいですね。
    すみっこ先生 保育士
    里帰りをした実家で犬を飼っているので、しばらくは犬との生活でした。
    動物ってすごいなぁと驚くことの連続でした。小さな赤ちゃんには絶対に悪いことはしません。色々分かっているんだと思います。
    見守っているような感じで癒されました☺️💕
    ゆきんこ先生 保育士
    自分の場合ですが、2歳くらいのときに子供を犬を飼っている友達の家によく連れて行きましたがとても可愛がっていました。それもあっていつか犬を飼えたらなと思っていたのですが、3.4歳でそのお家に行くと体に蕁麻疹が出るようになりました。犬アレルギーだったようです。アレルギーもいつ現れるか分からないので将来ペットを手放すことにならないように少し大きくなってからの方が良いかと思います。
    わか先生 保育士
    ポメラニアンを飼っています。子どもの予測不能な動きに犬の方が怖がって、ほとんど近寄らないです。
    そして、犬のアレルギーも出てしまったのでこまめな掃除は必須です!いいこともありますが、大変なことも多いので気軽な気持ちで飼わず、しっかりと考えることが大切です!
    りお先生 保育士
    あまり小さい頃から飼うと、アレルギーが出る場合があると聞きます。
    アレルギー反応の落ち着く頃からにした方がいいのかなと思います。
    アレルギーには個人差があるので、何歳からと明確には言えませんが、、
    ペットアレルギー、辛いですもんね💦
    みき先生 保育士
    小さい時から一緒に過ごすペットという存在がいるのはとても素敵で心を豊かにすると思います。
    乳児の時からだとアレルギーなどのリスクもあるため、いつからがいいか考えるのなら、お母さんの負担なども考え子供のトイレが自立したころ以降にするはどうでしょうか。、
    ペットの散歩にベビーカー、オムツ替えにペットシーツ替え、、結構大変かも。3〜4才だと一緒散歩もできるしオムツ替えの機会も少ないかと思うので、お母さんの負担目線で考えるとトイレ自立後というのも選択の一つだと思います♫
    りり先生 保育士
    アレルギーがあるとかわいそうなので、大きくなってからでも遅くないと思います。ペットの世話って意外とあるので子どもの世話と重なると大変そうなのが本音です。あいにく私の子どもは犬も猫もアレルギー。一緒に寝たり長い間過ごすと喘息になると言われています。両実家ともにペットを飼っているので帰るときは気をつけています。でも子どもたちは犬も猫も大好きなので少しかわいそうです。
    ちぃ先生 保育士
    実家に犬がいる為、里帰りした際はよく一緒に過ごしています。犬も最初は予測不能な動きに戸惑っていましたが、今では犬の方から息子によって行きおもちゃの取り合いっこをしたりと仲良しです。動物と触れ合うことで心も豊かになるので良いなと思います。
    犬がトイレでちゃんと用を足している姿を見て息子もトイレで頑張ることもありました。
    める先生 保育士
    保育園に来ている子のお家でも、小さなお子さんの家に犬や猫などの動物を飼っているというご家庭よく耳にします。小さな子がいるご家庭はアレルギーなど心配なこともあるかもしれませんが、『飼っているネコにいつもいたずらをするのですが、おもちゃを貸してあげていました!(1歳児)』などの声も聞くので、優しい心が育つ一つの要因になっているのかもしれないですね^^
    すみっこ先生 保育士
    追記……  実家でずっと犬を飼っていたこともあり、将来は犬を迎え入れたい♪と思っていました。しかし次女が3.4歳の頃、帰省中に蕁麻疹が出て病院で検査をしたところまさかの犬アレルギー。 滞在中ずっとではなくて2日目頃からは痒みも出なくなりますが、自宅で飼うことはもう考えていません。本人も犬が大好きなので残念そうです😵アレルギーが出るのが犬を迎え入れた後でなくて良かったです。
    でぶいも先生 保育士
    子どもが動物が大好きで、実家の猫と遊ぶのをとても喜んでいたので、家にも動物が居たらなぁと思っていましたが、先日子どもに猫やダニのアレルギーがあることが判明。生き物との触れ合いは沢山経験させたいので、今とても考えています。
    ゆか先生 保育士
    実家には猫がいたので里帰り出産で帰省したときは退院したときから一緒に生活していました😸特に何も子どもに変化は見られませんでした!今はウサギを飼っています。下の子が小学生に上がったときに飼い始めました。
    なこ先生 保育士
    友人宅は新生児から猫を飼っています。特に問題なく過ごせていますが心配であれば専門家に聞いてみたら良いと思いますよ。
    しまこ先生 保育士
    子供が産まれる前から犬を飼っていました。室内犬で家の中を自由に歩き回っていましたが、特に赤ちゃんとトラブルになることもなく、兄弟のように育っています。産まれたときは犬の半分しかなかった体重もあっという間に追い越し、今では犬のリードを持って散歩させる姿は感慨深いです。
    なごみ先生 保育士
    動物アレルギーが大丈夫かどうか分かってからがいいと思います。
    飼ってからアレルギーが分かった時がペットも子どももかわいそうなので。
    それでもなにか生き物を息子は飼いたがったのですが、昆虫、金魚などでも満足してくれました。
    ぽんた先生 保育士
    ペット、かわいいですよねー。うちも娘がほしがっています。。。が、義父母と同居しているし、わたしも世話をしきれる自信がないので、がまんしてもらっていますが、、、。環境が許すなら飼うことでこどもに良い影響があると思います。私も実家では飼っていましたが、お世話はほぼ母親がやっていましたので飼うならママに覚悟が必要です。。。子どもが生まれる前から飼っているおうちもあるので、とくに何歳と難しく考えることはないとは思いますが、ペットをちゃんとお世話する時間、お金があることが大切かなと思いますよ(^_^)ノ
    ゆり先生 保育士
    私がこどもの頃は、犬猫魚ハムスター亀などあらゆるものを飼わせてもらってましたが、いざ自分が家庭をもって子どもが犬を飼いたい!と言っても、旅行に行くときはどうするのか?本当に責任もって子どもがお世話できるのかと考えてしまい、我が子は何も飼ったことがないので、小さなものを思いやる気持ちとかあるのかなーと少し心配にはなります。命を育てる重みをもっとはやく教えてやるべきだったかなぁといまだに答えは見つからずです
    いちぽ先生 保育士
    すでにペットを飼っているところに赤ちゃんを迎える時もあると思います。
    清潔にして赤ちゃんが小さいうちはスペースを分けるようにすると安心かなと思います。
    せおみ先生 保育士
    我が家では子どもが産まれる前から犬を飼っていました。長女が年少の夏に天国へ行ってしまいましたが、小さい頃から一緒に成長して、天国へ行く前犬の介護で結構大変でしたが色々と手伝ってくれたり、心配してくれていました。今でも思い出話をする程長女の心に残っているみたいです。子育てしながらペットを飼う事は大変ですが、一緒に育つ事はとても良いな。とおもいます。
おすすめユーザーのコメント
1
    naa
    ペット飼いたいです!

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧