新生児から使えるベビーカー兼用のチャイルドシート。選ぶポイントについて

新生児から使えるベビーカー兼用のチャイルドシート。選ぶポイントについて

使うシーンをイメージしながら選ぼう

赤ちゃんが使うベビーカーやチャイルドシートを用意するときに、ベビーカー兼用のチャイルドシートの使いやすさが気になるママやパパもいるかもしれません。ベビーカー兼用のチャイルドシートはどのように使うのでしょうか。選ぶポイントについてご紹介します。

ベビーカー兼用のチャイルドシートとは

チャイルドシートに座る赤ちゃん
Suti Stock Photo/Shutterstock.com
ベビーカー兼用のチャイルドシートは、ベビーカーに取りつけることができるチャイルドシートです。

車で移動しているときに赤ちゃんが眠ることもありますよね。

寝てしまった赤ちゃんを車から連れて降りるときに抱っこをしているというママやパパは多いのではないでしょうか。

寝ている赤ちゃんを抱っこして車から降りるときに、赤ちゃんが起きてぐずってしまうということもあるかもしれません。

ベビーカー兼用のチャイルドシートは赤ちゃんをシートに寝かせたまま座席から取り外して移動したり、ベビーカーからシートを外して車の座席に取りつけることができるため、移動をスムーズに行うことができるようです。

夏場の暑い日にチャイルドシートを車内に置いておくと、チャイルドシートの表面が熱くなってしまうということもあるでしょう。

ベビーカー兼用のチャイルドシートには専用のアダプターがついていて、車の座席からの取り外しが手軽にできるものもあるため、快適に使うことができるかもしれません。

家のなかや外出先など、ベビーカー兼用のチャイルドシートはさまざまな場面で使うことができるようです。

ベビーカー兼用のチャイルドシートの使用期間

ベビーカー兼用のチャイルドシートはいつからいつまで使うことができるのか、使用期間について気になるママやパパもいるのではないでしょうか。長い期間使えるものを選びたいと考えることもあるでしょう。

新生児から生後12カ月まで使えるものや、新生児から1歳半頃まで使えるものなど、メーカーによって対象年齢が異なります。対象年齢と共に使用できる赤ちゃんの体重が明記されている場合もあります。

ベビーカー兼用のチャイルドシートは新生児から使えるものが多いようですが、使用期間が気になる場合はレンタルをするというのもひとつの方法です。

ベビーカー兼用のチャイルドシートを選ぶポイント

ベビーカーを選ぶ女性
Extarz/Shutterstock.com
ベビーカー兼用のチャイルドシートを用意するとき、どのようなことを意識しながら選ぶとよいのでしょうか。

安全基準を確認しながら選ぶ

ベビーカー兼用のチャイルドシートを購入するときは、まずはじめに安全に使用できるかどうかを確認しましょう。

安全基準を満たしているベビーカー兼用のチャイルドシートにはEマークと呼ばれる安全基準マークがついています。

海外メーカーのベビーカー兼用のチャイルドシートを選ぶこともあるでしょう。欧州の安全基準マークもあるため、購入する前に確認しましょう。
出典:チャイルドシート安全基準マーク/国土交通省

適合車種を確認しながら選ぶ

ベビーカー兼用のチャイルドシートは全ての車に取りつけられるわけではないようです。

家の車に取りつけられるかどうか確認しましょう。メーカーから出されている適合表などを参考にするとよいようです。

軽いものを選ぶ

ベビーカー兼用のチャイルドシートを持ち運ぶ選ぶ場合、軽さはどうなのか気になる人もいるでしょう。

メーカーによって軽さやサイズは異なるようです。お店に行って実際の重さを確かめるのもひとつの方法でしょう。

扱いやすいものを選ぶ

ベビーカー兼用のチャイルドシートの使い方は製品によって異なるため、購入する前に確認しておきましょう。

ベビーカーや車の座席に専用のアダプターを取りつけて、チャイルドシートをワンタッチで装着できるものもあるようです。

車やベビーカーへの取りつけ方を確認しながら、ママとパパが扱いやすいベビーカー兼用のチャイルドシートを選ぶのもよいでしょう。

多機能タイプのものを選ぶ

ベビーカーやチャイルドシートの他にも、バウンサーやベビーキャリーとして使えるものなど、商品によってさまざまな機能があります。

ベビーカー兼用のチャイルドシートのなかには、ジュニアシートとして使えるものもあるようです。

使うシーンをイメージしながら、欲しい機能を考えてみましょう。多機能タイプのベビーカー兼用のチャイルドシートを選ぶのもひとつの方法です。

使いやすいベビーカー兼用のチャイルドシートを選ぼう

チャイルドシートに座る赤ちゃん
Odua Images/Shutterstock.com
赤ちゃんが使うベビーカーやチャイルドシートを選ぶとき、ベビーカー兼用のチャイルドシートを購入しようか迷うママやパパもいるかもしれません。

ベビーカー兼用のチャイルドシートはさまざまな場面で使うことができるでしょう。

新生児から1歳半頃まで使えるものや12カ月まで使えるものなど、使用期間はメーカーによって違いがあるため、使用したい期間をイメージしながら選びましょう。レンタルをするのもひとつの方法です。

ママやパパが扱いやすいものを選びながら、赤ちゃんが快適にすごせるベビーカー兼用のチャイルドシートを用意できるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年12月3日の記事作成時点のものです。

2019年12月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧