ベビーカーに靴を収納したいとき。靴かけや靴ホルダーが便利

ベビーカーに靴を収納したいとき。靴かけや靴ホルダーが便利

お出かけ先で靴をなくさないための工夫

ベビーカーに子どもの靴を収納して、お出かけのときに子どもの靴をなくさないようにしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、クリップタイプの靴かけやバッグなど子どもの靴の収納グッズと、ベビーカーに靴を収納するときにママたちが意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。

ベビーカーに靴を収納したいとき

ベビーカーでお出かけするときに、ベビーカーに子どもの靴を収納したいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちの声を聞いてみました。

30代ママ
息子は公園ですぐ裸足になってしまいます。遊び疲れて裸足のままベビーカーに乗せることが多いので、靴を何度もなくしたことがあります。ベビーカーに子どもの靴を簡単に収納でる方法があれば知りたいです。
20代ママ
ベビーカーで電車移動しているうちに子どもが眠ってしまい、いつの間にか靴が片方脱げていたことがあります。他の人の服に子どもの靴が直接あたってしまうことも気になっています。
公園や電車のお出かけで、子どもの靴をなくしてしまったことがあるというママの声が聞かれました。子どもの靴をベビーカーに収納できたら便利そうですが、どのような収納方法があるのでしょうか。

ベビーカーに靴を収納するグッズの種類

紐に吊るされたベビーシューズ
Africa Studio/Shutterstock.com

ベビーカーに靴を収納するためにどのようなグッズを使っていたか、ママたちに聞いてみました。

クリップタイプ

30代ママ
クリップで靴の履き口を挟むタイプの収納グッズを使っています。ベビーカーにつなぐ部分はプラスチックのベルトになっているので、いつもぶら下げたままにして、すぐに使えるようになっています。
クリップで子どもの靴を挟んで、ベビーカーに吊るすタイプのグッズを使って収納しているママがいました。ケータイストラップに洗濯バサミを通してクリップタイプの靴かけを手作りしたというママの声もありました。

ゴムバンドタイプ

20代ママ
太めのゴムバンドで靴をまとめて、ベビーカーに吊るすようにしています。靴が多少汚れていても靴の裏をあわせてとめれば気になりません。
ゴムバンドで靴をまとめているママもいるようです。ベビーカーなどにつなぐ部分にバックルがついたタイプのものをベビーカーにつけたり、抱っこひもにつけたりして靴を収納しているというママの声もありました。

バッグタイプ

30代ママ
ベビーカーのサイドに面テープで取りつけられるバッグを使って、子どもの靴を収納しています。メッシュ素材なので、砂場用のおもちゃも入れられて便利です。
20代ママ
ベビーカーのハンドル部分に取りつける収納バッグに子どもの靴を入れています。ビニール素材の巾着袋で泥汚れも気にならないので、靴専用にしています。

ベビーカーに取りつけられるバッグタイプの収納グッズに、子どもの靴を入れてなくさないように管理しているママがいました。バッグタイプは大きさによって靴以外にも上着や帽子などのも収納できそうです。

ベビーカーに靴を収納するときに意識したこと

ベビーカーに乗る赤ちゃんと夫婦
kazoka/Shutterstock.com

ベビーカーに子どもの靴を収納するとき、ママたちはどのようなことを意識しているのでしょうか。

脱いだらすぐに収納する

40代ママ
ベビーカーでお出かけした先で子どもが靴を脱いでしまったときは、すぐにしまうようにしています。収納場所も決めてあるので、靴がなくなることがなくてよいと思います。

子どもが靴を脱いだらすぐに収納することを意識しているママがいました。公園などで移動するときは、靴を収納するためのクリップをベビーカーからリュックにつけ替えて、子どもが靴を脱いだらベビーカーに戻ることなくしまうようにしているというママの声もありました。

2つの靴が離れないように工夫する

20代ママ
子どもの靴を片方だけなくすことが続いたので、靴を収納するときに靴紐や面テープを左右の靴が一体になるようにとめてからしまうようにしています。

ベビーカーに子どもの靴を収納するとき、左右の靴をまとめておいた方が取り出しやすいかもしれません。ベビーカーのサイドバッグに子どもの靴以外の荷物も入れるため、中でバラバラにならないようゴムバンドでまとめるというママの声もありました。

ビニール袋も用意しておく

30代ママ
ベビーカーの靴かけに靴をかけています。電車移動などで人にぶつかっても汚してしまわないように、ビニール袋を持ち歩いておいて泥遊びや水遊びの後の靴をくるむようにしています。

30代ママ
ベビーカーに取りつけるタイプの収納バッグに靴もしまっているので、靴を入れるときに他の荷物が汚れないようにビニール袋を持ち歩いています。

汚れた靴をベビーカーに収納することを考えて、ビニール袋を用意しておくママがいました。ビニール袋に靴を入れ、そのままベビーカーに結んで収納しているというママの声もありました。

ベビーカーのお出かけで靴をなくさないアイデア

外出時に子どもの靴をなくしてしまったことのあるママもいるかもしれません。ベビーカーでのお出かけで、子どもの靴をなくさないためのアイデアをママたちに聞いてみました。

フットカバーを使う

20代ママ
電車やバスを使って移動する際、息子が足をバタバタさせて靴を落としてしまうことが何度かありました。フットカバーをつけたところ、靴が脱げてもカバーの中に入っているのでなくさなくなりました。

足元を覆えるよう、ベビーカーにフットカバーを取りつけているママがいました。フットカバーをしていると、電車の中で子どもが足をばたつかせても、人の服を汚す心配が少ないので助かっているという声もありました。

ベビーカーに乗るときは靴をはかない

40代ママ
ベビーカーに乗るときは、靴を脱がせるようにしています。脱いだりはいたりする手間がありますが、習慣にしてしまうと靴もなくさないし、子どもが足をバタバタさせてもあまり気にならなくて気が楽になりました。

子どもの靴をなくさないために、ベビーカーに乗るときは靴をはかない工夫をしているママがいました。泥遊びで靴が汚れても、靴ははかずにベビーカーに乗せるのでベビーカーが汚れなくなったというママの声もありました。

ベビーカーに靴を収納してなくさない工夫を

靴をみる子供
HappyChildren/Shutterstock.com
ベビーカーでお出かけするときに子どもの靴を、クリップタイプやゴムバンドタイプの靴かけを使ったり、サイドバッグや巾着袋を使ったりしてベビーカーに収納しているママがいました。収納グッズ以外にも、フットカバーを利用することで子どもの靴をなくさない工夫ができそうです。子どもの靴を上手に収納して、ベビーカーでのお出かけがもっと楽しくなるとよいですね。

2019年12月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧