子育てが特に大変な時期はいつ?大変なことや乗り越え方

子育てが特に大変な時期はいつ?大変なことや乗り越え方

子どもといっしょに成長を楽しもう

子育てが大変だと感じたり、今が特に大変な時期と感じたりするママやパパもいるでしょう。大変な時期はいつまで続くのかと思うことがあるかもしれません。今回は、子育てで大変なこと、子育てが特に大変な時期、子育てで大変なことの乗り越え方などをママたちの体験談を交えてご紹介します。

子育てが特に大変な時期はいつ?

子育てが大変だと感じるとき、この大変な時期はいつまで続くのかと思うママもいるでしょう。子育てが特に大変な時期だと感じるのはいつなのかをママたちに聞きました。

20代ママ
娘が生後3カ月の頃が大変な時期でした。首が座って安心したものの、まだまだ小さくて何をするのにも気をつかいました。まだおすわりができない時期だったので、座ってひとり遊びすることもできず、泣き始めると身支度や家事が進まなくとにかく大変でした。
30代ママ
3歳になり言葉が上手になってきた今が一番大変な時期かもしれません。会話をわかっているのか、わかっていないのかがわかりづらいです。また、わかっていて反応がないのかなど判断に困ります。

成長して赤ちゃんのときより手がかかりにくくなっても、子どもの年齢によって大変なことがでてくることもあるでしょう。子育てで特に大変な時期だと感じる時期は人それぞれのようです。

子育てで大変なこと

子育てで大変なことはどのようなことがあるのでしょうか。

睡眠不足

間接照明とベッド
iStock.com/littleny
20代ママ
自分が睡眠不足や体調不良のときです。夜間もひとりで見るため、夜泣きへの対応やお風呂に入れることが大変だと感じます。

睡眠不足のときは、体調が優れないこともあるでしょう。体調が優れないときに子どものお世話などをすると、子育てが大変だと感じることがあるようです。夜泣きへの対応や授乳などでまとまった睡眠時間がとれないときは、子どもが寝ているときに自分も寝るようにするとよいのかもしれません。

家事や仕事との両立

30代ママ
子どもを寝かしつけるときにいっしょに寝落ちてしまうことが多く、仕事や趣味などの自分の時間が持ちにくくなったことが大変です。

家事や仕事などの時間がとれないとき、子育てが大変だと感じることがあるようです。子育てしながら、他のことをする時間を作るのは難しく感じるという声もありました。子どもの様子といっしょに、自分の体力や予定なども大切にして生活するように心がけるとよいでしょう。

離乳食

20代ママ
離乳食が進むにつれて大変だと感じることが多かったです。離乳食の回数が増え、外出するときのタイミングや外出先で離乳食をあげられる場所を考えるのに悩みました。

離乳食の調理や外出するときの準備などを大変だと感じるという声がありました。子どもの成長に応じて、離乳食での気をつけるポイントが変わってくるので離乳食を与える期間気を遣っているママがいるようです。

授乳

授乳
iStock.com/szeyuen
30代ママ
母乳育児が安定する前の生後3カ月頃が大変な時期でした。母乳だけでは足りず、哺乳瓶を嫌がりずっと泣いていてパパが帰宅するまで待っている時間が長く感じていました。

授乳の回数が多かったり、夜間の授乳に対応したりと大変に感じることが多いようです。また、外出時の授乳の準備や授乳時のトラブルなどを負担に感じることもあるでしょう。体調を考慮しながら、少しでも負担がかかりにくい授乳の方法を見つけられるとよいですね。

イヤイヤ期

20代ママ
子どもが1歳8カ月頃から2歳頃のとき、子どものイヤイヤ期がピークのようで大変な時期だと思いました。食事、着替え、買い物、お風呂などの場面で子どもが泣くと、行動ひとつひとつに時間がかかっていました。

子どもによってイヤイヤ期の有無や時期は異なるでしょう。イヤイヤ期の時期の子どもと接するときに大変だと感じることがあるようです。子どもの成長を見守りながら、温かい気持ちで日常生活を送るようにするとよいのかもしれません。

子育てで大変なことの乗り越え方

ママやパパたちは子育てで大変なことをどのように乗り越えているのでしょうか。

30代ママ
仕事や家事など子どものお世話をしながらできないことは、早朝に起きてやるようにしています。
20代ママ
『とにかく頑張ろう』」と意識するようにしています。頑張っていても大変なことはあり、息抜きの時間が全くないのは娘にとってもよくないのかもしれないと感じたので、ベビーシッターサービスを利用しています。
30代ママ
パパと家事を協力し合ったり、昼寝や外出でリフレッシュしたりして乗り越えてきたと思います。
30代ママ
休日はパパと交代で子どもといっしょに過ごし、それぞれ自分の好きなことをして過ごす日を設けています。

子育てで大変なことがあるとき、ベビーシッターサービスを利用したり、パパと協力し合ったりすることで自分の時間を持ち、心身のリフレッシュに繋がるのかもしれません。また、早起きすることや子育てに対する前向きな考え方など、さまざまな工夫をしているというママの声がありました。

子どもや自分の体調や気持ち、家族の状況に合わせて乗り越え方が見つかるとよいですね。

子育ては大変なことばかりじゃない!子どもといっしょに成長しよう

散歩する親子
iStock.com/Yagi-Studio

子育てで大変なことがあるときや、子育てが特に大変な時期のママやパパたちは、子どもや自分のことを大切にしながらさまざまな工夫を凝らして乗り越えているようです。

子育ては大変なことばかりではなく、子どもとのかけがえのない絆や思い出を作る素晴らしいものなのではないでしょうか。ママやパパたちも子どもといっしょに一歩ずつ成長していけたらうれしいですね。

2019年11月07日

専門家のコメント
12
    かか先生 保育士
    いつだってどんな時だって子育ては大変。 特に大変な時期は選べません。 その月齢、年齢によって楽なことも大変な事も色々あります。 ただ、そこで、子育てに孤独を感じた時が辛いと思います。 助けてくれる人がいない。気持ちを理解してくれる人がいない。 孤独だ…と思うと楽しい事も楽しめなくなる自分がいました。 共働きの我が家。私がフルタイムだった時、子どもが体調を崩しても、休みや病院や色々調整しなければならないのは私。 やはりそこで、なぜ私だけ?2人の子供なのに…パートだからって簡単に休めるわけじゃないのに…そう思った時、すごく孤独を感じました。 その孤独が解消出来たのは、友だちとお酒を飲んで色んな話をする事。 そしてお一人様時間をもらう事です。 話を聞いてくれる、応援してくれる友だちがいてくれた事。そしてお一人様でライブや映画やカフェなど、普段なかなか出来ない事をする事でリフレッシュしたり、非現実の日常を楽しむ事でした。
    かよう先生 保育士
    産まれたばかりの頃は寝不足続いて大変だったや、2歳頃になるとイヤイヤ期が大変だったなどとよく聞きます。 時期によって大変だと思うことは変わってくると思いますが、パパとも協力しながら成長できると良いですね。
    しまこ先生 保育士
    「子どもが生まれたらその後一生悩みや心配事が途絶えることはない」と先輩ママに言われたことがあります。 まったくその通りだと思います。 思春期まっさかりの子どものママ達に言わせると「今に比べれば産後や二歳のイヤイヤ期なんて鼻で笑っちゃう」ほどだそうですよ。
    わい先生 保育士
    どんなときでも大変です! でも、大変な分、喜びや楽しさも味わえます。
    かいまな先生 保育士
    子育ては本当に大変ですよね。 特に1人目のお子さんで、何もかもが初めてで分からない事も多いと思います。 でも、子どもは泣くのが仕事! そして、子どもはあっという間に大きくなります。 小さいうちから子どもと過ごす時間を大切にして、子どものことで悩むことも幸せだと感じられるようになるといいですね! 子育ては親育てだと思い、一緒に子育て楽しみましょうね!
    いちぽ先生 保育士
    赤ちゃんが産まれたばかりの時期は慣れない子育てや頻回な授乳で寝不足、動くようになれば目が離せなくて大変毎回の離乳食作りも大変、2歳になればイヤイヤ期で大変と、そのときどきによって何かが少し楽になったと思っても新しく大変さが出てきて、と子育ては常に大変かなとは思います。旦那さんと協力したり、なんでも完璧にやろうとせず、ちょうどいい加減でやるのがいいのかもしれませんね。
    ひよこ先生 保育士
    みなさん書かれていますが、私もずっと大変だと思います。なので、ユーモアが大事かと☺︎ 来客があると全然泣かないのに、帰ったらグズったり大泣きする「外面ライダー」 イヤイヤ期にぴったりな「やだやだツイスト」 正面から向き合いすぎるのも疲れるので、クスッと笑えると親子共々リラックスできるかも♪ 30歳過ぎて一人暮らしをしている私でも、母からすると「まだ嫁に行っていなくて大変」らしいですから笑
    白玉善哉先生 保育士
    様々な保護者の話を聞いたり、先輩方の話を聞いているといつの時代も子育ては大変だなぁという印象を持ちます。 大変なことや困りごとなどを私たち保育士に話していただくのも手だと思います。 一緒に考えたり何かヒントになることをお伝えすることができるかもしれないです!
    でぶいも先生 保育士
    いつでも大変です。いつでも子どもの事でいっぱい!だけど、いつか少しずつ手が離れて楽になっていく時が来て、絶対に寂しくなるので、今の大変な時間を味わって幸せにかえています!!
    ふじ先生 保育士
    大変ですよね 子育てはいつでも、どの年齢でも大変 けどいつかは最後の日がやってくる わがまま言って床で大暴れするのも 食べないと言って大泣きするのも 歩きたくないと言って座り込むのも 大嫌いと言ってバンバン叩くのも すべて最後の日がやってきます☺︎ どんだけ望んでも帰ってこない日々に胸が締め付けられる日がいつか来るから毎日(大変だけど)子育てを楽しみましょう🤩
    ちび先生 保育士
    子ども一人ひとりの個性もあるため、この時期だけ大変!と決めるのは難しいです。 区切りとして挙げれば、魔の2歳児とも言われるイヤイヤ期や自分の思いや考えを言葉で伝えられるようになる4歳児かなと思います。 困っている事や悩んでいることは保育士に相談して下さい! 一緒に悩んでアドバイスをくれたり、お子さんの成長を一緒に喜んでくれるはずです!
    ちー先生 保育士
    大変なことも、楽しいことも、子どもの成長とともに変わってきます。 どんな時期でも、今の気持ちを気軽に話せる人を見つけて(もちろん旦那さんでも、保育園の先生でも、友だちでもだれでもいいんです) 1人で頑張りすぎないこと。これが一番大切です。 ママはいつだって頑張りすぎなほど頑張っているのです。 時にはふぅーーっと深呼吸。 ママの笑顔が子供を笑顔にします。 ママがどうしたら1番笑っていられるか。自分を大切にしてくださいね。
おすすめユーザーのコメント
1
    MARU
    大変なこともあるのが子育てだと思っているので、これからも大変なことがあると思います(^-^) 数年後、大変な思いをしたことさえ幸せだったな〜と感じたいです!

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧