3月や4月の引っ越しに向けて。引っ越し準備や家族の動きは?

3月や4月の引っ越しに向けて。引っ越し準備や家族の動きは?

早めに把握しておきたいことや準備のコツ

3月、4月は進学や就職に合わせて引っ越しが集中しやすい時期でしょう。3月と4月の引っ越しを検討しているママやパパもいるかもしれません。3月と4月の引っ越しは、どのような傾向があるのでしょうか。今回は、3月と4月の引っ越しの傾向、引っ越しの準備、引っ越し当日の動きで工夫したことなどをママたちの体験談を交えてご紹介します。

3月と4月の引っ越しって?

3月と4月の引っ越しを検討しているママやパパもいるでしょう。3月と4月の引っ越しは、どのような傾向があるのでしょうか。

料金が高い

3月と4月の引っ越しは、他の時期の引っ越しに比べると料金が高い場合があります。家族の進学や就職に合わせて引っ越しが集中する繁忙期の3月と4月は、引っ越し業者への需要が高いため、料金が高くなる傾向があるでしょう。

予約がとりにくい

3月と4月は、家族の進学や就職などで引っ越しする人が増え、人員やトラックが不足することがあり、予約がとりにくい傾向があるようです。引っ越し日が3月末になると、荷ほどきが終わったり、新居での生活に慣れたりする前に4月上旬から新生活を送ることになり大変なことがあるかもしれません。

引っ越しの手順

引っ越しの準備はどのようなことがあるのでしょうか。引っ越しまでの期間別の準備をご紹介します。

引っ越しが決まったらすぐ

引っ越し
iStock.com/Lordn

引っ越しが決まったら、すみやかに引っ越し業者を探しましょう。3月と4月の繁忙期にする引っ越しは、見積もりをとるのに予約がとりにくくなるようです。複数の業者から見積もりをとる場合は、早めに引っ越し業者を決めましょう。

引っ越し業者や引っ越し日が決まったら、住んでいる住居の退去の手続きをしましょう。賃貸住宅の場合は、管理会社との契約に従って、退去の申告をする必要があるようです。売却の場合は、引き渡し日より前に引っ越しするよう気をつけましょう。

1カ月前~前日

引っ越し準備は、時間がかかることがあるようなのでスケジュールを組んで確実に手続きをしていくと漏れがなくよいかもしれません。引っ越し日が決まったら、郵便物を転送する届出を出しましょう。スマートフォンでも郵便物の転送の手続きができるようで、郵便局に行くことが難しいときでも簡単に手続きできるのがうれしいですね。

引っ越しする際に粗大ごみが出る場合、引っ越し業者に引き取りを依頼するか、自身で処分するかなどの粗大ごみの処分方法を決めましょう。その他、インターネット、電気、水道、ガスなどの業者に連絡して退去時と新居への入居時の立ち合い日を決める必要があるようです。

荷造りは、使用頻度が低いものから順に進めていくとよいでしょう。荷造りを進めていくと粗大ごみとして処分するものが出てくることがあり、引っ越しが集中しやすい3月と4月は粗大ごみの処分の予約がとりにくい可能性があるようです。早めに準備しましょう。

また、転出や転入の各種手続きや、子どもの転校が伴う場合の手続きなどさまざまな準備があるでしょう。3月末は、年度末ということもあり役所が混雑することがあるかもしれません。

引っ越しが決まったら、引っ越し準備のスケジュールを管理して必要な手続きを把握するとよいでしょう。

3月と4月に引っ越しするときは、ほかの時期の引っ越しに比べて早めに準備を始めると、落ち着いた気持ちで引っ越し準備を進められるのではないでしょうか。

引っ越し当日の動き

両親
iStock.com/paylessimages

引っ越し当日の家族の動きについて工夫したことをママたちに聞きました。

30代ママ
引っ越しをした当時は子どもが生後10カ月で夫婦2人では手が足りないと思い、両親に手伝いにきてもらいました。
30代ママ
引っ越しした頃、お腹が大きかったので負担にならないように重いものは持たないようにしました。私と子どもは先に引っ越し先に向かい、主人には退去前の掃除をお願いしました。
20代ママ
引っ越し当日は、早起きして1日の段取りや荷ほどきの優先順位の確認などをしました。子どもが小さかったので、両親に来てもらい子どものお世話をお願いしました。退去時の掃除や引っ越し業者とのやり取りに集中できてよかったです。
20代ママ
引っ越し日の日程の調整がうまくいかず、つわりで体調が悪い中で引っ越した経験があります。掃除やごみ出しなど、主人と実母にお願いしました。引っ越し作業の妨げにならない場所で体に負担をかけないように座っていました。

妊娠中や子育て中の引っ越しは、家族に頼るなどして負担を軽くするように気をつけていたという声がありました。また、引っ越し作業が円滑に進むように退去時の掃除や新居での荷ほどきを家族で分担するなどの工夫をしているようでした。

引っ越し当日は、スケジュールを家族で確認するなどして、効率よく動けるとよいですね。

日程に余裕を持って引っ越し準備を進めよう

引っ越し準備をする家族
iStock.com/Rawpixel

3月と4月の引っ越しは、料金が高かったり、予約がとりにくかったりすることがあるようです。家族の進学や就職に合わせての引っ越しは、引っ越し日の調整が難しいこともあるでしょう。引っ越しの時期の調整が可能な場合は、3月と4月を避けるよう検討してみるとよいかもしれません。

引っ越し準備は、引っ越しが決まったらすぐにスケジュールを組んで家族で協力して計画的に進めていくとよいでしょう。必要な手続きは何か、いつまでに行うのかなどを明確にして優先順位をつけると、漏れなく準備できるのではないでしょうか。

2019年10月30日

専門家のコメント
1
    ゆき先生 保育士
    引越しの時に作る荷物は、置く予定の部屋を書いたり中身を書くのが一般的ですが、通し番号と詰めた日付を書きました。 番号が小さいものは早くつめたものなので、緊急度は低いですよね。開ける時は最後で大丈夫。日付を入れておくと、開ける前になんの箱だったか思い出せることが多くて、便利でしたよ。
おすすめユーザーのコメント
1
    MARU
    引っ越し準備がギリギリで前日まで荷造りすることもありました。 子どもがいると特に計画的に準備していきたいですね!

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧