ぬいぐるみを使った子どもの寝かしつけ方法や選ぶときのポイント

ぬいぐるみを使った子どもの寝かしつけ方法や選ぶときのポイント

オルゴールつきなどママたちが選んだぬいぐるみ

子どもが新生児の頃はだっこをして寝かしつけていたママも、1歳頃になるとぬいぐるみなどを使って、布団で寝かしつけたいと考えることもあるのではないでしょうか。今回の記事ではオルゴールつきやベビー用など、子どもの寝かしつけに使うぬいぐるみを選ぶポイントや寝かしつけの方法について体験談でご紹介します。

寝かしつけにぬいぐるみを使ってる?

子どもを寝かしつける方法として、ぬいぐるみを使いたいと考えるママもいるのではないでしょうか。寝かしつけにぬいぐるみを使っているか、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
新生児の頃に出産祝いでいただいたぬいぐるみを、寝かしつけるときに使っています。子どもがとても気に入っていて、いつもいっしょに眠っています。
30代ママ
もうすぐ1歳になるのをきっかけに、抱っこでの寝かしつけからぬいぐるみを使った寝かしつけに変えたいと考えています。ぬいぐるみはどのようなものを選んだらよいのか迷っています。
子どもの寝かしつけにぬいぐるみを使っているママや、使いたいけれどどのようなものを選べばよいか迷っているママがいました。寝かしつけにぬいぐるみを使っているママたちはどのようなことを意識して選んだのか気になりますよね。

実際に寝かしつけの方法としてぬいぐるみを使っているママたちは、どのように選んだのか、聞いてみました。


寝かしつけ用のぬいぐるみを選ぶポイント

寝かしつけ用のぬいぐるみを選ぶとき、どのようなものにしたらよいか悩むママもいるかもしれません。ママたちにぬいぐるみを選ぶときのポイントについて聞いてみました。

サイズ

20代ママ
1歳の子どもの手のひらにあうものを選ぶようにしました。小さなぬいぐるみなので、お出かけのときにもかさばることなく持っていけます。
30代ママ
新生児の頃から指しゃぶりをすることがあるので、指しゃぶりしながら持てるものがよいなと思っていました。最初からクタッとしているぬいぐるみを選ぶと子どもの手にも握りやすかったようです。
寝かしつけに使うぬいぐるみは子どもにあった大きさのものを選んでいるママがいるようです。

ベビー用のぬいぐるみなどもあるようなので、子どもの大きさにあうサイズのものにすれば持ちやすく、愛着をもってくれるかもしれませんね。


肌触り

タオルケット
© Photographer Katja - Fotolia
30代ママ
うちの子どもはタオルケットに触れるのが好きなので、タオル地のぬいぐるみを購入しました。触り心地を気に入って、ぬいぐるみを触りながら眠っています。
30代ママ
眠るときに使うものなので、肌触りのよさを中心に考えました。ふわふわとした素材のぬいぐるみを選ぶと気持ちよさそうに、頬をすりすりしています。
ぬいぐるみの触り心地のよさで、寝かしつけのぬいぐるみを選んだママがいました。子どもといっしょに、好きな触り心地のものを選べるとよいかもしれませんね。

お手入れのしやすさ

30代ママ
寝かしつけ用のぬいぐるみは肌に触れることも多いので、洗える素材のものかどうかで選びました。定期的に洗うことができると、清潔に保てるので安心です。
寝かしつけ用のぬいぐるみをお手入れのしやすさで選んでいるというママもいるようです。

洗える素材のものは子どもといっしょに手洗いしているというママや、洗うことが難しい場合でもこまめに日に当てるなどしてお手入れしているというママの声もありました。


ママたちが選んだ寝かしつけ用ぬいぐるみ

ママたちが寝かしつけ用のぬいぐるみにどのようなものを選んだのか気になるママもいるかもしれません。実際に選んだぬいぐるみについて聞いてみました。

オルゴールつき

20代ママ
ぬいぐるみの中にオルゴールのようなものが内蔵されているぬいぐるみを選びました。オルゴールから優しい音楽が流れてくるので、子どもも安心して眠ることができるみたいです。
オルゴールつきのぬいぐるみを選んだママもいるようです。他にもママの心音などに似た音が流れるオルゴールがついたぬいぐるみを選んだというママの声もありました。

子どもが好きなキャラクター

好きなキャラクター
StudioSmart/Shutterstock.com
30代ママ
子どもの気に入ったものがよいと思ったので、好きなキャラクターのぬいぐるみを選びました。とても気に入ってくれて抱っこして毎日いっしょに眠っています。
子どもの好きなキャラクターのぬいぐるみを選んだというママもいるようです。子どもが好きなキャラクターの抱きまくら型ぬいぐるみを購入したら、喜んで布団に入るようになったというママの声もありました。


ストラップつき

30代ママ
小さなブランケットのような素材のぬいぐるみを選びました。触り心地もよく、同じ素材のストラップがついているので、ベビーカーにも取りつけることができて助かります。
ストラップつきのぬいぐるみを選んだというママがいました。ストラップがついてると、ベビーカーや車の中など落としたくない場所でも持っていけるのでよいかもしれませんね。

ぬいぐるみを使った寝かしつけの方法

寝かしつけ用にぬいぐるみを用意しても、どのようにすれば寝かしつけることができるか悩むママもいるのではないでしょうか。ママたちにぬいぐるみを使った寝かしつけ方法を聞いてみました。

おままごとで使ってみる

30代ママ
お気に入りのぬいぐるみは普段からおままごとでもよく使っています。夜寝るときに、子どもにぬいぐるみを寝かしつけてとお願いしてやってもらううちに、子どもも寝てくれるようになりました。
子どもがぬいぐるみを寝かしつけ、ママは子どもを寝かしつけるという方法をとっているもママもいるようです。遊びを取り入れながら楽しく寝かしつけができるとよいかもしれませんね。


子どものお気に入りを見つける

30代ママ
子ども用にぬいぐるみをいくつか用意していました。その中で特に気に入ったものを寝るときにもそばに置いています。お出かけや旅行にも連れていくと、慣れない場所でも寝てくれるようになりました。
子どもが気に入ったぬいぐるみを寝かしつけにも使う方法もあるようです。このぬいぐるみがあれば眠れるというようにしておくとママも子どもも安心して眠ることができるかもしれません。

子どもにあわせて寝かしつけをしよう

ぬいぐるみをだっこして寝る赤ちゃん
© polkadot - Fotolia

新生児の頃には抱っこで寝かしつけていても、1歳頃を境にぬいぐるみを使った寝かしつけに変えたいと考えているママもいるようでした。子どもの寝かしつけに使うぬいぐるみは、オルゴールがついているものやストラップがついてベビーカーなどにもつけられるものなど、さまざまあるようです。

ぬいぐるみを使った寝かしつけの方法としては、おままごとなど子どもが楽しみながら眠りに入れるようにしているというママや、お気に入りを見つけて子どもが安心して眠りにつけるようにしているというママもいるようです。

ぬいぐるいを使って、子どもにあった寝かしつけができるとよいですね。

2019年10月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧