ハーフバースデーを写真でお祝いしよう!家やスタジオで撮影するコツ

ハーフバースデーを写真でお祝いしよう!家やスタジオで撮影するコツ

ハーフバースデーに写真を撮影したかの体験談

赤ちゃんのハーフバースデーの写真を撮りたいとき、いつ撮影したらよいのか、家族全員でスタジオで撮影した方がよいのかなど気になるママもいるのではないでしょうか。男の子か女の子かによって撮影するときの服装も異なるでしょう。今回は、ハーフバースデーの写真を家やスタジオで撮影するときのコツをご紹介します。

ハーフバースデーの写真を撮ったことはある?

ハーフバースデーとは、赤ちゃんの生後6カ月をお祝いする日で、家やスタジオで赤ちゃん、または家族全員で写真を撮って記念に残したり、パーティーを開くことが、最近ママたちの間で流行しているようです。

実際にハーフバースデーの写真を撮影したことはあるのかをママたちに聞いてみました。

撮影したことがある

30代ママ
SNSで見た他のママが撮ったハーフバースデーの写真を参考に、家で簡単に撮影してみました。
20代ママ
フォトスタジオのハーフバースデープランでの撮影と、ウォールデコなどを購入して家でも撮影しました。
30代ママ
家でハーフバースデーの写真を撮影しました。写真館などスタジオでの撮影も興味があります。
ハーフバースデーの写真を撮ったことがあるという声が複数ありました。

誕生日と同じくらい本格的にスタジオで撮ったママや、家で簡単に撮ったママなど撮り方は人によってさまざまなようです。

撮影したことがない

カメラ
iStock.com/karandaev
20代ママ
ハーフバースデーの写真を撮ろうとは思っていましたが、慌ただしくすごしていたら撮影するタイミングを逃してしまいました。
30代ママ
ハーフバースデーというものを知りませんでした。
忙しくて撮影するタイミングを逃したという声がありました。

時間がない場合は、家で気軽に撮影する方法なら試しやすいかもしれませんね。

ハーフバースデーの写真を家で撮影するときのコツ

ハーフバースデーの写真を家で撮影するときのコツを、ママたちの体験談をまじえてご紹介します。

赤ちゃんの衣装と部屋の飾り付けをする

20代ママ
家で飾り付けをして赤ちゃんをドレスに着替えさせるまでの工程や、飾り付けした中でコロコロ動いてしまう赤ちゃんをうまく撮影するのが大変でした。
風船やガーランドのような飾りは100均でも手軽に手に入り、可愛く飾り付けできる定番アイテムでしょう。

蝶ネクタイやドレスワンピースなど、男の子や女の子ならではのフォーマルな服装にすると、家での撮影であっても特別な日の雰囲気が出せそうですよね。

新生児のときにとった手形・足形を赤ちゃんの横に並べて撮影しても記念になるかもしれません。

オムツアートといっしょに撮る 

30代ママ
赤ちゃんにおしゃれな服装を着せて、オムツで“6”と数字を書いて真上から撮影しました。赤ちゃんが動いてしまい、なかなか思うように撮影できず大変でした。
オムツアートを撮影に使ったという声が複数ありました。

最近、ベビーシャワーや出産祝いの贈り物として使われることが多いオムツケーキも写真映えするでしょう。

オムツケーキはインターネットや店舗で購入もできますが、100均などのグッズを使って手作りもできるようなので楽しめそうですね。

寝相アートを作る

寝相アート
karins/Shutterstock.com
30代ママ
写真映えするように可愛い柄の布を床に広げ、その上に赤ちゃんを寝かせて撮影しました。画像加工アプリで名前や日付、“HARF BIRTHDAY”と英字で入れました。
生後100日の記念写真で取り入れるママも多い寝相アートは、赤ちゃんの下に敷いた布やタオルを背景に、おもちゃなどを可愛く飾って作る写真アートです。

アイディア次第で、赤ちゃんが歩いたり、浮かんだりしているように見せることもできるかもしれません。

お祝い用離乳食といっしょに撮る

ハーフバースデーにお祝いプレートや離乳食ケーキを作るママも多いようです。

生後6カ月前後は、ちょうど離乳食をはじめる赤ちゃんも少なくなく、ハーフバースデーらしいモチーフの離乳食を作るママもいるでしょう。

あらかじめ試した食材のカラフルなペーストを使って、絵やメッセージを大きめのお皿にデコレーションしたお祝いプレートは、試しやすく写真映えもしそうですよね。

ハーフバースデーの写真をスタジオで撮影するときのコツ

ハーフバースデーの写真をスタジオで撮影するときのコツをご紹介します。

予算を確認する

撮影枚数や写真サイズ、衣装をレンタルするかによって撮影予算が高額になる場合があるかもしれません。

スタジオで実際に撮影する前に、店舗やホームページでサービスの詳細や料金を確認しておくと安心でしょう。

写真のイメージを持つ

赤ちゃんのみ、または家族全員で撮影するのかや、男の子・女の子でイメージも変わってくるかもしれません。

スタジオの衣装や背景のカタログを事前に見て、どのような写真にしたいかイメージしておくと撮影もスムーズでしょう。

赤ちゃんのぐずり対策をする

スタジオのスタッフが赤ちゃんを撮影するプロであっても、衣装に着替えたり撮影中にどうしてもぐずってしまう場合もあるでしょう。
 
撮影前にお昼寝や授乳を十分にしておいたり、お気に入りのおもちゃを持参していくことは大切かもしれません。

服装や身だしなみを準備する

スタジオでヘアメイクをしてもらったり衣装をレンタルしない場合は、自分たちで準備する必要があるでしょう。

赤ちゃんを引き立たせるために赤ちゃん以外の家族は服装をシンプルにしたり、赤ちゃんとお揃いのアイテムを取り入れたリンクコーデにするなどの工夫をするのも楽しそうですね。

ハーフバースデーの写真を撮影して思い出を残そう

寝転がる赤ちゃんと夫婦
iStock.com/monzenmachi
今回は、赤ちゃんのハーフバースデーの写真について、家やスタジオで撮影するときのコツをご紹介しました。

家やスタジオでの撮影それぞれのよさがあるので、今回の記事を参考に自分にあった方法を選ぶとよいでしょう。

家での撮影は、服装や飾り付けを自分で準備する必要がありますが、「自分好みに男の子・女の子らしさを表現したい」「生後半年ならではの写真にしたい」などオリジナリティを出しやすく、いつものお部屋なら赤ちゃんもリラックスしやすいでしょう。

ハーフバースデーの写真を撮って、赤ちゃんや家族全員の大切な思い出を残せるとよいですね。

2019年09月10日

おすすめユーザーのコメント
1
    naa
    もっとしっかり飾り付けをしてハーフバースデーの写真を撮れば良かった…と後悔してます(><)

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧