8月15日は終戦記念日。幼児の子どもに対する戦争の伝え方

8月15日は終戦記念日。幼児の子どもに対する戦争の伝え方

ママ・パパたちが幼児にもわかりやすく伝えた方法

8月15日は終戦記念日です。子どもに戦争について伝えたいものの、伝え方をどうしたらよいのかわからないというママやパパもいるかもしれません。子どもでも戦争について理解しやすい幼児向けの絵本をはじめ、ママやパパが戦争についてわかりやすく伝えるための方法をご紹介します。

8月15日は終戦記念日

毎年8月15日は終戦記念日です。

終戦記念日とは1945年の8月15日に第二次世界大戦が終わったことを記念する日です。

1982年4月に、戦争を知らない世代に戦争の経験と平和の意義を伝えるため、この日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定され、毎年追悼式が行なわれています。

追悼式には内閣総理大臣を始め、多くの方が参加し、毎年一定の時刻に黙とうを捧げています。

出典:厚生労働省:「戦没者を追悼し平和を祈念する日について」

終戦記念日のすごし方

木漏れ日
iStock.com/c11yg

終戦記念日を、ママやパパは子どもとどうすごしているのでしょうか。

黙とうをする

終戦記念日には、正午に1分間の黙とうの時間があります。

親子でいっしょに目をつむり、声や音を出さずにお祈りする時間を作っているというママの意見がありました。

「戦争で死んでしまった人が安心して眠れるようにお祈りするんだよ」と黙とうについて子どもに説明するとわかりやすいかもしれません。

正確に意味が分かっていなくても、ママやパパと同じようにお祈りする習慣をつけることで、戦争について理解するきっかけになるのではないかというママの意見がありました。

戦争について知る

終戦記念日は戦争が終わったことを記念する日です。子どもが戦争について知る機会をつくるママやパパもいるでしょう。

ひいおじいちゃんやひいおばあちゃんなど戦争のことを知る人から話を聞くと、より戦争のことを理解できるかもしれません。

自分と同じ年齢の子たちが戦争で死んでしまったということは、子どもたちにとってはショックなことかもしれませんが、いま自分たちが平和に生きていられることの背景に戦争があったことを理解することで、命の大切さについて考える機会にもなるでしょう。

幼児に対する戦争の伝え方

子どもに戦争について説明するときに、どこまで説明すればよいか迷うママもいるようです。

幼児に対する戦争の伝え方を体験談をもとにご紹介します。

口頭でわかりやすく説明した

テレビやニュースで終戦記念日について報道されているのをみて「戦争ってなに?」と聞かれたことがあるママやパパもいるでしょう。

戦争という言葉をできるだけわかりやすくかみ砕いて伝えるとわかりやすいかもしれません。

子どもにわかりやすい説明が必要な分、子どもが戦争について学ぶのと同じくらい、ママやパパも戦争について理解が深まったという意見もありました。

絵本を使った

親子で読書
iStock.com/kohei_hara

絵本を読むことで、子どもがわかりやすくイメージしやすいため戦争について理解しやすいという意見もありました。

戦争のことについて詳しく説明されている絵本もあれば、戦争について触れつつも、日常生活の幸せが当たり前ではないことを伝えている絵本など、さまざまな戦争に関する絵本があるようです。

絵本であれば子どもがなじみやすく、戦争について伝えやすいのではないでしょうか

一度読むだけでは理解できなくても、少しでも戦争について、考えるきっかけになればよいというママの意見もありました。

映画

戦争に関する映画をみて終戦記念日について考えるきっかけを作ったというママもいるようです。

映像を通して戦争を知ることで、より戦争に対する理解が深まるかもしれません。

子どもにとっては非現実的なシーンもあるでしょう。ママやパパが説明しながら映画を見るとよいでしょう。

映画や絵本を通じて戦争を知ることで、ショックを受けてしまう子もいるようですが、戦争があったからこそ平和があるということを知る機会はつくるべきだというママの意見もありました。

戦争について伝えたあとは子どもにどう思ったか聞き、子どもに戦争について考える機会をつくることも大切でしょう。

幼児期から戦争について考える機会を

親子
iStock.com/Yagi-Studio

終戦記念日は戦争をしてしまったことを反省し、平和を祈るための一日です。

親子で黙とうをしたり戦争について考える時間をつくってみてはいかがでしょうか。

戦争を経験したことがない子どもたちには、難しく意味が分かりづらいかもしれませんが、絵本や映画を使って子どもがわかりやすい説明をするとより伝わりやすいようです。

毎日ごはんが食べられることや、お友だちと遊べることなど、平和にすごせている背景には戦争があったことを子どもに伝えることで、命の尊さや、日々の感謝を感じるきっかけになるかもしれません。

※記事内で使用している参照内容は、2019年8月9日時点で作成した記事になります。

2019年08月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ