子ども用のスポーツメガネ。種類や選ぶポイントを紹介

子ども用のスポーツメガネ。種類や選ぶポイントを紹介

子どもに合ったスポーツメガネとは?

視力の悪い子どもがスポーツをする場合に、スポーツ専用のメガネが必要だと思うこともあるでしょう。とくにサッカーや野球などの球技はボールが目に当たる危険もあります。今回の記事では、スポーツに適した子どものメガネについて、買うときのポイントや使用する際の注意点をご紹介します。

スポーツ用メガネが必要だと感じるきっかけ

パパやママが子どもにスポーツ用のメガネが必要と感じるのはどのようなときなのでしょうか。

スポーツをしていると激しく動いたり汗もかきますよね。

普段使っているメガネのままスポーツをすると、メガネがずれてしまって動きにくく、スポーツに集中できないこともあるでしょう。

メガネを気にせずのびのびスポーツできるように、スポーツ用のメガネを検討するママやパパもいるのではないでしょうか。

サッカーや野球などの球技ではボールが目にぶつかると危ないため、メガネを外すお子さんもいるようです。

そうなると今度は、「ボールがよく見えない」や「周りが見えづらい」ことによるケガが心配になりますよね。

その他、安全の確保はもちろん、スポーツが好きな子どもが少しでも楽しくすごせるようにスポーツメガネの購入を考えているママやパパが多いようです。

スポーツメガネの種類

スポーツメガネ
iStock.com/SKrow

子どものスポーツメガネを準備する際、気になるのがメガネの種類ではないでしょうか。

スポーツメガネの種類をご紹介します。

ゴーグルタイプ

スポーツメガネにはゴーグルタイプの製品があるようです。

ゴーグルタイプは目にしっかりフィットするようベルトがついているため、子どもが激しく動いてもズレにくく、スポーツの最中でもメガネのズレを感じずにすごすことができるでしょう。

ゴーグルタイプのメガネは曇ることがあるので、曇り防止が必要というママの意見もあるようです。

スポーツ専用メガネ

ゴーグルタイプのスポーツメガネはベルトがついており、顔にメガネを装着する形になるため、子どもが嫌がる事があるかもしれません。

スポーツメガネの中には、形は通常の眼鏡そのままで、スポーツシーンを想定した特殊な素材を用いている製品があります。

破損を防ぐ強い強度があり、メガネがずれにくいことからゴーグルタイプが合わない子どもに試してみるとよいかもしれませんね。

スポーツメガネの中にはサッカーや野球などスポーツの特徴に応じて種類がわかれている場合もあるため、子どもがしているスポーツに合ったメガネを選ぶとよいでしょう。

スポーツメガネをつけるときの工夫

スポーツメガネをつける際は、スポーツ中もメガネのずれが気にならないような工夫が必要でしょう。

ゴーグルタイプのメガネであれば、バンドを調整して、子どもの頭の大きさにあった長さにするとよいかもしれません。

普段使いのメガネに近いスポーツ専用メガネの場合は、奥までしっかりとかけるようにし、耳かけがきちんとフィットした状態で耳にかかるようにするとメガネのずれが気にならないようです。

その他製品によって取り扱い方法が異なる場合があるかもしれませんので、説明書や購入店からの注意にしたがって安全に使用しましょう。

スポーツメガネを買うときの注意点

スポーツメガネ
iStock.com/AWSeebaran

子どもにスポーツメガネを買う場合、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

度数

スポーツメガネを買う際は度数が子どもの視力と合っているか確認してから買うとよいでしょう。

度数があっていないと目が疲れてしまうことがあるかもしれません。子どもが余計にスポーツをしづらくなるのを避けるためにも、度数は事前に確認しておきましょう。

かけ心地

スポーツをする際は走ったり、激しく動くことになるでしょう。

スポーツメガネをかけた状態で動いてもメガネがずれないか、走りづらくないかなど確認してから購入するとよいかもしれません。

特にゴーグルタイプのメガネは顔に直接パッドが当たることがあるため、子どもが実際にかけてみて、かけ心地がよいかどうか確かめてから買うとよいでしょう。

視界を十分確保できているか

スポーツメガネをすると、視界が狭まってしまうこともあるかもしれません。実際にかけてみて、視界が十分に開けているかどうかも購入する際のポイントでしょう。

メガネの種類によってはレンズが曇ってしまうこともあるようですので、曇り対策もしておくとより快適にスポーツメガネを使うことができるでしょう。

予備を用意しておく

スポーツメガネは万が一の時に備えて予備を用意しておくとよいでしょう。ボールが当たってしまったり、人と接触した際にメガネが壊れてしまうかもしれません。

予備のスポーツメガネがないと、普段使っているメガネをするか、メガネがない状態のままスポーツをすることになり、スポーツに集中できなくなってしまうかもしれません。

子どもに合ったスポーツメガネを用意しよう

アスレチックで遊ぶ男の子
T.TATSU/Shutterstock.com

スポーツをしている最中にメガネがずれてきたり、メガネを外していることでボールが見えないと子どもはスポーツに集中することができないでしょう。

楽しい時間をすごすことができないだけでなく、ケガに繋がることもあるかもしれません。

スポーツメガネには種類があり、中にはメガネのズレを防ぐ製品もあるようです。

子どもの視力にあったメガネを選ぶのはもちろん、ずれにくさや、かけ心地を確かめた上で購入するとよいのではないでしょうか。

子どもがスポーツを楽しめるように子どもに合ったスポーツメガネを用意しましょう。

2019年08月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧