パパの汗対策!抱っこ紐を使うときや出かけるときにしている対策とは

パパの汗対策!抱っこ紐を使うときや出かけるときにしている対策とは

におい対策など

子どもといるときの汗対策について気になるパパやママもいるかもしれません。夏になると汗をかくことが増えるでしょう。特に抱っこしているときは熱がこもりやすく、子どもが嫌がることがあるのではないでしょうか。におい対策などパパがすべき汗対策をご紹介します。

夏場の汗に悩むパパ

iStock.com/Yagi-Studio

夏に子どもと遊んだり抱っこをしてすごすと汗をかいてしまうパパは多いでしょう。

汗の不快さから子どもに嫌がられたり、においが気になってしまうとせっかくの子どもとの時間を楽しめないかもしれません。

体験談をもとに汗の悩みと対策をご紹介します。

パパの汗が気になる瞬間

パパの汗が気になる瞬間はどのようなシーンでしょうか。パパやママに体験談を聞いてみました。

子どもを抱っこするとき

30代ママ
夏の抱っこ紐は汗をかきやすいので、パパが抱っこするときは特に汗が気になります。

子どもを抱っこ紐で抱っこするときに汗をかいてしまうと不衛生を気にしたり、子どもが不快に思うことを気にするパパやママもいるかもしれません。

パパ自身も、子どもを抱っこしているときに汗をかいてしまい、不快に感じることがあるのではないでしょうか。

子どもを抱っこするときは暑さ対策が必要になりそうです。

子どもと遊んでいるとき

30代パパ
夏は特に外で遊んでいると汗が気になりますね。

子どもと外で遊んでいると汗をかくパパは多いでしょう。

汗をそのままにしておくとにおいが気になったり、子どもに嫌がられないか心配になるパパもいるのではないでしょうか。

ハンカチを常備して清潔にするように対策が必要かもしれません。

外から帰ってきたとき

30代パパ
外から帰るときは汗をかいているので、「ちょっとまってね」と子どもに声をかけてお風呂で汗を流してからリビングにいきます。

夏に仕事から帰ってくるときに汗が気になることがあるでしょう。ママの中には足の汗も気になるという意見もありました。

夏は汗が気になる季節。汗対策をして家族と快適にすごしたいと思うパパも多いでしょう。

パパがしている汗対策

iStock.com/Yagi-Studio

パパは夏の汗対策をどのようにしているのでしょうか。特に子どもとすごすときは汗に気をつけるパパが多いようです。

パパの夏の汗対策をご紹介します。

抱っこ紐を使うときは保冷剤を使う

パパは抱っこをするときは余計に汗をかきやすくなるでしょう。パパだけでなく、子どもも汗をかいてしまうかもしれません。

抱っこ紐の中に保冷剤を入れて汗をかかないように対策しているというパパもいるようです。汗対策だけでなく、暑さ対策にもなるのではないでしょうか。

抱っこ紐の素材はメッシュを選んで通気性のよい抱っこ紐を使っているというパパもいるでしょう。

外が暑いときは、抱っこ紐を使わずに済む場所にでかけるなどして、汗をかかないようにしているという意見もありました。

汗拭きシート

iStock.com/MarioGuti

汗を放っておくとにおいが気になることもあるでしょう。汗拭きシートを持ち歩いて汗、におい対策をしているパパもいるようです。

ママや子どもにとっては香りが気になる汗拭きシートもあるため、無臭のシートを使うと子どもも嫌がらずパパも快適にすごせるかもしれません。

汗が気にならないインナーを着る

汗で下着が肌にくっついてしまい気になるパパもいるのではないでしょうか。

吸水性のよいインナーを着ることで、汗の不快感を減らしているパパもいるかもしれません。

他にも汗染みを軽減するシャツや、抗菌・防臭作用のある靴下など、汗染みや不快感を抑えたいパパ向けのインナーにはさまざまな種類があるでしょう。

汗をかいても快適にすごせるアイテムを探してみてはいかがでしょうか。

ボティパウダーを使う

汗によるベタつきを気にするパパもいるのではないでしょうか。

ボディパウダーを使うことで、汗が気にある部位でもサラサラ感を保つことができるかもしれません。

汗をかいてもベタつきが気にならなければ、暑い夏でも快適にすごすことができるでしょう。

その他、ハンカチやタオルは必需品として必ず持ち歩き、こまめに汗を拭くことで、より快適にすごせるよう工夫しているパパもいるようです。

汗対策をしてこどもと快適にすごそう

パパの汗対策
iStock.com/Yagi-Studio

汗をかくことで、子どもに嫌がられた経験があるパパもいるでしょう。

特に抱っこをするときは汗対策が必要なようです。保冷剤を入れたり、メッシュ素材の抱っこ紐を使うなどして、暑さ対策をしているパパもいるでしょう。定期的に休憩をして抱っこ紐を外すなど工夫するのもよいかもしれません。

その他、足の汗や顔の汗など、「パパ汗かいてる!」と子どもが気にすることがあるようです。タオルを持ちあるいたり、吸水性のある下着や靴下を使うことで汗をかきやすい夏でも快適に家族とすごせるでしょう。

2019年07月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ