パパの昼休み事情。ランチはお弁当派?外食派?すごし方を調査

パパの昼休み事情。ランチはお弁当派?外食派?すごし方を調査

運動など自分磨きの時間や息抜きの方法について

世の中のパパたちは仕事の昼休みにどのようなすごし方をしているのか、気になるパパやママもいるかもしれません。休憩時間を使って運動したい、家事のために買い物したいときもあるでしょう。そこで今回は、パパの昼休みの悩みやすごし方、ランチはお弁当派か外食派かについて体験談をまじえてご紹介します。

パパの昼休みについて気になっていること

毎日の仕事の昼休みはリフレッシュのためになくてはならないものですが、十分に休むことができていないパパもいるかもしれません。

まずは昼休みに関して何か気になっていることはあるかパパたちに聞いてみました。

食事、仮眠、電話ができる休憩室がない

40代パパ
会社に休憩室がないので、ランチはデスクか会社の外で食べる必要があります。デスクは気が休まりにくいし、外は場所の確保が少し大変に感じます。
40代パパ
ランチのあとは眠くなるので仮眠を取りたいですが、仮眠できるような場所はデスクしかないので、なるべく寝不足にならないように気をつけています。
40代パパ
昼休みに個人的に電話したいときにゆっくり話せる場所がありません。会社の外に出る必要があることが気になります。

職種によってさまざまですが会社に休憩室が用意されていない場合もあるようです。

会社の外を散策したりして、昼休みにすごしやすい場所を探すことを楽しめるとよいかもしれませんね。

ランチの種類や量が限られている

コンビニで買い物をしている男性
© naka - Fotolia
30代パパ
昼休み中にランチを買いに行ける場所が限られているので飽きてくることがあります。
30代パパ
もっとボリューム満点の社食があったらよいのにと思います。

いつも同じランチメニューが続くとたまに違うものも食べたくなりますよね。

社食があると出来立てのランチを外食よりも安く食べることができそうですが、量などが物足りなく感じるパパもいるようです。

パパのランチはお弁当派?外食派?

昼休みの時間も仕事をしてしまうというパパもいるかもしれませんが、ランチはできるだけ食べておかないと集中力が続かなくなりそうですよね。

お弁当か外食かによって気分転換の度合いも変わるかもしれません。

パパの昼休みのランチはお弁当派か外食派かパパやママたちに聞いてみました。

お弁当派

弁当
iStock.com/yumehana
40代パパ
昼休みは空いている会議室や近くの公園でお弁当を食べています。独身時代は外食派でしたが、手作りの方がおいしくママの愛情を感じて元気が出てくるので今はお弁当派です。
40代パパ
コンビニ弁当は味が濃いし値段が高くつくので、バランスを考えて自分の好きな具を詰めて食べられる手作りのお弁当がよいです。

手作りのお弁当は作る手間はかかりますが、パパの好みに合わせておかずの種類や量、塩分を調節できるので飽きずに食べやすいかもしれません。

外食派

40代パパ
会社の人との付き合いで外でランチをとることがよくあります。
40代パパ
お弁当を作っている時間がないので、外食になります。
30代パパ
子どもが認可外保育園に通っていた頃は、子どもとパパのお弁当をいっしょに用意していました。認可保育園に転園して給食になってからはパパのお弁当はコンビニで買って用意することが多くなりました。

朝にお弁当を作る時間の余裕がなく、パパのランチは外食になっているという声がありました。

外食は会社の近くに行きつけの店を見つけられると、昼休みの短い時間でも余裕をもって行けそうですね。

特にお弁当派でも外食派でもなく、その日の気分で食べたいものや場所を選ぶというパパや、仕事の都合で昼休みをとれる場所が不規則なため状況にあわせて決めるというパパもいました。

パパが昼休みのすごし方で工夫していること

昼休みのすごし方について何か工夫をしているか、パパたちに聞いてみました。

40代パパ
帰宅後は夫婦で家事育児をしてゆっくりママと話す暇がないので、12時から13時までのママと同じ昼休みの時間に、いつも時間の許すかぎり電話しています。朝の子どもの様子を聞いたり、仕事の相談を受けたり、郵便物や買い物など生活に関することなど、毎日話していても話題がつきません。
40代パパ
昼食後はスマホのゲームやデスクでインターネットを見たり、ママとメールしたりなど自分の好きなことをしてすごしたいので、ランチを早めにすませるようにしています。外食だとランチをとるだけで昼休みが終わってしまいそうなので、すぐに食べられる手作りのお弁当を持っていきます。
40代パパ
会社周辺を軽く散歩したり、天気のよい日は近くの公園のベンチで日光浴します。少しでも歩くと気分転換できて運動になり、日中に太陽の光をあびると夜の寝つきもよくなる気がします。コンビニにお菓子や飲み物を買いに行くだけでも新商品を見つけて面白いので息抜きになります。
40代パパ
昼休みに好きな楽器をいろいろと見て回り吟味して購入したことがあります。今後は健康を考えて、昼休みの短時間でもジムに通えればと考えています。

一般的に昼休みの長さは1時間であることが多いですが、限られた時間を有効的に使おうと工夫しているパパは少なくないようです。

パパは昼休みに息抜きして仕事や育児の効率を上げよう

公園で休憩している男性
iStock.com/itakayuki

今回は、パパの昼休みについて体験談をまじえながら、悩みやすごし方などについてご紹介しました。

昼休みに子どもやママのことを考えてすごしたり、好きなことをして自分の時間を楽しむパパは多いようです。

いつもは会社の中でお弁当を食べるパパも、たまには外食してみたり近くの公園で運動するなど会社の外に出てみると気分転換になるかもしれません。

昼休みにしっかり息抜きして、午後からの仕事や帰宅後の家事育児の効率をアップできるとよいですね。

2019年07月26日

おすすめユーザーのコメント
2
    loco
    パパと昼休みに会うと楽しいですが、別れどきは寂しすぎて泣けてきます…
    Z
    おにぎり1つぐらい作る努力をしようと思いつつも、出来てないです。。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧