パパが子どもと乗る自転車の選び方や運転するときの注意点を紹介

パパが子どもと乗る自転車の選び方や運転するときの注意点を紹介

自転車に乗るシーンや雨の日の乗り方

子どもを乗せる自転車について気になるパパもいるかもしれません。最近はパパ向けのデザインの自転車も販売されており、電動アシストつき自転車をはじめ、さまざまな種類の自転車を見かけるのではないでしょうか。パパが子どもを乗せる自転車の選び方や、雨の日はどうするかなどご紹介します。

パパが子どもを乗せて自転車を使うシーン

パパが子どもと自転車に乗るのはどのようなシーンなのか、ご紹介します。

保育園・幼稚園の送迎

パパが保育園、幼稚園の送迎の際に自転車を使うことがあるでしょう。

とくに共働きの場合は子どもの送迎をパパが担当することが多いかもしれません。

自転車で送迎することで子どもとの時間が取れるため、よいコミュニケーションの機会になることもあるでしょう。

おでかけ

休日に子どもを乗せて自転車でおでかけすることもあるでしょう。

子どもといっしょに自転車で公園を走ったり、自転車に乗って普段行かないような場所に行くなど、いつもとは違う時間を子どもとすごすことができるかもしれません。

その他自転車に乗ることで子どもとの時間を取れるだけでなく、運動不足の解消も期待できるかもしれません。

パパが子どもを乗せる自転車を選ぶときのポイント

パパの自転車
Bilanol/Shutterstock.com

パパが子どもを乗せる自転車はどのように選べばよいのでしょうか。

十分な大きさがある

前にチャイルドシートをつけるタイプの自転車の場合は、自転車を漕ぐ際にパパの膝が当たってしまい窮屈にならないか確認しておくとよいでしょう。

チャイルドシートがあることで窮屈になってしまう場合、乗り降りするときに一苦労してしまうかもしれません。安全のためにも自転車は漕ぎやすく、十分な大きさを選ぶとよいでしょう。

電動アシストがついている

パパが乗る自転車を選ぶときは電動アシストがついている自転車を選ぶと便利でしょう。

自転車で道を走っていると、意外とアップダウンがあることに気づくかもしれません。子どもを乗せて走ると余計に坂道がつらいという経験をしたパパは多いでしょう。

また、電動アシストがついていない自転車はこぎ出しがふらつくことがあるようです。

電動アシストがついている自転車を選ぶと自転車をスムーズに運転することができ、安全に子どもを乗せることができるでしょう。

ハンドルのふらつきがないか確認する

子どもを乗せて運転する場合、自転車によってはふらついてしまう場合があるかもしれません。

安全のためにも、子どもを乗せても安定してこぐことができる自転車を選びましょう。

子どもを降ろす際にハンドルがぶれないためのハンドルロックがついている自転車はより安心に使うことができるかもしれません。

ブレーキがかかりやすい

自転車のブレーキ
chanchai plongern/Shutterstock.com

子どもを乗せて運転する場合、自転車によってはふらついてしまう場合があるかもしれません。

安全のためにも、子どもを乗せても安定してこぐことができる自転車を選びましょう。

子どもを降ろす際にハンドルがぶれないためのハンドルロックがついている自転車はより安心に使うことができるかもしれません。

チャイルドシートが取り外せる

自転車のチャイルドシート
Gorlov-KV/Shutterstock.com

子どもを乗せて自転車に乗る場合チャイルドシートが必要になるでしょう。

子どもが大きくなるとチャイルドシートは不要になるため、取り外しできる自転車を選ぶと、長く自転車を使うことができるかもしれません。

チャイルドシートを外したあとはかごを取り付ければ、日常でも使えるため長く使うことができるでしょう。

とくに電動アシストつきの自転車は費用がかかるため、長く自転車を使いたいと思うかもしれません。

子どもを乗せるときのことを考えるだけでなく、子どもが大きくなったあとに活用できる自転車を選ぶものポイントの1つでしょう。

パパが子どもを自転車に乗せるときに注意すべきこと

子どもを乗せて自転車に乗るときは安全面に注意が必要です。具体的にどのようなことを気をつければよいのかご紹介します。

子どもを下すときは安全を確認する

子どもを自転車から降ろすときは周囲の安全を確認をしましょう。

また、子どもを下す際はハンドルがふらつきやすくなるため、ハンドルをロックすることができる製品であれば必ずハンドルロックをしてから子どもを降ろすとより安全かもしれません。

ヘルメットを着用する

子どもを乗せて自転車を運転する際はヘルメットを着用しましょう。

警視庁によると、道路交通法では

保護者の方は、13歳未満の子供にヘルメットをかぶらせるよう努めなければなりません。
出典: 警視庁

とされています。

万が一事故が起きたときに頭を守るためにも、ヘルメットは用意しておきましょう。

雨の日対策をしておく

雨の日に自転車に乗る場合はレインシートやレインコートを用意しておきましょう。

また、雨の日に子どもを乗せて自転車に乗ると雨から顔を守ることができないこともあるでしょう。つばの広い帽子を被ることで雨を避けられるようにするとよいかもしれません。

雨が強い場合は自転車に乗るのは避けましょう。

子どもを安全に乗せられる自転車を選ぼう

パパの自転車選び
NadyaEugene/Shutterstock.com

子どもを自転車に乗せてすごす時間はパパと子どものコミュニケーションの時間にもなるでしょう。

自転車の上での何気ない会話から子どもが今興味あることを知ることができたり、成長を肌で感じられる時間になるかもしれません。

自転車を買うときは電動アシストつきの自転車やハンドルのふらつきが少ない自転車を選ぶとよいでしょう。

自転車に乗る時間を楽しい時間にするためにも、安全に乗ることができる自転車を選び、運転する際はヘルメットの着用や、雨の日対策をしましょう。

2019年07月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧