2歳児の子どもへのプレゼントは何がよい?喜ばれる実用的な贈り物

2歳児の子どもへのプレゼントは何がよい?喜ばれる実用的な贈り物

500円から2000円の価格別のプレゼント

2歳の子どもへのプレゼントにどのようなものを選べばよいか悩むママやパパはいるのではないでしょうか。プレゼントに興味を持って喜んでもらえるか心配に思うこともあるでしょう。1000円以下や2000円以下の価格別のプレゼントや実用的なプレゼントなどママたちの体験談を交えてご紹介します。

2歳の子どもへのプレゼント

2歳の子どもにプレゼントを贈るとき、予算や女の子、男の子などによってどのようなものを選んだらよいか悩むこともあるでしょう。
ママたちはどのようにプレゼントを選んだのか聞いてみました。

500円から1000円のプレゼント

1000円以内で選んだプレゼントをご紹介します。

車のおもちゃ

30代ママ
叔父叔母は娘の好きなキャラクターの車のおもちゃをプレゼントしてくれました。ごっこ遊びをして楽しんだり、自分のおもちゃ棚にキレイに並べて飾っていたりしています。

車に関心があるのは男の子が多い印象がありますが、女の子も喜んでくれるプレゼントのようです。日常的に目にするものなので、身近に感じられて興味を持ってくれるかもしれません。

塗り絵

30代ママ
好きなキャラクターの塗り絵を見つけるとよく買っています。渡すとすぐに塗り始め、集中して続けています。

好きなキャラクターの塗り絵を喜んでくれたというママがいました。「ここは何色を塗ろう?」「こっちは赤にしよう」など考えながら楽しめるかもしれませんね。

シールブック

絵本
Olga Pedan/Shutterstock.com
20代ママ
シールブックをあげました。かわいいシールは特に喜んでくれて、夢中になって貼ったり剥がしたりしています。

シールブックは求めやすい価格なのでちょっとしたプレゼントによいでしょう。2歳の子どもは、指先を上手に使えるようになってくるので、夢中になって遊べるかもしれません。

シロフォン

20代ママ
ピアノと迷いましたが、バチで叩けて演奏しやすいシロフォンを選びました。叩く場所によって出る音が違うのも楽しいようです。小さなものを買いましたが、童謡は1オクターブで演奏できる曲が多いので十分でした。

シロフォンは木琴のような見た目の楽器です。音がでるのが子どもにとっては面白いようです。鍵盤にドレミファソラシドと書いてあるものだと、遊びながら音階も覚えられるかもしれませんね。

1000円~2000円のプレゼント

1000円から2000円のプレゼントにどのようなものを選んだのかママたちに聞いてみました。

絵本

30代ママ
新しい絵本はいつも新鮮に感じるようで『読んで』とねだられます。
30代ママ
絵本は毎月1冊プレゼントしていました。親目線で選んだ絵本はあまり好きになってくれなかったので、子どもと本屋さんに行き、いっしょに読んで子どもが気に入った本を選ぶようにしていました。

寝る前に絵本を読むのでプレゼントでもらうとうれしいというママの声もありました。1000円以下でもさまざまな種類の絵本があるので、プレゼントを選ぶときに検討してみるとよいかもしれません。

お絵描きボード

お絵描きボード
© chihana - Fotolia
20代ママ
お絵描きボードをプレゼントしたら気に入ったようで、よくお絵描きして遊んでいます。教えたわけではありませんが、遊んでいるうちにペンの持ち方も覚えました。

お絵描きボードはクレヨンなどのように手が汚れる心配もなく、プレゼントに選ぶママも多いようです。頭でイメージしていることをお絵描きで表現できるとより楽しくなるでしょう。遊びながら自然とペンを持つ練習もできるのもうれしいですね。

おままごとセット

40代ママ
子どもとお出かけをしたときに、おままごとのおもちゃを買ってあげたらとてもうれしそうでした。外食先でも買ったおもちゃをずっと触っていました。

おままごとセットをプレゼントしたママは複数いました。おままごとをすると「どうぞ」「ありがとう」など遊びながらやり取りが増えるかもしれません。

ブロック

30代ママ
1歳のときは積み木でしたが、2歳のときにブロックをプレゼントしました。ブロックでいろいろなものを作って楽しそうに遊んでいました。

ブロックは、想像しながらさまざまなものを作れるので2歳の子どもが楽しめるおもちゃでしょう。2歳になると細かい作業に興味を持ち始めるようなので、細かなパーツに分かれたブロックがよいかもしれません。

実用性を考えたプレゼント

実用性を考えたプレゼントにはどのようなものがあるのかまとめました。

30代ママ
祖父母から靴をもらいました。靴は1歳の誕生日にもらった靴と全く同じデザインのサイズ違いでしたが、子どもが一番気に入っていたサイズアウトして履けなくなっていた靴だったので大喜びで、もらった日は部屋の中でずっと履いてすごしていました。

靴をプレゼントしてもらったというママが複数いました。好きなデザインやキャラクターの靴をもらってから、靴を履くのが楽しみになり積極的に外に出るようになったという声もありました。

洋服

30代ママ
母や妹が洋服をプレゼントしてくれました。私はいつも汚れても悲しくない価格帯のもので選んでいるので、もう少し高くてデザインが凝ったものをくれます。保育園にも着せていけますし、他の服より特別感があり子どもも喜ぶので助かっています。

洋服を一緒に見に行って、子どもが気に入ったものを買ったというママもいました。日常使いできる洋服であれば、いつもお気に入りのものを着れるので子どもも喜ぶでしょう。

食器

20代ママ
母が食器をプレゼントしてくれました。普段は落としても大丈夫なようにプラスチックのお皿を使っていたのですが、2歳の誕生日に陶器の食器をもらいました。好きなキャラクターの食器だったので、とても喜んでいました。

2歳になり、自分で食事をするようになると食器やスプーンなども喜んでくれるかもしれません。お皿に好きなキャラクターがたくさん描いてある食器は、食べ進めるとキャラクターが見えるので飽きずに食べてくれたというママの声もありました。

2歳の子どもが興味のもつプレゼントを選ぼう

ブロックで遊ぶ親子
iStock.com/monzenmachi

ママたちが実際にプレゼントしたものや、祖父母などからもらったプレゼントをご紹介しました。

楽器やぬりえ、絵本などのおもちゃや靴や洋服などの実用的なプレゼントなど2歳の女の子や男の子が喜んでくれそうなプレゼントがさまざまありそうです。

子どもが興味をもって楽しめるプレゼントが見つかるとよいですね。

2019年06月11日

この記事を読んでいるあなたにおすすめの記事
子どもの栄養が心配なママ必見!幼児期に必要な栄養素を徹底解剖!
子どもの栄養が心配なママ必見!幼児期に必要な栄養素を徹底解剖!
[PR]株式会社明治
子どもの栄養摂取について悩むママ・パパも多いのではないでしょうか。今回の記事では、日本の子どもの栄養不足について小児科医に話を伺いました。栄養が与える影響とご家庭でも気軽に楽しく栄養摂取できる方法をお伝えします。
詳しくはこちら
  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧