夏のおでかけ。抱っこ紐の暑さ対策はどうしてる?

夏のおでかけ。抱っこ紐の暑さ対策はどうしてる?

体験談をもとに便利アイテムや工夫を紹介

夏に抱っこ紐を使うときの暑さ対策を知りたいママもいるのではないでしょうか。ママたちの体験談をもとに便利アイテムやアイデアなどご紹介します。

夏の抱っこ紐の暑さ対策はどうしてる?

夏の抱っこ紐は、子どももママも汗をかいてしまうなど暑さに悩まされるのではないでしょうか。

ママたちはどのように暑さ対策をしているのか聞いてみました。

ママたちに聞いた!抱っこ紐の暑さ対策アイテム

夏に抱っこ紐を使うとき、ママたちはどのような便利アイテムを使っているのでしょうか。

メッシュの抱っこ紐を使う

20代ママ
風通しのよさを考えて、メッシュの抱っこ紐を使っていました。汗をかきやすい赤ちゃんにぴったりだと思います。

通気性のよい抱っこ紐を使うことで、暑さ対策をしているママもいるようです。

保冷剤・冷却材を使う

保冷剤
iStock.com/Niteenrk
30代ママ
外が30℃近くなると熱中症が心配。保冷剤や冷却材は必須です。保冷剤や冷却材があると適温になり、快適に過ごせると思います。
30代ママ
ぬいぐるみ型の保冷剤ケースに保冷剤を入れ、私と子どものおなかの間に入れていました。暑さ対策になったと思います。
30代ママ
あまり冷えすぎてもいけないと思い、タオルにくるんだり調節して使っていました。

暑さ対策には保冷剤も便利です。活用する際は専用のケースにいれるなど、赤ちゃんの身体が冷えすぎないように注意しましょう。

帽子・おくるみを使う

30代ママ
直射日光を避けるため、スリーピングフードをつけて顔に日が当たらないようにしました。
30代ママ
抱っこ紐にはダブルガーゼのおくるみをかぶせて日よけにしていました。

抱っこ紐の中にいる子どもに直射日光が当たらないよう、帽子やダブルガーゼのおくるみを使うという意見もありました。

夏ならではの日差し、汗対策も必要

夏は、暑さはもちろん紫外線や汗対策も気になりますよね。ママたちはどのように紫外線や汗対策をしているのでしょうか。

紫外線対策

30代ママ
服から肌が出る部分は日焼け止めを塗りました。
20代ママ
肌が弱い子で日焼け止めが塗れなかったので日傘をさしていました。

紫外線には日焼け止めや日傘を使って対策しているというママの意見もありました。

タオルを使って汗をこまめにふく

30代ママ
表面がオーガニックのタオル地で汗をこまめに拭いていました。子どもの肌に優しい素材で安心だったし、子どもと私の汗を吸収してくれてお互い汗だくにならず快適でした。

夏は汗をかきやすいでしょう。タオルで汗をこまめにふいてママと子どもが不快にならないよう工夫するとよいのではないでしょうか。

夏に抱っこ紐を使うときに気をつけること

抱っこ紐
© moonrise - Fotolia

暑い中抱っこ紐を使用する際、ママたちは便利アイテムを使う以外にもさまざまな工夫をしているようです。

長時間抱っこ紐を使用しない

30代ママ
抱っこ紐はどうしても身体が密着するので、お互い暑いかなと気になっていました。基本的に外出時はベビーカーを利用し、ぐずったときだけ抱っこ紐、という感じで抱っこ紐の長時間使用を避けました。
30代ママ
子どもと密着しているお腹の部分に熱がこもるので、こまめに抱っこ紐をはずして通気性をよくしたり、子どもと私の間にタオルを挟んで吸汗性を良くしたりしていました。
30代ママ
とにかく蒸れるので、ベンチや授乳室など抱っこ紐を外せるタイミングでは外してひと休みしていた気がします。

抱っこ紐をこまめに外して暑さへの対策をしているママの意見もありました。抱っこ紐を外したとき持ち歩くためのトートバックなど持参しているというママもいました。

服装を工夫した

30代ママ
子どもの肌着はメッシュ素材を選びました。色も黒や暗い色は避けました。
20代ママ
子どもの服装はできるだけ涼しいものを選んだり、汗もこまめに拭いていました。
30代ママ
こまめに水分補給をするのはもちろんですが、外と中で寒暖差があるときのためにレッグウォーマーや夏用パーカーなど用意していました。

通気性のある服を着させたり、着替えを用意することで夏の抱っこ紐を使う際の工夫をしているようですね。また、ママ自身が汗染みが気にならない服の色を選んででかけるという意見もありました。

出かける時間帯を変える

30代ママ
なるべく暑い時間の外出は避けていました。それでも蒸れることがあったので暑さ対策は必須だと思いました。
30代ママ
昼頃の暑い時間帯に屋外にいないよう、スケジュール立てて外出していました。
30代ママ
1番気温が上がる時間帯は出かけないようにして、あまりにも暑い日は家で遊んでいました。クーラーをきかせた車で出かけることも多かったです。

暑い時間帯をさけてお出かけすることで、暑さ対策しているママもいました。

夏は暑さ対策をしてお出かけしよう

抱っこ紐で散歩する親子
iStock.com/Satoshi-K

夏に抱っこ紐を使う際は、保冷剤や冷却材を使ったり、涼しいコーディネートで出かけると暑さ対策ができそうですね。

涼しい服装を選ぶ分、足や頭が露出してしまうことになるので、アイテムを使って直射日光を避けるとよいでしょう。

汗をかいてしまったらこまめに拭いたり、抱っこ紐を外して休憩するなどして暑い夏を乗り越えてみてはいかがでしょうか。

2019年05月31日

専門家のコメント
1
    宍戸 理江 保育士
    気温の上がる時期は、子どもも大人も汗を掻く抱っこ紐。保冷剤は良いアイテム!お互い熱中症にならないよう適宜休憩をして、夏も過ごせたら良いですね。
おすすめユーザーのコメント
2
    OK
    夏はおでかけシーズンだからこそ、知っておきたい知識ですね! 参考になります。
    YSK
    夏の抱っこ紐は赤ちゃんもママも暑いですよね。グレーなど汗が目立つ色の服を着たらすごいことになってました。。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧