土日にパパと子どもでお出かけするならどこがよい?ママと連携は?

土日にパパと子どもでお出かけするならどこがよい?ママと連携は?

場所の選び方や最低限の持ち物など体験談

パパが子どもとお出かけするとき、どのようなことを気にかければよいのか気になるママやパパは多いのではないでしょうか。 どのような場所へどの時間帯にお出かけするパパが多いのか、最低限の持ちものや、平日と土日でお出かけに行く場所の選び方、ママとあらかじめ連携しておくことなど体験談をまじえながらご紹介します。

パパと子どもだけのお出かけ

休日、ママに予定が入ったり、体調不良やママにひとりの時間を持たせてあげたいという想いから、パパと子どもだけでお出かけしてみたいと思うパパは多いかもしれません。パパと子どもだけで出かけることで、父子の絆をより深められそうですよね。

ただ、突然パパと子どもだけで出かけようと思っても、どこへ行けばよいのか、何を持っていくべきか迷う場合もあるでしょう。

実際にパパたちはどのように子どもとお出かけしていたのでしょうか。

パパと子どものお出かけの体験談

カラフルなブランコ
iStock.com/anamejia18

パパと子どもだけでお出かけしたことがあるか、その際にママとあらかじめ連携しておくことはあったかなど、ママたちに聞いてみました。

1歳4カ月の30代ママ
土日に私が美容院や歯医者に行く間、近くの公園までベビーカーで散歩していました。私の用事が終わる時間や子どもの食事やお昼寝の時間について、あらかじめパパに伝えておくと子どもの機嫌が悪くなったときも対処の目安になり安心だと思います。

4歳と3歳の30代ママ
パパは子どもとのお出かけに慣れていて、休みの日にイベントやお祭りに行くときは地元のフリーペーパーを読んで場所を決めています。お出かけの帰りに昼食や夕飯の材料を買ってきてもらうこともあります。
4歳の30代ママ
海やアスレチック系遊具のある公園に行っています。遊具がたくさんある公園は飽きずに思いきり体を動かせるしパパも一緒に遊びやすいと思います。どこに行くのか、何時ごろ帰宅するかは必ず確認しています。子どもの様子をコミュニケーションアプリで動画と共に送ってきてくれるので安心です。

あらかじめママと連携しながらパパと子どもでお出かけする場合は多いようです。

ママがいなくてもぐずらないように、子どもが興味のありそうな場所を選んだり、お気に入りのおもちゃを持参するなど工夫してお出かけできるとよいですね。

パパとのお出かけで持っていきたいもの

パパと子どもだけでお出かけするとき、何をもっていったらよいのかわからないパパもいるかもしれません。いざというときに慌てないようにあらかじめ準備しておきたいですよね。お出かけのとき最低限持っていきたいものや、あると便利なものをご紹介します。

オムツやガーゼなどの衛生用品

ベビーカーに取り付けられたファザーズバッグ
iStock.com/RichLegg

子どもの年齢やトイレトレーニングの進み具合にもよりますが、オムツ数枚、おしりふき、使用済みオムツを入れるポリ袋数枚は、最低限必要になるでしょう。

食べこぼしや鼻水などに対処できるようティッシュやガーゼ、小さめのタオルなど拭き取れるものもあると便利ですね。

おやつや水分補給できるもの

一度にたくさん食べることができない子どもにとって、おやつは大事な食事のひとつかもしれません。おにぎりや市販のクッキー、子ども用のおせんべいなどは食べやすいでしょう。水分補給のためお茶などを入れたストローマグや水筒もあると安心できそうです。

公園などでひと休みするときに、レジャーシートもあればピクニック気分を味わうこともできて楽しくすごせそうですね。

衣類や身に着けるもの

まだ月齢が低いと吐きやすかったり、オムツからおしっこやうんちが漏れてしまうことも多いでしょう。そのようなとき着替えがないと困ってしまうかもしれません。汚れやすそうな場所に行く場合も、着替えがあると安心ですよね。

屋内と屋外の温度差がある場合などは、アウターや帽子、レッグウォーマーなど体温調整ができるアイテムを持参すると便利そうです。夏の暑い日は、熱中症対策ができるグッズなども必要になるかもしれません。

天候に不安があるときは、コンパクトに収納できる子ども用のカッパや折り畳み傘を準備できるとよさそうですね。

ベビーカーや抱っこ紐

お出かけする場所によって、ベビーカーが向いていたり、抱っこ紐の方が移動しやすい場合もあるかもしれません。デパートなどベビーカーが無料でレンタルできる場所もあるようなので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

ベビーカーと抱っこ紐兼用の保温カバーもあると、冬場など寒いときに安心ですね。

お気に入りのおもちゃ

子どもの機嫌がわるくなってしまったときにあると便利かもしれません。とくに電車やバスなど公共の交通手段で移動する場合などは助かるでしょう。

パパと子どもだけでお出かけしてみよう

公園で赤ちゃんを肩車するパパ
iStock.com/Yagi-Studio

パパと子どものお出かけについて体験談や、お出かけのために準備するものなどをご紹介しました。どこに出かけたらよいか迷ったときは、参考にしてみてはいかがでしょうか。

出かける場所などによって、パパならではの過ごし方があるかもしれません。パパとお出かけすることで、子どもの経験値も増えそうですよね。

パパと子どもの過ごす時間を増やし、より絆を深めていけたらよいですね。

2019年05月24日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ