子ども靴の収納。DIYアイディアやサイズアウトした靴の保管方法

子ども靴の収納。DIYアイディアやサイズアウトした靴の保管方法

簡単にできるスペース活用術

成長するにつれて増えていく子ども靴。おしゃれに収納したいけど、狭い玄関でどのようにスペースをとったらよいか、サイズアウトしても下の子のためによい保管方法はあるかと、悩むママもいると思います。そこで今回は、いろいろな子ども靴の収納方法や100均商品でも簡単にできるDIYのアイディアなどをご紹介します。

子ども靴の収納で困ることは?

子ども靴の収納について、どのようなことで困っている人が多いのでしょうか。困っていることを考えながら収納の仕方を考えると、収納グッズも揃えやすいかもしれませんね。

小さくてごちゃごちゃしやすい

子ども靴はデザインが豊富で、すぐサイズアウトしてしまうため、どんどん増えていき、子ども靴の収納に困っているママは少なくないかもしれません。

2足以上をローテーションで履いたほうが長持ちするともいわれますが、保育園の登園で時間がないときなど、履きたいときにすぐとり出せるよう無駄なく片づけたいですよね。

小さなスペースの有効的な使い方

靴箱や玄関の小さなスペースも有効的に使いたいですよね。

子ども靴は見た目がかわいいので、カラフルな子ども靴をインテリアと調和させて見せる収納をしたいと考えているママもいるでしょう。

収納のDIYに手間をかけたくない

工具
iStock.com/Okea

日曜大工をしたくてもする時間や余裕がないというママやパパも多いでしょう。

工具を使わなくてもDIYできるグッズや100均の商品などを利用すると、手間をかけずにDIYできるかもしれません。

ママたちが子ども靴の収納に使ったグッズ

実際に、子ども靴の収納のために使ったグッズをママたちに聞いてみました。

シューホルダー

30代ママ
子ども靴が10足以上あり、シーズンごとにサイズ違いなどがあって置き場に困ります。そのためシューホルダーを買ってシューズクローゼットに靴がたくさん入るようにしています。

牛乳パック

30代ママ
牛乳パックを半分のサイズにして並べて置くと、子ども靴にちょうどよいサイズの靴箱ができます。斜めにカットするとよりおしゃれに使いやすくなると思います。牛乳を飲むことが多ければ牛乳パックも手に入りやすいですよね。

木材でDIY

30代ママ
ホームセンターで木材を買ってきて、子どもといっしょにペンキで色塗りをして作りました。また一軒家を新築する際、作り付けで子ども靴の収納スペースも作りました。

子どもの年齢や住まいの環境によって子ども靴の収納方法も変わってくるようです。靴収納の専用グッズを使ったり、身近なものを使って代用したり、子ども靴の収納について工夫しているママは多いようですね。

子どもの成長や、自宅の模様替えやリフォームにあわせて、収納をあらためて見直してみるのもよいかもしれません。

100均の商品でDIYしよう

100均の商品には便利なだけでなくおしゃれでかわいいものもあり、いろいろと試してみるだけでも楽しいですよね。

100均の商品を利用した簡単にできるDIYのアイディアをご紹介します。

シューズ用ハンガー

シューズハンガー
Mohd Syis Zulkipli/Shutterstock.com

子ども靴やビーチサンダルなど軽い靴は、100均のシューズ用ハンガーとつっぱり棒を使うと壁掛けで収納ができて便利でしょう。

ハンガーにかけた服のように履きたい靴がさっと見つけやすいのもよいですね。

ワイヤーネット

100均のワイヤーネットをいくつか結束バンドでつなげて壁掛けにすれば、おしゃれなシューズラックができあがるでしょう。

すのこ

100均のすのこなら手軽に手に入り、アレンジがしやすいでしょう。

子どもの好きな色を塗ったり、壁掛けにしたり、ウォールステッカーでアレンジしてもかわいいですね。

ディッシュラック

100均のディッシュラックはお皿以外にも絵本を置いたり、靴を立てかけたり工夫次第で子ども靴の収納に役立つでしょう。

インテリアに合わせて木製のものを選んだりすると見た目もおしゃれになるかもしれません。

タオルハンガー

靴箱の扉にタオルハンガーを両面テープで貼ると、手軽なシューズラックができあがるでしょう。

靴箱の棚と扉の間に、隙間がないとできない場合もあるので確認して試してみるとよいですね。

ジップロック

ジップロックに汚れを落とした子ども靴を入れ、いくつかまとめて蓋付きケースに入れるとサイズアウトした子ども靴が収納しやすいでしょう。

ジップロックを少しだけ開けて、蓋付きケースの中に乾燥剤などをいっしょに入れておくと安心ですね。

ファイルボックス

収納に役立つことが多いファイルボックスは、ちょっとした隙間など狭いスペースを子ども靴の収納に使いたいときに役に立つかもしれません。

カラーボックスの中に横置きして、2段の棚にしたり、工夫次第でさまざまな収納の仕方ができそうですね。

子ども靴の収納アイディア

子ども靴の収納が使いやすくなる工夫をご紹介します。

ラベルで見やすくする

この収納にはこの靴が入っていると見分けやすいように子ども靴の写真を貼ったり、家族のネームラベルを貼ると誰の靴かがすぐにわかるので便利でしょう。

お手入れしやすくする

泥がついたまま靴をしまうと、靴箱もいっしょに汚れてしまうことも多いですよね。

100均にもある靴箱用シートを使うと、汚れてもシートを取りかえるだけなので、お手入れしやすくなるでしょう。除湿、消臭、防カビ、滑り止め効果のあるものなどさまざまな種類があるようです。新聞紙でも代用できるようなので試してみてもよいかもしれませんね。

長くつやブーツ用に縦長スペースも用意

長くつやブーツを収納するとき、そのまま置くと倒れやすかったり、背丈がはみ出て見た目があまりよくない場合もあるでしょう。

縦長の靴用のスペースをあらかじめ用意しておけば、倒れやすさや見栄えが悪くなることも防止できるかもしれません。

子ども目線の玄関づくりを

玄関にいる子供と女性
© yamasan - Fotolia

子どもの靴はサイズアウトしやすく、数も増えやすいでしょう。子ども靴が増えると収納に困るママは少なくないかもしれません。

100均グッズや簡単にできるDIYで子ども靴の収納を工夫したいですよね。

子どもが成長するにつれ、生活習慣を身につけるようになり、子どもが自分で靴をはけるようになったら、さまざまなグッズを使った収納方法や収納に使える工夫を取り入れてみましょう。子ども靴がはきやすく片づけやすい収納を心がけたいですね。

2019年05月20日

おすすめユーザーのコメント
2
    YSK
    シーズン物とフォーマル用など保管でかさばりますよね。 我が家もシューホルダーを活用してます。
    loco
    最近、ひとり歩きができるようになってから靴が大好きで、くっくー!と言って自分で履きたがるようになりました。共働きになって大人の靴も増えてきたのでそろそろ収納を考えたいです。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧