1歳の誕生日の写真の撮り方。スタジオや自宅で撮影するときの服装

1歳の誕生日の写真の撮り方。スタジオや自宅で撮影するときの服装

ママたちがした飾り付けの演出など

1歳の誕生日に記念写真を撮りたいとき、どのように撮影しようか考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、1歳の誕生日の写真はどこで撮るかや服装選びのポイント、スタジオで写真撮影するときの工夫と自宅で撮影するときの飾り付けや演出について体験談を交えてご紹介します。

1歳の誕生日の写真はどこで撮る?

子どもが初めて誕生日を迎える1歳の記念として、記念写真を撮影したいママやパパもいるようです。ママたちに、1歳の誕生日の写真はどこで撮影したのかを聞いてみました。

「写真スタジオで撮影してもらいました。百日記念のときにも撮影してもらっており、撮影の流れやスタジオの雰囲気がわかっていたのでこちらも安心して撮影してもらえました」(20代男の子のママ)

「うちの子は場所見知りをするタイプなので、自宅で記念写真を撮りました。お気に入りのおもちゃで遊ぶなど普段の様子を写真に残すことができました」(40代女の子のママ)

「ちょうど桜が満開の時期だったので屋外で撮影しました。桜の木を背景にしたり芝生に寝そべったりと季節にあわせたかわいい写真が取れました」(30代男の子のママ)

写真スタジオや自宅、屋外など記念写真を撮った場所はさまざまなようです。どのような雰囲気の写真を撮影したいかイメージすると、撮影する場所を決めやすかったというママの声もありました。

1歳記念写真の服装選びのポイント

1歳の誕生日
iStock.com/Ceneri

ママたちに聞いた、誕生日の記念写真を撮るときの服装選びのポイントをご紹介します。

撮りたいイメージにあわせる

「写真を見返したときに1歳の誕生日だとわかりやすい服装にしたいと思いました。胸元に大きく『1』とプリントされているTシャツと、Tシャツが目立つように無地のボトムスを用意しました」(30代男の子のママ)

どのような写真を撮りたいかをイメージして服装を決めたママがいるようです。他にも、普段の様子を撮影したいのでカジュアルな服装を用意したというママの声もありました。

背景とのバランスを考える

「写真スタジオを見学したとき、洋風でアンティーク調の背景が気に入ったので服装も同じテイストにあわせました。刺繍の入った襟つきワンピースに白いタイツ、ストラップシューズでコーディネートすると、背景とのバランスがよかったです」(20代女の子のママ)

背景とのバランスを考えた服装を用意すると、統一感のある写真になりそうですね。背景がシンプルなときは柄物を取り入れた服装に、背景が賑やかなときはシンプルな服装にするとバランスが取りやすいかもしれません。

家族でテイストをあわせる

「1歳の誕生日の記念に家族写真も撮りたいと思い、家族でテイストをあわせた服装を用意しました。テーマを白いトップスとデニムのボトムスにすると、それぞれ違うお店で用意したアイテムを着てもまとまりのある記念写真に仕上がりました」(40代男の子のママ)

家族写真を撮影する場合、家族でテイストをあわせるのもよいかもしれませんね。ママのなかには、カジュアルやフォーマルなど服装のテイストをあわせるだけでも、まとまりのある写真が撮影できたという声も聞かれました。

スタジオで写真撮影するときの工夫

実際に、ママたちがしたスタジオで写真撮影をするときに工夫したことをご紹介します。

空いている日時に予約する

「慣れない場所での撮影で子どもがぐずってしまわないか心配だったので、お店の人に空いている日時を確認して予約しました。前後に空きがある時間帯に予約すると、時間にもゆとりがあるのでよい表情が撮れるまでカメラマンが撮影してくれました」(30代男の子のママ)

スタジオが空いている日に予約すると、時間にゆとりをもって撮影することができたというママの声がありました。スタジオによっては、カメラマンの他に子どもをあやしてくれるアシスタントスタッフが対応してくれることもあるようなので、空いている日時を確認して予約するとよいかもしれませんね。

機嫌がよい時間帯に予約をする

「1歳の頃、夕方になると泣くことが多かったので機嫌がよい午前中にスタジオを予約しました。子どもの機嫌がよい時間帯を選ぶと、笑顔を見せることが多かったので撮影もスムーズに進みました」(20代女の子のママ)

子どもの機嫌がよい時間帯に予約をしたママがいるようです。撮影や写真選びの時間帯が、普段の食事やお昼寝の時間にかからないように予約時間を調整すると子どももすごしやすくなるかもしれませんね。

お気に入りのおもちゃを用意する

おもちゃ
iStock.com/Avosb

「スタジオで撮影するとき、子どものお気に入りのおもちゃを持っていきました。慣れない場所での撮影でも、大好きなおもちゃを見つけると喜んでくれたので、よい表情の写真をたくさん撮ってもらうことができました」(40代男の子のママ)

子どもにお気に入りのおもちゃがある場合、スタジオに持参したママもいるようです。お店によっては同じ時間帯に他の利用客がいることもあるようなので、音の鳴るおもちゃを用意するときは撮影前に使ってもよいかスタッフに確認するとよいかもしれませんね。

自宅で撮影するときに意識したこと

1歳の記念写真を自宅で撮影したいと考えるママもいるようです。ママたちに、自宅で撮影するときに意識したことを聞いてみました。

飾り付けをする

「自宅の壁に飾り付けをしました。『HAPPY BIRTHDAY』と書かれたガーランドやケーキの形のバルーンを飾ると、誕生日らしい雰囲気になって記念となる写真を撮影できました」(30代男の子のママ)

自宅の壁を誕生日らしい雰囲気になるよう飾り付けしたママがいるようです。ママのなかには、ペーパーフラワーやおむつケーキを用意して背景となる場所を飾り付けしたという声も聞かれました。

演出を考える

「リビングの柱に身長計を貼り付け、その横に立った状態で撮影しました。今後も同じ場所で誕生日の記念撮影をし、成長記録にしたいと思いました」(30代女の子のママ)

毎年同じ場所で誕生日の記念撮影をすることで、成長記録にもなるような演出を考えたママがいました。将来、撮影した写真を動画にして二十歳の誕生日に上映するなどさまざまな演出にも使うことができそうですね。

1歳の誕生日記念に写真撮影をしよう

1歳誕生日
iStock.com/Samira Qadir

1歳の誕生日の記念写真を撮影するときは、どのような写真にしたいか考えて場所を決めたり、撮りたいイメージにあわせて服装を用意したりするとよさそうです。スタジオで写真撮影するときは、子どもの機嫌がよい時間帯を選ぶなどの工夫をしたママもいました。

自宅で撮影するときには、事前に飾り付けや演出を意識するとよいかもしれません。子どもの成長をお祝いする方法のひとつとして、1歳の誕生日の記念写真を撮れるとよいですね。

2019年05月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧