母の日に1歳児と作るプレゼント。ママたちに聞いた製作アイデア

母の日に1歳児と作るプレゼント。ママたちに聞いた製作アイデア

感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ろう

母の日に、1歳児と製作したプレゼントを贈って感謝の気持ちを伝えたいと考えるパパもいるかもしれません。今回の記事は、ママたちが貰って嬉しかったプレゼントや1歳児と楽しむ製作アイデア、細かい材料に気をつけるなど1歳児と製作するときのポイントについてママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。

1歳児と母の日のプレゼントを作ろう

日頃の感謝の気持ちを伝える母の日に、1歳の子どもといっしょに製作した手作りプレゼントを贈りたいと考えるパパもいるのではないでしょうか。ママにはどのような手作りプレゼントが喜んでもらえるのかや、1歳の子どもと楽しく製作できるアイデアを知りたい方もいるかもしれません。

そこで、今回は1歳の子どもと手作りする母の日のプレゼントについて、ママやパパたちの体験談を集めてみました。

ママが嬉しかった手作りプレゼント

実際に、ママたちはどのような手作りプレゼントを貰っているのでしょう。貰って嬉しかった手作りプレゼントについて、ママたちに聞いてみました。

パパと子どもからのメッセージカード

手作りカード
Andrianova Tanya/Shutterstock.com

「パパのメッセージと娘がお絵描きした画用紙を切り取ったものが貼られた、かわいらしいメッセージカードを貰いました。まだ赤ちゃんだと思っていた娘の成長を感じ、手作りの作品に込められたパパの気持ちがとても嬉しかったです」(30代ママ)

母の日に、1歳の子どもとパパからのメッセージカードを貰ったママがいるようです。ママのなかには、カーネーションの花束に添えられた手作りのメッセージカードに感激したという声もありました。

プラ板のキーホルダー

「プラ板を使った手作りのキーホルダーは、お守り代わりにお気に入りのかばんにつけています。息子がプラ板に描いた絵を見るたび、温かい気持ちになります」(20代ママ)

プラ板のキーホルダーを貰ったママもいるようです。持ち歩けるようにキーホルダーやストラップをつけておくと、いつも身近に家族の存在を感じられるプレゼントになるかもしれませんね。

手形フレーム

「折り紙を切り抜いた手形が貼られた、手形のフレームを貰いました。1歳になった息子の手形がかわいらしく、目につきやすいリビングに飾っています」(20代ママ)

母の日に、1歳の子どもの手形を貼ったフレームを貰ったママもいるようです。ママのなかには、カーネーションの花や動物に見立てた子どもの手形フレームを貰ったという声も聞かれました。

1歳児と楽しむ製作アイデア

1歳児と母の日のプレゼントを楽しく手作りできるアイデアを知りたいパパもいるかもしれません。実際に製作したパパに、材料や作り方を聞いてみました。

絵を描く

「娘がなぐり書きをするようになってきたので、いっしょに紙皿の壁掛けを作りました。紙皿の上に娘が絵を描き、私も手伝っていっしょに花やハート型のシールを貼って飾りつけ、壁にかけられるようリボンをつけたら完成です。妻は目につきやすいリビングに飾って楽しんでくれています」(20代パパ)

1歳の子どもが絵を描いたものにパパが飾りつけをして、母の日のプレゼントを製作したパパがいるようです。他にも、お絵描きした紙を切って紙コップに貼りつけ、そのなかにママの好きなお菓子を入れてプレゼントしたというパパの声もありました。

手形や足型を取る

子どもの手形
Julija Sulkovska/Shutterstock.com

「1歳になった息子といっしょに手形アートに挑戦しました。布製キャンバスの上の部分に花の絵を描き下の部分に息子の手形を押して、妻に花束を差し出しているような絵に見えるよう作ると子どもの成長の記念にもなるプレゼントになったと思います」(30代パパ)

1歳になった子どもの手形や足型を使って、母の日のプレゼントを製作するのもよいかもしれません。パパのなかには、手にインクをつけるとき、子どもの手をスタンプ台に持っていくと嫌がったので、パパがスタンプ台を持って子どもの手の平にインクをつけると製作しやすかったという声も聞かれました。

紙をちぎる

「1歳になり紙をちぎれるようになったので、母の日の製作に取り入れてみました。空き瓶のラベルの上から、娘がちぎった折り紙をのりで貼りつけ、一輪挿しを作りました。妻も気に入ってくれたようで、花を挿して玄関に飾ってくれています」(30代パパ)

1歳の子どもができるようになったことにあわせて、紙をちぎってプレゼントを製作してみるのもよいかもしれません。ちぎった紙を貼りつけるときは、スティックのりや両面テープを使うと手が汚れにくく子どもといっしょに貼りつけやすかったというパパの声も聞かれました。

1歳児と製作するときのポイント

1歳児といっしょに母の日のプレゼントを製作するときには、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。製作するときのポイントについてパパたちに聞いてみました。

細かい材料に気をつける

「製作するときの材料を息子が口に入れてしまうことがないよう、細かいパーツに気をつけました。細かい材料は離れた場所に置いたり、切った後の紙切れなども使い終わったらすぐ捨てるなど目の前に置かないようにしました」(20代ママ)

1歳児の子どもと母の日のプレゼントを製作するときは、細かい材料に気をつけるとよさそうです。パパのなかには、あらかじめ材料を切るなど下準備をしておき、製作するときに細かいパーツを使わないようにしたという声もありました。

子どもの気持ちを大切に考える

「息子の様子を見て、機嫌がよく、やりたい気持ちがあるときに製作しました。一旦始めたあとでも、息子の気持ちが向かないときは無理をせず別の日にもう1度挑戦しました」(30代ママ)

1歳児と製作するときには、子どもの気持ちを尊重して楽しく作れるよう工夫することも大切かもしれません。パパのなかには、シールを貼ったり紙をちぎってみたりと何種類かやってみて、子どもが興味を示したもので製作したという声も聞かれました。

1歳児と母の日のプレゼントを製作しよう

絵を描く子ども
iStock.com/ziggy_mars

母の日に、1歳児の子どもとさまざまなプレゼントを製作したパパがいるようです。
1歳児が材料を口に入れないよう、細かいパーツを子どもの周りに置かないよう気をつけることも製作するときのポイントかもしれません。

子どもが楽しめるよう工夫しながら、母の日のプレゼントを手作りして感謝の気持ちを伝えられるとよいですね。

2019年03月05日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧