妊娠祝いのプレゼントには何を贈る?メッセージを添えてお祝いしよう

妊娠祝いのプレゼントには何を贈る?メッセージを添えてお祝いしよう

結婚祝いとは別に用意したプレゼントなど

妊娠祝いのプレゼントはどのようなものがよいのかや、妊娠をきっかけに結婚した友だちへメールでお祝いのメッセージを伝えたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中にプレゼントするときに意識したことやプレゼントしたもの、プレゼントにメッセージを添えるときのコツを体験談を交えてご紹介します。

妊娠祝いにプレゼントを贈りたい

友人や親戚が妊娠したとき、お祝いの気持ちとしてプレゼントを贈りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。妊娠をきっかけに結婚した場合、結婚祝いとあわせて妊娠祝いのプレゼントを用意したいというママもいるかもしれません。

ママたちは、妊娠祝いにどのようなプレゼントを贈ったのでしょう。

妊娠中にプレゼントするときに意識したこと

妊娠祝いのプレゼントを贈るときは、妊娠中の相手を気遣ってプレゼントを渡せるとよいかもしれません。ママたちに、妊娠中の相手にプレゼントするときに意識したことを聞いてみました。

妊婦さん自身が使えるものにする

「妊娠中の友だち自身が使えるものをプレゼントしたいと思いました。結婚してすぐに妊娠がわかったそうなので、夫婦で使える結婚祝いとは別に妊婦さん自身が楽しめるものを選んだのでとても喜んでもらえました」(20代ママ)

妊娠祝いを選ぶとき、妊婦さん自身が使えるものを意識したママがいるようです。妊娠中の相手の身体を労わるものやリラックスできるようなグッズをプレゼントすると、贈り主の気持ちが伝わりやすいかもしれませんね。

相手の好みにあわせる

リビングスペース
iStock.com/Customdesigner

「私の友だちは映画鑑賞が趣味なので、妊娠中も自宅で映画を楽しめるようにDVDを贈りました。いっしょに映画館へ行ったときに『もう一度観たい』と言っていた作品を手渡しでプレゼントしたのですが、包装を開けた瞬間の驚いた表情に私も嬉しくなりました」(30代ママ)

相手の好みにあわせたプレゼント選びをすると相手も喜んでくれそうですね。好きなお店や普段のコーディネートから相手の好みを考え、実用的なプレゼントを選んだというママの声もありました。

渡すタイミングを考える

「自分が妊娠したときの経験から、妊娠中はデリケートな時期かもしれないと思いました。そこで、安定期に入った頃に連絡して『プレゼントを贈りたいので会えませんか?』と渡すタイミングを相手にあわせました」(40代ママ)

妊娠中の相手の気持ちを想像して、どのタイミングでプレゼントを渡すか考えたママがいるようです。他には、安定期に入る前でも妊娠中の相手と直接会う機会があったので、相手の様子を見てからプレゼントをその日に渡すか考えたというママの声もありました。

妊娠祝いでプレゼントしたもの

妊娠をしたお祝いには、どのようなプレゼントを贈ると喜ばれるのでしょうか。実際に、ママたちが妊娠祝いでプレゼントしたものをご紹介します。

冷え取りグッズ

「冬に妊娠した友だちとメールをしているとき、『足先が冷える』と書いてありました。やさしい肌触りの冷え取りソックスをプレゼントすると、気に入ってくれたようで長く使ってくれたようです」(30代ママ)

「妊娠祝いにストールをプレゼントしました。『病院の待合室で冷房の風が直接あたるときや、夕方になって肌寒く感じたときに使いやすくて助かってるよ』という内容のメールをもらったときは私も嬉しかったです」(40代ママ)

靴下やストールなどの冷え取りグッズをプレゼントしたママもいました。妊娠中は体を冷やさないように意識する方もいるようなので、相手の好みにあわせてネックウォーマーや腹巻などをプレゼントするのもよいかもしれませんね。

スキンケアアイテム

スキンケアアイテム
iStock.com/anneleven

「妊娠中の姉に、妊娠線予防にも繋がると表記されていたボディクリームをプレゼントしました。妊娠中は今まで好きだった香りが苦手になることもあると聞いたので、無香料のタイプを選びました」(20代ママ)

妊娠中の体を潤すスキンケアアイテムをプレゼントするのも喜ばれるかもしれませんね。妊娠祝いを渡す時期が妊娠後期だったので、出産後に赤ちゃんとママが兼用で使うこともできる肌にやさしい成分の保湿剤をプレゼントしたというママの声もありました。

ノンカフェインの飲み物

「紅茶が好きな友だちに、妊娠中も飲みやすいノンカフェインの紅茶をプレゼントしました。数種類のフレーバーのティーバッグがセットになっているものを贈ると『その日の気分で選ぶのが楽しみになっているよ』とお礼のメールが届きました」(40代ママ)

相手の好みにあわせたノンカフェインの飲み物をプレゼントしたママもいるようです。妊娠中は体調が優れず外出できない場合もあるかもしれません。飲み物のギフトは自宅にいながらカフェのような気分を味わえるなど気分転換の時間にも役立ててもらえそうですね。

プレゼントにメッセージを添えるときのコツ

妊娠祝いのプレゼントといっしょにメッセージを贈りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちに、プレゼントにメッセージを添えるときのコツを聞いてみました。

相手をいたわる内容にする

「私の前では元気な姿を見せていても、1人のときはつわりなど大変なときがあるかもしれないと思いました。自分の体のことを1番に考え、無理をしすぎないでほしいという気持ちをメッセージにして伝えました」(30代ママ)

相手の体をいたわる内容のメッセージは、受け取った相手も嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。ママのなかには、体の他にも気持ちに寄り添った内容のメッセージを書いたという声もありました。

短めにまとめる

「妊娠祝いのプレゼントに添えるメッセージは、短めの文章がよいと思いました。気楽な気持ちで受け取ってほしいと思ったので、名刺サイズのカードに3文程度でまとめるように意識しました」(40代ママ)

プレゼントを贈った相手が気軽に受け取れるような配慮として、メッセージを短めにまとめたママがいるようです。短いなかにも、妊娠をお祝いする気持ちや相手をねぎらう気持ちを伝えられるとよいですね。

妊娠祝いのプレゼントは相手の好みにあわせて

プレゼントを持つママと男の子
iStock.com/maroke

妊娠祝いのプレゼントを選ぶとき、妊婦さん自身が使えるものをタイミングを考えて渡したというママがいるようです。

妊娠祝いのプレゼントは、普段使いしやすい冷え取りグッズやスキンケアアイテムをプレゼントするのもよいかもしれません。メッセージを添えたりメールを送るときは丁寧な言葉を使うと、相手も喜んでくれるのではないでしょうか。

妊娠をきっかけに結婚した方にも、結婚祝いとは別に相手の好みにあわせた妊娠祝いを選べるとよいですね。

2019年03月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧