子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

入園式の子どもの髪型。簡単なアレンジのアイデアや工夫したこと

入園式の子どもの髪型。簡単なアレンジのアイデアや工夫したこと

男の子や女の子のヘアスタイルのポイント

入園式の子どもの髪型を考えたとき、ボブなど長さ別の簡単なヘアアレンジや男の子の髪型が気になることもあるかもしれません。今回の記事では、カチューシャを使うなど女の子の髪型アレンジや男の子のヘアスタイル、帽子をかぶるときの工夫やヘアアレンジで意識したことについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

入園式の子どもの髪型はどうする?

幼稚園や保育園の入園式では、子どもの髪型をどのようにしようか悩むこともあるのではないでしょうか。子どもの髪型を簡単にアレンジして、いつもとは違うすてきなセレモニースタイルにできると子どもが喜んでくれることもあるかもしれません。ママのなかには、ボブやロングなど長さにあわせたヘアアレンジの工夫や意識したいポイントが知りたいという声もありました。

今回は、入園式の女の子や男の子の髪型の簡単アレンジや工夫について、ママたちの声を集めてみました。

入園式の女の子の簡単ヘアアレンジ

入園式の女の子のヘアアレンジはどのようにしているのでしょうか。ママたちに女の子の髪型の簡単アレンジについてアイデアを聞いてみました。

ひとつまとめのアレンジ

掲載写真に関するお問い合わせ

「入園式の髪型は、顔周りがすっきりするように編み込みをしながら一つにまとめた簡単なアレンジにしました。すくった毛束を下側に編んでいく裏編み込みにすると、編み込み部分が映えて素敵に仕上がりました」(30代女の子ママ)

「頭の後ろで、低めにひとつにまとめてお団子ヘアにアレンジすると簡単でした。お団子の下部分にリボンのヘアアクセサリーをとめたことで、帽子をかぶるときも邪魔になりにくかったようです」(20代女の子ママ)

女の子の髪をひとつにまとめた髪型のアレンジは、簡単に取り入れやすく、顔周りもすっきりしそうですね。他にも、ポニーテールの毛束をお団子にするときにリボンに見立てたアレンジにしたというママの声もありました。

ふたつまとめのアレンジ

掲載写真に関するお問い合わせ

「ツインテールの毛束を2カ所ほどゴムで結んでほぐした玉ねぎヘアにしました。髪の毛を2つにわけるときに、ジグザグにわけるなど工夫すると、後ろ姿もかわいかったです」(40代女の子ママ)

「いつものツインテールを入園式用に特別感が出るようアレンジしようと思い、前日の寝る前に三つ編みを作ってくせをつけておきました。子どもに『明日起きたらお姫さまのようになるよ』と言っておいたところ、翌日張り切って起きてきてくれました」(30代女の子ママ)

ツインテールのヘアアレンジは、髪の毛の分け方や結んだ毛束を工夫することで、アレンジの幅も広がりそうです。ふたつ結びの髪型は、園の制服のベレー帽子をかぶったときにもかわいらしさが演出できたというママの声もありました。

カチューシャ使いのアレンジ

「うちの子はボブヘアだったので、かわいいカチューシャを使ったアレンジをしました。ブローをしてカチューシャをつけるだけなので簡単に取り入れやすいですし、子どもも鏡を見て嬉しそうでした」(20代女の子ママ)

「ハーフアップスタイルの髪型のポイントに、サテンのリボンのカチューシャを使いました。園の制服と同じ紺色を選んだので、清楚で上品な雰囲気に仕上がりました」(30代女の子ママ)

カチューシャを取り入れたヘアアレンジは、ボブやロングなど髪の長さに関係なく簡単に取り入れやすそうですね。カチューシャのデザインにはさまざまな種類があるようなので、子どもが気に入るものをいっしょに選ぶとより喜んでくれるかもしれません。

入園式の男の子の簡単ヘアアレンジ

入園式の男の子のヘアアレンジはどのようにしているのでしょうか。男の子の髪型の簡単アレンジについてアイデアを聞いてみました。

ナチュラルスタイル

掲載写真に関するお問い合わせ

「うちの子は当時マッシュルームヘアだったのですが、入園式当日は、子どもの髪質を活かしたナチュラルスタイルにしました。事前に美容院で髪の毛を整えておいたので、当日はブローするだけと簡単にできたのもよかったです」(30代男の子ママ)

入園式の男の子の髪型は、あえてアレンジを加えないナチュラルスタイルを選んだママもいるようです。寝癖などが気になる場合は、ヘアブラシや水を使ってきれいに整えたというママの声もありました。

動きの出るスタイル

「オーガニックワックスを少し使って、アシンメトリーの前髪部分を横に流したスタイリングにしました。担任の先生から『髪型がきまってかっこいいね』とほめられて息子も喜んでいました」(20代男の子ママ)

「ツーブロックの長めのトップ部分にワックスを馴染ませて簡単に整えました。動きが出るような髪型にすることで、元気なイメージでもきちんとした雰囲気に仕上がりました」(30代男の子ママ)

ワックスなどを使って男の子の髪型を簡単にアレンジしたママもいるようです。少量のスタイリング剤でも、毛先の部分にワックスをつけるなど工夫次第で、いろいろなヘアスタイルにアレンジできるかもしれません。

入園式の子どものヘアアレンジで工夫したこと

入園式の子どものヘアアレンジでママたちはどのようなことを工夫しているのでしょうか。気をつけたことや意識したことについてもあわせて聞いていました。

崩れにくい髪型にする

「上の子の入園式のときに、幼稚園の帽子を自分でかぶったり脱いだりすることで、せっかく整えた髪型が崩れてしまうことがありました。下の子の入園式では、髪型が崩れにくいように結び方を気をつけました」(20代女の子ママ)

幼稚園や保育園の制服で帽子をかぶる場合は、崩れにくい髪型になるように意識するとよいかもしれません。女の子の髪を結ぶときは耳の下や低めにしたという声や、ほどけにくいようにしっかり結ぶようにしたという声もありました。

子どもの気持ちを大切にする

「初めての入園に子どもも緊張しているようだったので、子どもの気持ちを優先したいと思いました。髪型はなるべく短時間で整えて、嫌がる場合はあまり無理しないように意識しました」(30代男の子ママ)

子どもの気持ちを大切にしながら、入園式の髪型を整えるように気をつけたというママもいるようです。幼稚園や保育園の入園式に子どもが笑顔で参加できるように、子どもの気持ちに寄り添うことも大切なことかもしれませんね。

髪型を工夫して入園式を笑顔で迎えよう

桜の花びらを持つ子ども

幼稚園や保育園の入園式の髪型は、帽子をかぶっても崩れにくいかどうかや、初めての入園式に臨む子どもの気持ちを大切にしながら考えているママがいるようです。

カチューシャを使った女の子のヘアアレンジは、ショートやボブなど髪の長さに関係なく簡単にできそうですね。また、男の子の髪型は、スタイルング剤を使って整えたというママもいるようです。簡単な髪型アレンジの工夫で、入園式を笑顔で迎えられるとよいですね。

2019年03月09日


1

    いしし@プレパパ修行中
    そういえば男の子とかは何歳くらいから自分で髪をセットするようになるんだろう。。。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事