使い捨てトレーニングパンツを選ぶ理由。紙おむつからの切り替え

使い捨てトレーニングパンツを選ぶ理由。紙おむつからの切り替え

トレーニングパンツを使うとき意識したこと

子どものおむつはずしを考えているママの中には、使い捨てトレーニングパンツの使い方や、紙おむつから切り替えるタイミングについて気になる方もいるのではないでしょうか。今回は、使い捨てトレーニングパンツに切り替えたタイミングや選んだ理由、紙製、布製それぞれを組みあわせた使い方について体験談をご紹介します。

使い捨てトレーニングパンツへの切り替え

トイレトレーニングをしようと考えているママの中には、紙おむつから使い捨てのトレーニングパンツへの切り替えを考えている方もいるかもしれません。

ママたちはどのようなタイミングで切り替えようと思ったのでしょうか、体験談を聞いてみました。

「トレーニングパンツは紙おむつよりも濡れた感覚がわかると聞いたので、トイレトレーニングのスタートとして使いました。子どもがおしっこをしたときに不快感を感じ、そこからスムーズにおむつはずしができればよいなと思います」(30代ママ)

「今までずっと紙おむつを使っていましたが、どのようにトイレトレーニングを進めればよいか悩んでいました。赤ちゃん用品売場で使い捨てのトレーニングパンツを見て、使ってみようと思いました」(20代ママ)

トイレトレーニングの第一歩としておむつからトレーニングパンツへと移行したママもいるようです。使い捨てのトレーニングパンツと布製のトレーニングパンツ、どちらを使った方がよいのかわからず、両方買い揃えたというママの声もありました。

使い捨てトレーニングパンツを選んだ理由

トレーニングパンツにはパンツと同じように履ける布製のものと、紙おむつと同じ紙製のものがありますが、使い捨てトレーニングパンツを選んだママたちに選んだ理由を聞いてみました。

捨てるだけなので後処理が楽

ゴミ箱
iStock.com/Spiderstock

「使い捨てトレーニングパンツは捨てるだけなので、後処理が楽で使いやすかったです」(20代ママ)

後処理が楽だということから、使い捨てトレーニングパンツを選んだママもいるようです。洗う手間もなく忙しいママにとっては便利かもしれませんね。

洗濯と掃除の手間がかからない

「使い捨てトレーニングパンツは洗濯をする必要がないところがメリットだと思います。濡れた感覚はありながらもおしっこが漏れることはあまりないので、床が濡れることも少なく、掃除の手間がかからないこともよいところです」(30代ママ)

洗濯と掃除の手間が省けるという理由から、使い捨てトレーニングパンツを選んだママもいるようです。仕事と育児を両立しており少しでも家事の負担を減らしたかったので、使い捨てトレーニングパンツは便利だったというママの声もありました。

子どもが抵抗を感じなかった

「紙おむつと同じ感覚で履ける使い捨てトレーニングパンツのほうが、子どもが抵抗なく履いてくれるかと思いこちらを選びました。子どもが嫌がらずに履いてくれたので、トレーニングパンツへの切り替えがスムーズにできたように感じました」(30代ママ)

紙おむつと同じ感覚で履いてくれるのではないかと考えたママもいるようです。ドラッグストアや赤ちゃん用品売り場へ行き、子どもが気に入ったデザインのものを選ぶようにしたというママの声もありました。

使い捨てトレーニングパンツをどう使っていた?

ママたちは実際に使い捨てトレーニングパンツをどのように使っていたのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

布製のトレーニングパンツと交互で

布製のトレーニングパンツ
iStock.com/kasjato

「基本的には使い捨てのトレーニングパンツを使っていたのですが、時間に余裕のあるときは布製のトレーニングパンツを使っていました。いずれ布パンツを履くようになるので、慣れたほうがよいのかなと考えてそのようにしました」(30代ママ)

「ずっと使い捨てトレーニングパンツを使い続けるとコストがかかるので、布製のトレーニングパンツと交互で使いました。布製のパンツを洗濯していてあまりがないときも、使い捨てのものを履かせていました」(20代ママ)

布製のトレーニングパンツと交互で使っていたというママもいました。時間がないときは使い捨てを使うなど、自分の都合にあわせて両方を使い分けたというママの声もありました。

パンツ型とパッド型を組みあわせて

「トイレに成功するようになってきたら、昼間は布パンツにトレーニングパンツをつけ、夜は紙おむつにするなどシーンによって使いわけをしていました。パッドの方が安いので、経済的でよかったです」(20代ママ)

「お出かけのときだけパンツ型のトレーニングパンツを履き、それ以外のときは布パンツにトレーニングパッドをつけてすごしていました。徐々に布パンツを履く機会を増やしていくことで、おむつが完全にはずれていけばよいなと思っていました」(30代ママ)

パンツ型とパッド型を組みあわせて使ったというママもいるようです。使い捨てのトレーニングパットは布パンツにあてるだけなので、よりパンツに近い感覚で使うことができそうです。

トレーニングパンツを使うときに意識すること

トレーニングパンツを使う意識をしていたことについてママたちに聞いてみました。

「トレーニングパンツを使い始めると、ズボンを脱いだり着たりということが多くなります。ズボンは子どもが着脱しやすいようにウエストゴムがゆるめのものや、ピッタリしすぎないデザインのものを選ぶようにしました」(30代ママ)

「トレーニングパンツを使っているときはこちらからの声掛けを大切に行っていました。『トイレに行きたくなったら声を掛けてね』『そろそろトイレの時間かな』などの声掛けをして、トイレのことを意識するようにしていました」(30代ママ)

トレーニングパンツを使うときには着脱しやすい衣服を選ぶことや子どもへの声掛けを意識して行っていたというママもいるようです。

子どものおむつはずしをするときは、トレーニングパンツを使うだけではなくしっかりコミュニケーションをとることが大切だと考えたというママの声もありました。

子どもにあわせてトレーニングパンツを使おう

ママが子供にトレーニングパンツを履かせている
iStock.com/iryouchin

トイレトレーニングを始めようと考えたきっかけで、使い捨ての紙おむつから、紙製や布製のトレーニングパンツに切り替えたというママがいました。

トレーニングパンツを使うときは着脱のしやすい衣服を着せたり声掛けをするなど、トイレトレーニングがスムーズに進むように工夫できるとよいかもしれません。子どもにあわせてトレーニングパンツを使っていけるとよいですね。

2019年01月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧