2歳の歯磨きのやり方。時間帯や回数と嫌がってできないときの工夫

2歳の歯磨きのやり方。時間帯や回数と嫌がってできないときの工夫

仕上げ磨きのやり方やポイント

2歳の子どもが歯磨きをするとき、朝は歯磨きしてないけれど夜だけでよいかなど朝晩の歯磨きする時間帯や回数、うがいや仕上げ磨きができないときのやり方などが気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、2歳の歯磨きのやり方やポイント、歯磨きを嫌がるときの工夫などママたちの体験談を交えてご紹介します。

2歳頃の子どもの歯磨きの悩み

2歳の子どもの歯磨きについて悩んでいるママもいるのではないでしょうか。ママたちはどのようなことで悩んでいるのか聞いてみました。

「うちの子は仕上げの歯磨きをすごく嫌がります。泣いて暴れるときは足で押さえながら仕上げ磨きをしているのですが、どのようなやり方なら嫌がらずに歯磨きしてくれるか悩んでいます」(30代ママ)

「朝は忙しくて歯磨きしてないことが多いので心配です。夜しか歯磨きをしないけれど歯磨きの回数が足りているのか気になります」(30代ママ)

「子どもが歯磨き粉を使って歯磨きしたいと言っているのですが、歯磨き後のうがいができないので困っています。どのようなうがいの練習方法があるのか知りたいです」(30代ママ)

2歳の子どもの歯磨きについての悩みはさまざまあるようです。子どもが歯磨きをした後、毎回仕上げ磨きをした方がよいのか知りたいというママの声もありました。

【体験談】2歳の歯磨きの時間帯と回数

2歳の子どもはいつもどの時間帯に歯磨きをしているのでしょうか。毎日の歯磨きの時間帯と回数についてママたちに聞いてみました。

「うちでは朝晩2回、食後に歯磨きをするようにしています。『ご飯食べたら歯磨きだよ』と言って習慣づけるようにしています」(20代ママ)

「朝は忙しくて歯磨きしてないです。夜寝る前に1回だけ歯磨きをするようにしているのですが、歯磨きせずに寝てしまったときなどは、朝に歯磨きすることもあります」(30代ママ)

「1日3回歯磨きしています。朝晩は親が歯磨きを手伝っていて、昼間は保育園で自分で歯磨きしているみたいです」(30代ママ)

2歳の子どもの歯磨きの時間帯や回数は家庭によってさまざまなようです。朝晩食後の歯磨きは子どもが自分でやって、寝る前に大人が仕上げ磨きするようにしているというママや、回数は多くできないので1回の歯磨きを丁寧にやるように心がけているというママの声もありました。

【体験談】2歳の歯磨きのやり方

赤ちゃん歯磨き
iStock.com/bee32

2歳の子どもの歯磨きのやり方やそのときのポイントについて知りたいママもいるかもしれません。ママたちはどのようなやり方で歯磨きをしているのか聞いてみました。

仰向けに寝かせる

「朝は忙しくて歯磨きしてないのですが、夜にしっかり仕上げ磨きの時間をとるようにしています。大人が正座しているところに子どもを仰向けに寝かせると歯がよく見えるので、磨き残しなども見つけやすかったです」(30代ママ)

仰向けに寝かせて歯磨きするようにしているというママもいるようです。仰向けに寝かせるとお互いの顔もよく見えるので、笑顔で声かけしながら仕上げ磨きをしているというママの声もありました。

口のなかを優しく磨く

「子どもを仰向けに寝かせて大きく口を開けてもらい、歯を1本ずつ丁寧に磨くようにしています。力を入れすぎると子どもが痛がるので、優しい力加減で磨くことを心がけています」(30代ママ)

仕上げ磨きするときは優しい力加減で磨くようにしているというママもいるようです。鉛筆を持つように歯ブラシを持つと優しい力加減で磨けるというママの声もありました。

短い時間で済ませる

「うちの場合、時間をかけてやろうとすると子どもが飽きてしまい途中で終わることがあります。子どもが集中できるよう、なるべく短い時間で済ませるようにして、歯磨きを習慣づけるようにしています」(30代ママ)

歯磨きの時間を短く済ませるようにしているというママもいるようです。短い時間でもしっかりと仕上げ磨きすることで、子どもに自分で歯磨きすることと、ママやパパの仕上げ磨きの両方を習慣づけることができたというママの声もありました。

うがいをする

「歯磨きをしたらうがいをするというのを習慣づけるようにしています。最初はうまく口から水を吐き出せず服を濡らしてしまうこともあったので、夜はお風呂で歯磨きとうがいをするようにしています」(30代ママ)

歯磨きの後はうがいまでいっしょにやるようにしているというママもいるようです。子どもがうがいをうまくできないとき、ママやパパがうがいのやり方のお手本を見せて子どもといっしょに練習しているというママの声もありました。

歯磨きを嫌がるときの工夫

子どもの歯磨きを手伝うママ
iStock.com/monzenmachi

2歳の子どもが歯磨きを嫌がり、なかなか歯磨きができないことに悩んでいるママもいるかもしれません。子どもが歯磨きを嫌がるとき、どのような工夫をしているのかママたちに聞いてみました。

歯磨きの歌を聞きながら

「子どもが見ているテレビ番組の歯磨きの歌を聞いたり、私が歌ったりしながら、楽しく歯磨きするようにしています。歌にあわせて口をあけてくれるようになったので助かっています」(30代ママ)

歯磨きの歌を聞きながら歯磨きをしているというママもいるようです。子どももママやパパも楽しい気持ちで歯磨きすることで、子どもも嫌がらずに歯磨きしてくれるというママの声もありました。

好きな味の歯磨き粉を使う

「上の子が使っている歯磨き粉を使いたがったことがありました。ちょうど歯磨きを嫌がっていたときだったので使ってみたら、歯磨き粉の味が気に入ったようで歯磨きを嫌がらなくなりました」(30代ママ)

子どもが歯磨きを嫌がるとき、子ども用の歯磨き粉を試してみたというママもいるようです。子どもの好きな味の歯磨き粉を見つけて使ってみるのもひとつの方法かもしれません。

終わった後にほめる

「歯磨きが終わった後に『よくがんばったね』と言って歯磨きできたことをほめるようにしています。ほめられると喜んで次の日も歯磨きさせてくれます」(30代ママ)

歯磨き後にがんばったことをほめるようにしているママもいるようです。鏡に子どもの歯を映して『がんばったから、こんなにピカピカになったね』と褒めると、子どもも実感がわくのか、歯磨きを嫌がらなくなったというママの声もありました。

歯磨きの習慣をつけよう

歯ブラシを持つ子どもの手
iStock.com/NadinPanina

2歳の子どもの歯磨きの時間帯や回数は朝だけ、夜だけ、朝晩など家庭によってさまざまなようです。朝は忙しく、歯磨きしてないというママの声や、夜にしっかり磨くようにしているというママの声もありました。子どもが嫌がって歯磨きができない場合は歌を歌ったり好きな味の歯磨き粉を使ったりと工夫してみるとよいかもしれません。

うがいもいっしょに練習しながら子どもにあった歯磨きのやり方を見つけて、歯磨きの習慣をつけられるとよいですね。

2018年12月24日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧