ベビーカークリップの選び方。使い方や手作り方法など

ベビーカークリップの選び方。使い方や手作り方法など

アイテム別の活用方法とは

ベビーカーのクリップを考えたとき、100均で購入できるのかや手作りできるのかなどの用意の方法が気になったり、おもちゃや靴などに利用できるのかなと使い方について気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ベビーカークリップの使い方、選ぶときのポイント、手作り方法についてご紹介します。

ベビーカーで使うクリップ

ベビーカークリップとは、ベビーカーで使うブランケットやおもちゃなどが落ちないように使うアイテムのようです。ママたちがどのようなクリップを使っているのか聞きました。

「私は、両側がクリップのタイプを100均で買って使っています。ベビーカー以外で子どもの襟と帽子を留めておくのにも使えるので便利だと思います」(30代ママ)

「片側がクリップになっているタイプを使っています。もう片側がマジックテープになっているので、つけるアイテムに応じて使いわけしやすいと思います」(20代ママ)

ママたちがベビーカーに使うクリップには、さまざまなタイプがあるようです。ママたちのなかには、ベビーカークリップには、アイテムにあわせてどのような使い方をしたらよいのか気になるといった声や、100均の材料で手作りできるのか知りたいといった声がありました。

実際に、ママたちはベビーカークリップの使い方や選び方をどのようにしていたのでしょう。

【アイテム別】ベビーカークリップの使い方

ベビーカークリップをどのような使い方をしたらよいのか気になるママもいるようです。ここでは、ママたちがアイテム別にどのようなベビーカークリップの使い方をしたのか聞いてみました。

ブランケット

「両側クリップタイプでブランケットとベビーカーの日よけの下の辺りをつなげるような使い方をしています。両側クリップになっているタイプは、ブランケットの端同士をつなげて授乳ケープ代わりに使うこともできるので便利です」(30代ママ)

ベビーカーとブランケットをつなげて、赤ちゃんからブランケットがずれないようにする使い方があるようです。ママのなかには、ブランケットは薄いのでフィッシュクリップタイプを使って挟み込むと外れにくいといった声もありました。

おもちゃ

ベビーカーに取り付けられたおもちゃ
Gorlov-KV/shutterstock.com

「私は、片側クリップタイプを使って子どものおもちゃをベビーカーに取りつけています。マジックテープ側をおもちゃに巻くように取りつけておくと、簡単に取り外しができるのでチャイルドシートや抱っこひもへのつけ変えもしやすいです」(40代ママ)

「お気に入りの布おもちゃを落とさないように、両側クリップタイプ100均で購入してベビーカーにつけました。子どもが遊んでいる途中に寝てしまっても、クリップで留めてあることで、落としたりなくす心配がありません」(30代ママ)

おもちゃを落としたりなくしたりしないためにベビーカークリップを利用することもあるようです。ママのなかには、子どものおもちゃを留めるクリップを選ぶときはキャラクターがついているタイプを選んだという声もありました。

赤ちゃんの靴
iStock.com/AnthonyRosenberg

「100均で靴用の洗濯ばさみタイプのベビーカークリップを見つけて購入しました。今までは靴を袋に入れたり出したりと大変でしたが、ベビーカーにクリップを取りつけてからは脱いだ靴をクリップに挟むだけなので楽に持ち運びできます」(20代ママ)

「ベビーカーに乗るときは、両側クリップタイプのベビーカークリップにそれぞれ靴を片方ずつ挟んでベビーカーに引っ掛けています。お座敷などの食事で靴を脱いだときすぐにまとめておくと、置き忘れることもないので便利です」(40代ママ)

子どもの靴の管理にもベビーカークリップを使うと簡単になるようです。ママのなかには、砂遊びなどで靴が汚れてもそのまま家に持ち帰れるので楽だったという声もありました。

ベビーカークリップ選ぶときのポイント

ベビーカークリップを選ぶとき、どのようなことをポイントに選んだらよいのか聞いてみました。

形状

「赤ちゃんの近くにつけるベビーカークリップを選ぶときには、赤ちゃんが触ったり口に入れたりすることがあると考えて小さな飾りがないベビーカークリップを選びました」(20代ママ)

赤ちゃんが触ったり口に入れることを考えて、ベビーカークリップの形状をポイントに選ぶこともあるようです。ママのなかには、クリップ部分がぬいぐるみになっているタイプを選ぶことで、クリップ自体が赤ちゃんのおもちゃになったという声もありました。

機能性

「紐部分の長さが調節できるタイプを選びました。クリップに取りつけるものにあわせて長さが調節できると便利だと思います」(30代ママ)

「子どもがクリップについているアイテムを引っ張っても外れにくいようにホールド力があるかどうかといった機能性も意識しました。実際に店頭で見本を触り、クリップが簡単にはずれないかを確認して購入しました」(40代ママ)

紐部分の長さ調節ができるかや挟む強さなどの機能性を考えて選ぶこともあるようです。ママのなかには、ベビーカー以外でも使える機能があるかといったことも考えてクリップを選んだという声もありました。

デザイン

「カラフルなデザインのベビーカークリップを選びました。クリップがベビーカーのポイントになることで自分のベビーカーが見つけやすくなりました」(20代ママ)

「ベビーカーに取りつけたままだと汚れやすいと思ったので、子どもの手の届く部分につけるベビーカークリップは、お手入れがしやすいようシンプルなデザインを選びました」(30代ママ)

デザインでクリップを選んだというママもいるようです。他には、珍しいデザインのクリップをつけていたら、他のママから声をかけられて仲良くなるきっかけになったというママの声もありました。

100均アイテムを使った手作り方法

ベビーカークリップを手作りしたいと考えるママもいるのようです。今回は片側クリップタイプの簡単な手作り方法をご紹介します。

用意するもの

・フィッシュクリップ
・平紐(フィッシュクリップの幅にあったもの)
・スナップボタン

材料は100均や手芸用品店で用意することができるようです。スナップボタンの代わりのマジックテープを使ってもよいそうです。両側をクリップにする場合は、フィッシュクリップを2個用意しましょう。

作り方

1.仕上がりの長さをイメージしながら、平紐を好きな長さに切ります。

2.フィッシュクリップに平紐を通し、縫いつけます。

3.クリップの反対側の使いやすい位置にスナップボタンを縫いつけてでき上がりです。

スナップボタンは細かいパーツのため、取れてしまわないようにしっかり縫いつけましょう。用途に応じて、サイズを変えたり、ゴムひもを使ったりするのもよいかもしれません。

ママのなかには、100均で材料といっしょに、リボンやくるみボタンを用意してかわいくなるようデコレーションしたという声もありました。

ベビーカークリップの使い方はさまざま

ベビーカーに乗る赤ちゃん

ベビーカークリップは種類や大きさなどさまざまあるようで、おもちゃや靴など必要に応じた使い方ができそうです。100均で材料を揃えて手作りもできるようなのでオリジナルのベビーカークリップを作るのもよいかもしれません。

ベビーカークリップのさまざまな使い方でベビーカーでのお出かけが快適になるとよいですね。

2018年12月09日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧