ミニサイズのベビーベッドを使う期間。ミニベビーベッドを選んだ理由や準備方法

ミニサイズのベビーベッドを使う期間。ミニベビーベッドを選んだ理由や準備方法

ミニサイズのベビーベッドを用意しようと考えているけれど、いつまで使えるのか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、ミニサイズのベビーベッドを選んだ理由や使う期間、準備方法についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

ベビーベッドを用意しよう

出産準備のためにベビーベッドを用意しようと考えているママもいるかもしれません。ベビーベッドの標準サイズは120×70cmのようですが、標準よりサイズが小さい90×60cmなどのミニベビーベッドもあるようです。ベッドを置くスペースや赤ちゃんにあわせてベビーベッドを選ぶ際、ミニサイズのベビーベッドにするか悩むママもいるかもしれません。

実際に、ミニサイズのベビーベッドを使っていたママたちは、どのような理由でミニベビーベッドを選び、いつまで使用していたのでしょうか。

ミニサイズのベビーベッドを選んだ理由

ミニサイズのベビーベッドをどのような理由で選んだのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

移動しやすい

「寝室の隣に居間があるので、日中は寝室からミニベビーベッドを移動して赤ちゃんを寝かせていました。ミニベビーベッドだと部屋のなかを移動しやすかったです」(30代ママ)

「ベッドの下はホコリがたまりやすいのですが、ミニサイズだと移動して掃除がしやすいです」(30代ママ)

ベッドの移動がしやすいという理由でミニサイズのベビーベッドを選んでいたママもいました。ベッドを移動するにはそれなりの力が必要かもしれませんが、ミニサイズだと1人でも移動しやすいのかもしれません。

場所を取りにくい

木製のベビーベッド
iStock.com/hkeita

「ベッドを置く部屋が狭いので、コンパクトなサイズの方がよいと思い、ミニサイズのベビーベッドを選びました」(30代ママ)

「ベビーベッドを置こうと考えたスペースに、ミニサイズのベビーベッドがちょうどあいました。見た感じもすっきりしていて圧迫感がありません」(20代ママ)

部屋が狭いことや、ベッドを置きたいスペースの幅のことを考えてミニサイズのベビーベッドを選んだママもいるようです。ミニサイズのベビーベッドはスリムな設計なので、寝室にある大人用のベッド横の狭いスペースにも置きやすかったというママの声もありました。

ミニサイズのベビーベッドを使う期間

ミニサイズのベビーベッドの使用期間は、ベッドにより異なるかもしれませんが、生後24カ月頃までとなっていることがあるようです。実際に赤ちゃんが使っていた期間はいつまでか知りたいママもいるかもしれません。ミニサイズのベビーベッドをいつまで使っていたか、ママたちに聞いてみました。

3カ月

「里帰り中は実家でミニベビーベッドを使っていました。家に戻ってきてからは、大人の寝るところがベッドから敷布団に変わったので、子どももあわせてベビーベッドを使うのをやめました」(30代ママ)

「赤ちゃんのためにミニベビーベッドを用意しましたが、夜中の授乳の頻度が多く、その度にベビーベッドから下ろすのが大変でした。途中から添い乳で寝るようにしたので、3カ月頃からベビーベッドは使わなくなりました」(20代ママ)

里帰りから戻ったときや、ママの夜中の授乳スタイルが変わったことで3カ月頃までミニベビーベッドを使っていたというママもいるようです。夜はミニベビーベッドの使用を止めたけれども、日中のお昼寝にはベッドを使っていたという声もありました。

半年

赤ちゃん
iStock.com/S_Kazeo

「生後5カ月くらいから寝返りをしはじめて、ベビーベッドの柵に頭や足をぶつけるようになりました。ミニサイズのベビーベッドが狭く感じるようになったので、半年程で使わなくなりました」(30代ママ)

「生後半年頃から添い寝をすると、すぐ寝ついてくれました。それからいっしょに寝るようになったので、半年程でミニベビーベッドをやめました」(20代ママ)

ミニベビーベッドをいつまで使っていたかは、寝返りするなど赤ちゃんの動きが活発になってきた、生後半年くらいまでだったというママもいるようです。生後6カ月でハイハイのような動きをしはじめたタイミングで、ベッドの使用をやめたというママの声もありました。

1年

「ミニベビーベッドは1年程使っていました。生後1年くらい経つと身長が伸びてきて、少し寝返りするとすぐ頭がぶつかっていました」(30代ママ)

「生後11カ月の頃にベッドの中でつかまり立ちして柵を揺らしていました。危ないと思い、ミニベビーベッドを使うのをやめました」(20代ママ)

身長が伸びてきたり、つかまり立ちしはじめたりする時期まで、ミニベビーベッドを使っていたというママもいるようです。赤ちゃんが歩けるようになったタイミングまでミニベビーベッドを使用していたというママの声もありました。

ミニサイズのベビーベッドの準備方法

ミニサイズのベビーベッドを準備する方法はいくつかあるようですが、それぞれの特徴についてママたちに聞いてみました。

レンタル

「ベビーベッドをいつまで使うかわからなかったので、早い時期に使わなくなったとしてもよいように、ミニベビーベッドをレンタルしました」(30代ママ)

「部屋の大きさから、ミニベビーベッドを置こうと考えていましたが、いつまでも長くは使わないと思い、6カ月ほどの期間でレンタルしました」(20代ママ)

ミニサイズのベビーベッドをレンタルで用意したというママもいるようです。実際いつまで使うかわからず、試しに使ってみようと考えていたり、使い終わったあとの保管方法に迷ったりする場合、レンタルする方法があうかもしれません。

購入

「ベッドから子どもの机に組み替えられるタイプのミニベビーベッドを購入しました。ベビーベッドを卒業したので、今は机として使用していますが、子どもも大事に使ってくれています」(30代ママ)

「ミニサイズのベビーベッドは使う期間が短いと考えていましたが、出産時期が数カ月違う親戚と使い回すことになったため、購入しました」(30代ママ)

多機能のものを選んで長く愛用することや、親戚間で他にも使う先があることなどから、ミニサイズのベビーベッドを購入したというママもいるようです。里帰り先用に、両親がベッドを購入してくれ、2人目の里帰り出産したときにも活躍していたというママの声もありました。

ミニサイズのベビーベッドを使う期間はさまざま

赤ちゃんとママ
iStock.com/itakayuki

出産準備などでベビーベッドを用意しようと考えたとき、移動のしやすさや場所をとりにくいなどの理由から、ミニサイズのベビーベッドを選んでいたママもいるようです。いつまで使えるかは、お世話の仕方や赤ちゃんの成長にあわせて半年や1年の期間とさまざまなのかもしれません。使う状況に応じてミニサイズのベビーベッドが準備できるとよいですね。

2018年09月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ