子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年04月01日

大切なペットが快適に過ごすためのケージの掃除方法。手順や便利な道具

大切なペットが快適に過ごすためのケージの掃除方法。手順や便利な道具

人間が住まいを掃除するように、犬などのペットも清潔な場所で生活させたいものです。普段どのような掃除方法でケージをきれいにしていますか? ケージの掃除方法についてまとめてみました。

ケージの掃除の方法、仕方

室内で飼われるペットが多くの時間を過ごす場所がケージでしょう。ペットの種類や大きさ、ペットの個性によってケージの大きさはバラバラで、材質や様式もそれぞれ違うようです。またシンプルにケージだけ用意する場合や、トイレスペースや給水トレーを設置する家庭など使い方もさまざまなようです。

ペットの抜け毛や汚れが溜まっているケージは、衛生的によくないでしょう。ペットや家族はもちろん、来客で自宅を訪れた人が不快と思わずに過ごすためにも、ケージは定期的に掃除をした方がよいでしょう。

ケージの掃除の手順

ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com

犬のケージは檻のような形をした金属製の本体部分と、床部分のトレーに分かれているものが一般的なようです。ケージを掃除する際は、パーツごとに汚れを取り除いていきましょう。ケージ本体、トレー部分、付属品の3つに分けて掃除方法をご紹介しましょう。

1.ケージ本体を掃除する

ケージ本体は金属でできているものが多く、比較的汚れが付着しにくい構造となっているようです。雑巾で汚れをとるか、薄めたアルコールスプレーを含ませた雑巾を使って拭きましょう。

汚れが気になる場合は、台所洗剤を使って洗うと汚れが落ちやすいようです。その場合はしっかりと水で洗い流し、外で自然乾燥するなどして乾かしましょう。

2.トレー部分を洗う

ケージの底部分はトレーのようになっているものが多く、取り外しやすくなっているようです。中にはトレーだけ外せる便利なタイプのものやプラスチック製のものもあり、掃除がしやすくなっているそうです。ケージのトレーはペットの毛が溜まりやすい場所でしょう。

ケージ内にトイレを設置している場合は尿が飛散する可能性あり、汚れが目立つこともあるようです。浴室などで水洗いし、汚れが気になる場合は台所用洗剤を使って洗いましょう。こちらもケージ本体同様、しっかりと乾かしてから使用するとよいようです。

3.付属品を掃除する

iStock.com/OlyaSolodenko

ケージ内にいっしょに入れているものがあれば掃除しましょう。給水皿やフードトレーを入れている場合は、毎日洗った方がより清潔かもしれません。ぬいぐるみや毛布などの敷物類は雑菌やにおいを溜め込みやすいものなので、こまめに洗うか取り替えましょう。汚れがひどくならないためにも、週に1度の掃除が望ましいようです。

あると便利なケージの掃除道具

用意しておくと効率よくケージを掃除できる、便利なアイテムをご紹介します。

ペットシーツ

子犬などトイレのトレーニングができていない場合、ケージのどこに尿をするか分かりません。排泄のたびにケージのトレーを洗うのも手間がかかりますので、トレーにペットシーツを敷いておくと便利かもしれません。

汚れたらペットシーツを取り替えるだけなので、トイレの習慣が身につくまではトレーに敷いておくと掃除が楽になるようです。

ペット用除菌消臭スプレー

Dmytro Zinkevych/Shutterstock.com

ペットの体臭や排泄の臭いを抑え、除菌も行う消臭除菌スプレーがあるようです。布にスプレーしてケージやトレーを拭くことにも利用できるでしょう。ケージの掃除が終わった後に全体に吹きかけておけば、除菌効果がアップするようです。

購入する際は、ペットに害のないタイプを選ぶと安心でしょう。

セスキ炭酸ソーダ水

家庭の掃除でも大活躍のセスキ炭酸ソーダ水ですが、ケージの掃除にも使えるようです。セスキ炭酸ソーダ水は高い洗浄力にもかかわらず、無機質で害が少ないことが特徴でしょう。

ケージのトレー部分全体にセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして数分置いた後、水でしっかりと洗い流すだけで汚れが落ちやすいようです。

【体験談】ケージ掃除のコツ

実際にペットのケージを掃除した人のエピソードをご紹介しましょう。ご家庭のケージを掃除する際のヒントになるかもしれません。

汚れが溜まるトレーはこまめに掃除

「衛生面のためにもケージのトレーはほぼ毎日洗っています。飼い犬は子供たちの部屋で寝るので、夜寝る前に洗って浴室で乾かしておき翌朝取りつけます。ケージを開けなくてもトレーだけ引き出せるタイプなので、毎日掃除していても手間は感じません。」

薬品は使わず水洗いと天日干し

「ペットのことを考えて、薬品系の洗剤は使わないようにしています。我が家のケージの掃除頻度は週に1度。ベランダで念入りに水洗いし、そのまま日に当てて自然乾燥させます。掃除した日のケージはペットも気持ちがよいようで、いつもより長くケージの中で眠っていますよ。」

ケージを掃除してきれいにしよう

iStock.com/Image Source

ペットが気持ちよく過ごすためにも、ケージを清潔に保つことが大切でしょう。ケージ本体とトレー部分という比較的シンプルな構造なので、一度ケージの掃除方法を分かってしまえば掃除がスムーズになるかもしれません。便利な掃除道具も上手く使いながら、ペットとの共同生活をより快適なものにしていきたいですね。

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧