子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年03月06日

洗面所の鏡の掃除方法。毎日使う洗面台の鏡をきれいに保つには

洗面所の鏡の掃除方法。毎日使う洗面台の鏡をきれいに保つには

毎日何気なく使っている洗面所。洗面台の鏡の掃除方法はご存知ですか?洗面台の鏡は汚れがひどくなると落としにくくなってしまう箇所なのでこまめに掃除したいですよね。洗面台の鏡の掃除方法をご紹介します。

洗面台鏡の掃除の方法や仕方

洗面台鏡の掃除は定期的にしていますか?鏡はとても汚れやすい部分。毎日家族みんなが使用する洗面所となるとなおさらではないでしょうか。洗面台の鏡をピカピカにする掃除方法を見ていきましょう。

鏡の掃除の手順

鏡掃除
Andrey_Popov/Shutterstock.com

鏡の掃除は表面に傷がつかないようにする必要があります。鏡の掃除の手順を見ていきましょう。

ガラス用洗剤を使用する場合

手垢やメイク汚れといった油汚れが気になるなら、ガラス用洗剤を使いましょう。洗面台の鏡にガラス用の洗剤をつけ、汚れている箇所をキッチンペーパーなどでふきます。そのあと乾いた柔らかい布でガラス用洗剤をふき取りましょう。

マイクロファイバークロスなら糸くずなど鏡につくことなくキレイになるようです。くすみが気になる部分も乾いたマイクロファイバークロスでふき上げると、仕上がりがピカピカになります。通常の雑巾などを使用する場合は、仕上げに眼鏡ふきを使うのもよいでしょう。

重曹やセスキ炭酸ソーダを使用する場合

油汚れにはガラス用洗剤のほかに重曹やセスキ炭酸ソーダでも対応できます。スプレーボトルに水100mlと重曹小さじ1もしくはセスキ炭酸ソーダを入れて混ぜ、重曹スプレーを作りましょう。それを鏡にふき付けキッチンペーパーなどで汚れを落とし、最後に乾いた柔らかい布などでふき上げてください。

クエン酸を使用する場合

鏡の水垢が気になるときにはクエン酸での掃除がよいようです。粉末状のクエン酸を使うなら、スプレーボトルに水500mlとクエン酸小さじ1を入れて混ぜ、クエン酸水を作りましょう。鏡全体にクエン酸水をふきつけてください。15分程度放置すると、クエン酸と汚れがなじみます。放置した後は柔らかい布でクエン酸水をふき取りましょう。

新聞紙を使用する場合

新聞紙でも鏡をきれいに掃除できます。新聞紙1枚をくしゃくしゃに丸めてから少し濡らしたもので鏡をふきましょう。そのあと乾いた新聞紙で鏡の水分をふき取るように磨き上げてください。これだけで鏡をピカピカにできます。

あると便利な洗面台鏡の掃除道具

掃除道具
Dmitry Naumov/Shutterstock.com

マイクロファイバークロス

マイクロファイバークロスは、極細繊維から作られています。吸水性が高いのが大きな特徴です。

特に鏡の掃除でタオル地の雑巾などを使用すると、細かい繊維が鏡につくと気になってしまうもの。マイクロファイバークロスなら、繊維が鏡に残ることなくキレイにふき上げることができます。鏡掃除の仕上げに使いたい有能掃除道具です。

眼鏡ふきのクロス

マイクロファイバークロスと同様、眼鏡ふきも鏡掃除にうってつけです。その理由はふき後が残らないこと。仕上げに眼鏡ふきのクロスで鏡を磨き上げることで、ピカピカに仕上げることができます。

重曹やセスキ炭酸ソーダ

いろいろな場所の掃除に使える重曹やセスキ炭酸ソーダは、洗面台鏡の掃除にも効果的です。酸性の重曹はアルカリ性の油汚れを落とす効果があります。

クエン酸

水が飛び散ったあとの水垢汚れはアルカリ性なので、酸性のクエン酸が有効となります。粉末状のものとスプレー状になっているものがあるので使いやすいものを選びましょう。

新聞紙

新聞紙も鏡掃除に適しています。なぜ新聞紙で鏡がキレイになるかというと、新聞紙に使われているインクが鏡のくすみ汚れを吸収してくれるため。掃除道具が何もない、そんなときでも新聞紙さえあれば鏡をピカピカにすることができます。

歯ブラシ

使い古しの歯ブラシも掃除に使えます。鏡のフチなど、ふきにくい部分は歯ブラシを使ってキレイにするとよいかもしれません。

【体験談】ママたちにきく、洗面所の鏡のお掃除方法

洗面所の鏡の掃除方法
Yulia YasPe/Shutterstock.com

洗面所の鏡のお掃除方法についてママたちにきいてみました。

汚れを放っておいて大変なことに

「鏡の汚れに気が付いていたものの、見て見ぬふりでやりすごしていました。その結果、水垢や手垢などで白っぽい汚れが付着し、鏡がくもって見えにくくなってしまい、重い腰を上げて掃除をすることに。いざ掃除となると汚れが頑固になっており、ピカピカの状態にするのに時間がかかってしまいました」(30代3歳のママ)

毎月の掃除なら短時間ですっきりと

「毎月1度、洗面台鏡の掃除をするようにしています。定期的に掃除をするとあまり汚れも目立たないので、メラミンスポンジで気になる部分をこすったあと、マイクロファイバークロスでふき上げて終了です。

習慣にする前は汚れが気になったらというペースでしたが、毎月掃除するようにすると掃除も簡単になりました」(20代4歳と2歳のママ)

汚れにくくするための方法

掃除で鏡をピカピカにしたら、そのキレイをできるだけ保ちたいもの。洗面所の鏡を汚れづらくするにはどのような方法があるのでしょうか。ママの体験談をきいてみました。

1日の終わりは鏡をふいて終了

「まとめてやると汚れが取りにくく、面倒だと感じたことがあるので、毎日のついで掃除を取り入れるようになりました。1日の最後、使用した後のタオルを洗濯機に入れる前に、洗面所の鏡を拭く習慣をつけています。

この習慣をつけてから、しっかりとした掃除をしなくても清潔さを保てるようになりました」(30代4歳ママ)

日曜日は鏡掃除の日

「毎日掃除するのはなかなか難しいので、鏡掃除は気になったときに加えて毎週日曜日は必ず鏡を拭く日と決めました。

クエン酸スプレーとマイクロファイバークロスを洗面台付近に用意しておき、掃除はスプレーして拭き上げるだけ。簡単な手順なので習慣づけることができました」(20代1歳児ママ)

きれいに保って気持ちのよい洗面所に

洗面台
adpePhoto/Shutterstock.com

毎日使う洗面所はできるだけきれいに保ちたい場所。洗面台の鏡の掃除を習慣付けるのがよいようです。洗面台鏡をピカピカにして、家族みんなの気持ちのよい場所にしましょう。

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧