子どもの喪服はどうする?お葬式に参列する際の子どもの服装例を紹介

子どもの喪服はどうする?お葬式に参列する際の子どもの服装例を紹介

お葬式に参列するとき、大人なら喪服を着用するのが一般的ですが、子どもの喪服はどうしたたらよいのか悩む場面が出てくるかもしれません。そのようなときのために、今回の記事では、男の子・女の子それぞれの喪服について、実際のママたちの体験談をもとにご紹介します。

お葬式での子どもの服装について

子どもがお葬式に参列する際は、どのような服装が一般的なのでしょうか。

喪服かそれに準ずる服装

すぐにサイズアウトしてしまう子ども服。たまにしか着ることのない喪服を常に用意しておくのは難しいでしょう。一般的には、黒やグレーなどの落ち着いた色の私服で参列する人が多いようです。

制服があれば制服でも可

制服のある学校や幼稚園などに通っている場合、お葬式にも制服で参列できるようです。最近の幼稚園の制服はカラフルなデザインのものも多く、鮮やかな赤色だったり、大きなリボンがついたものなど、派手めなものもあります。一見制服だとわからないデザインは、場違いになることも。不安な場合は、落ち着いた色の私服で参列した方が安心でしょう。

避けたほうがいい服装

では、お葬式の参列に向かない服装にはどういったものがあるのでしょうか。

デニム

私服での参列でも良いとはいえ、デニムなどは避けた方が無難。しかし、男の子の場合は、デニムしかないという場合もあるでしょう。そういうときは、できるだけ黒に近い、一見デニムとはわからないようなものを選びましょう。デニムしかない場合は、もしものときのために黒色のズボンを1枚用意しておくと安心ですね。

サンダル

夏場などは、ふだん素足にサンダルを履かせているママもいると思いますが、お葬式にサンダルで参列するのは、一般的にマナー違反とされているようです。また靴も、できる限り黒などの落ち着いた色のものを選び、靴下も履いたほうがよいようです。

キャラクターものや柄物

キャラクターがプリントされていたり、柄や色が派手な服は、子どもが着るととてもかわいいものですが、お葬式には避けましょう。

お葬式での男の子の服装例

男の子のスーツ
Matt Benoit/Shutterstock.com

実際にお葬式に参列したママたちの体験談から、男の子の喪服以外の服装例をご紹介します。

七五三のスーツで代用

「親戚のお葬式に、息子は、5歳の七五三のときに購入したスーツを喪服代わりとして参列しました。どんな場面でも対応できるように黒色のスーツを購入していたので、今回のお葬式にも違和感なく参列できました。自分も含め、周りがみんな正装なので、子ども自身もそういう場所だと自覚が持てたのか、ずっといい子にしてくれていました」(5歳男の子のママ)

紺のカーディガンと暗めのズボン

「旦那の祖父のお葬式に参列する際、3歳の娘は幼稚園の制服があったのでよかったのですが、2歳の弟には何を着させたら良いのか悩みました。以前、行事用に普段着でも使える紺のカーディガンを購入したので、お葬式にもそのカーディガンと、手持ちの暗めのズボンを着させて参列しました。カーディガンはちょっとしたフォーマルなシーンでも使えるので、買っておいてよかったです」(2歳男の子、3歳女の子のママ)

お葬式での女の子の服装例

女の子フォーマル
ziggy_mars/Shutterstock.com

次に、女の子の場合の、お葬式に参列するときの喪服以外の服装の例をみていきましょう。

白シャツに黒のスカート

「父方の親族のお葬式に参列することになったのですが、まだ1歳の娘は、お葬式も初参列。どんな服で出たらよいのか悩みました。父に相談したら、まだ小さいからどんな服装でもいよと言われましたが、そういうわけにもいきません。
友人に相談したところ、もう着れなくなったからと、お古の白いシャツをくれたので、そのシャツに手持ちの黒のスカートで参列。喪服とまではいかなくても、白と黒の落ち着いた服装で参列しておいてよかったなと思いました」(1歳女の子のママ)

グレーのジャケットとスカート

「母方の祖母のお葬式に参列することに。6歳の娘の幼稚園は制服がありません。家にある服で使えそうなものがないかを確認したところ、娘が、気に入って買ったグレーのテーラードジャケットに、黒いスカートを合わせて参列しました」(6歳の女の子のママ)

喪服を購入したママたち

一方でお葬式を機に子どもの喪服を購入したママもいるようです。

下の子がいるのが後押しに

「5歳の娘を連れてお葬式に参列することになったので、思いきってブラックフォーマルを購入しました。5歳の娘1人なら買わなかったかもしれませんが、うちは3歳の娘もいるので、下にまわせることを考え、購入に踏み切りました。お葬式だけでなく、法事などにも着れるので、同性の兄弟や姉妹がいるママは購入してもよいかもしれませんね」(5歳女の子、3歳女の子のママ)

子どもでもマナーを大切に

添えてあるお花
Robert Hoetink/Shutterstock.com

お葬式は、故人を偲ぶ大切な行事です。子どもに喪服を着用させるのは難しいかもしれませんが、喪服ではなくてもそれに代わるようなその場にふさわしい服装を心がけましょう。

2017年12月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧