家事を効率よくこなすコツ。時短術、仕事や育児と家事を両立する方法

家事を効率よくこなすコツ。時短術、仕事や育児と家事を両立する方法

仕事と育児を両立するためには、家事の時短は大切です。効率よく家事をこなすコツを知りたいと考える方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、家事の時短術、仕事や育児と家事を両立する方法、効率よく家事をこなすコツなどをご紹介します。

共働き家庭の家事の時短術

共働き家庭にとって、とても重要な家事の時短。仕事や育児で忙しく過ごす中で、家事にかかる時間を短くするためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

時短家電を活用する

iStock.com/OlgaMiltsova
iStock.com/OlgaMiltsova
時短家電を使って、家事を時短している家庭もあるようです。ロボット掃除機や床拭きロボットを使えば、床のほこりや汚れの掃除にかかる時間を減らせるでしょう。他にも、電気調理鍋や食器洗い乾燥機を使えば、調理や食事後の片付けを時短できます。

また、乾燥機能付きの洗濯機を使えば、洗濯物を干す手間がなくなり時短につながります。

作り置きやミールキットを使う

料理にかかる時間を減らせれば、家事がぐっと楽になるかもしれません。仕事後夕飯作りをするときに、作り置きやミールキットを使うことで調理時間を時短できます。休日などに作り置きして保存しておけば、温めてすぐに食べることができるでしょう。ミールキットを使えば、あらかじめ食材がカットされており短い調理時間で作ることができます。

他にも、時間があるときに食材をカットしたり、下ごしらえしたりしておくと調理時間の時短が可能です。毎日することが多い料理は、楽できるよう工夫しましょう。

ついで家事を取り入れる

ひとつの行動をするときに、ついでにできそうな家事はないか意識するとよいかもしれません。例えば、風呂に入ったときに最後に掃除をしておけば翌日風呂掃除をする手間がなくなりそうです。

他にも、歯磨きをするときについでに洗面台を簡単に掃除しておけば汚れが溜まりにくく、別途掃除時間をとらなくてもよいでしょう。生活の中で無理なくできる家事を行なっていけば、結果として家事が溜まらず時短につながります。

仕事や育児と家事を両立するコツ

共働き家庭にとって、仕事や育児と家事を両立することは大きな課題です。仕事や育児と家事を両立するコツをご紹介します。

優先順位を決める

仕事、育児、家事において、優先順位を決めるとよいでしょう。さまざまな用事や作業が立て込むと、何から手を付けてよいか迷う場合もあるかもしれません。頭の中を整理するためにも優先順位をつけて、最優先で行うべきことから取り掛かっていきましょう。

翌日や休日にできることは後回しにすることで負担が減り、心身ともに余裕ができたらうれしいですね。

スケジュールを共有する

iStock.com/baloon111
iStock.com/baloon111
子どもの体調不良や仕事のトラブルなど、予想外の出来事もあるのではないでしょうか。スケジュール管理アプリなどを使って家族のスケジュールを共有しておけば、柔軟に対応できそうです。また、日頃から報告・連絡・相談し合う関係性を築き、大変なことがあっても協力し合って乗り切りましょう。

外注サービスを利用する

仕事、育児、家事を全て家庭内で行おうとすると、大変なこともあるかもしれません。ベビーシッターや家事代行など外注サービスを利用してみるのもよいでしょう。サービスを利用している間、ママやパパはゆっくり休んだり、他のことをする時間にあてたり有意義に過ごせそうです。適度に息抜きすることが仕事や育児と家事の両立のコツでしょう。

効率よく家事をこなすポイント

忙しい中でも効率よく家事をこなすためにはどのようにすればよいのでしょうか。効率よく家事をこなすポイントをご紹介します。

タスクを整理する

家事は掃除や料理などから、細かな作業までさまざまなものがあります。なんとなくあれもこれもやらなきゃと思っていても、いざ手を動かせる時間ができたときに家事がはかどらないかもしれません。

あらかじめ、時間ができたときに行うタスクを洗い出しておくとスムーズに家事に取り掛かれそうです。さらに、大まかにでもスケジュールを立てておくと家事の全体像を把握でき、効率よく家事を行うことができるでしょう。

役割を分担する

iStock.com/monzenmachi
iStock.com/monzenmachi
効率よく家事を行うために夫婦で家事を分担しているという家庭もあるようです。自分の分担が明確になっていれば、いろいろな家事に手を出す必要がなくなり効率が上がります。勤務時間やそれぞれの得意不得意に合わせて分担するとより効率よく家事ができるでしょう。

仕事の予定や体調によっては、担当している家事をパートナーに担ってもらう場合もあるかもしれません。分担表を作り、日頃からどのような家事があるかわかりやすくしておくと臨機応変に対応できそうです。

ルーティンを決める

家事のタスクや分担を決めたら、ルーティンを決めて毎日の生活の中に家事を組み込むとより効率が上がります。例えば、食材の買い出しは休日にまとめて行うようにしたり、子どもを見ながらだと時間がかかりそうな家事は子どもを寝かしつけてから行うようにしたりと、いろいろ工夫できるでしょう。

無理のない範囲で一番効率よく家事を行えるような仕組みを作り、家事を特別なものにしないことがポイントなようです。

家事の時短には、工夫が必要

iStock.com/monzenmachi
iStock.com/monzenmachi
仕事や育児で忙しい共働き家庭では、日々の家事を時短して少しでも負担を減らせたらうれしいですよね。家事にかかる時間を減らす時短術や、家事と仕事や育児をうまく両立するコツ、忙しい中でも効率よく家事をこなすポイントを掴み実践していきましょう。

2021年04月02日

家事の関連記事

カテゴリ一覧