子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年05月19日

新生児のスタイはいつから何枚用意する?必要な枚数や寝るときは

新生児のスタイはいつから何枚用意する?必要な枚数や寝るときは

新生児のスタイは、いつから使い始めてどれくらいの枚数を用意すればよいのでしょうか。スタイの枚数や寝るときはどうしているかなどの体験談もあわせてご紹介します。

スタイについて

赤ちゃんの代表的なアイテムでもあるスタイは、出産準備品のひとつとして購入したり、出産のお祝いでもらったりしたという方もいるのではないでしょうか。最近はおしゃれなスタイも多く、形や素材もさまざまでファッションアイテムの要素もあるようです。

また、スタイを使い始める時期や必要な枚数だけでなく、スタイを使う期間にも個人差があるようです。乳児の短期間しかスタイが必要でない子もいれば、乳児の時期を過ぎてもスタイが必要な子もいるのではないでしょうか。

スタイを付けるタイミング

スタイはいつから必要で、寝るときにはどのようにすればよいのでしょうか。使用のタイミングについて考えてみました。

新生児のスタイはいつから

スタイはいつから
iStock.com/Floortje

新生児の赤ちゃんが使えるようにと、出産前からスタイを用意するママもいるのではないでしょうか。でも、新生児はおすわりができないのでスタイを使う機会が少なく、離乳食や歯が生え始めたころに使いだしたというママの声もあるようです。

寝るときはどうするのか

寝るときにスタイをつけていると、気づかないうちにスタイが赤ちゃんの口や鼻にかぶさることがあるかもしれません。新生児期の赤ちゃんが寝るときはスタイを外しておいたほうがよいと思います。

スタイの素材

赤ちゃんのスタイにはどのような素材のものがあるでしょうか。スタイによく使われている素材をご紹介します。

リネンコットン

スタイの素材
iStock.com/Dash_med

スタイによく使われている素材のひとつにリネンコットンがあります。リネンコットンの特徴は、綿よりも吸水性があり乾きが早いこと。丈夫な素材なので洗濯する回数が増える時期に使うとよいかもしれません。

ガーゼ

ガーゼの特徴は生地の柔らかさではないでしょうか。洗うたびに柔らかさが増し、赤ちゃんにも優しい使い心地でしょう。吸水性もありますが、生地が薄いために服までよだれがしみ込んでしまうこともあるようなので、よだれが多い赤ちゃんの場合はダブルガーゼを何枚も重ねてあるスタイが便利なようです。

スタイは何枚必要?

スタイはどれくらいの枚数を用意するとよいのでしょうか。ママたちの体験談をご紹介します。

どのくらいの頻度で変えるのか

「全体的によだれで湿ってきたなと感じたら替えています。湿ったスタイが肌に触れるのを避けるため合計で10枚ほど用意していました」(10カ月男の子のママ)

「息子はよくよだれが出るので多いときで30分に一回くらい替えていました。一日に10枚くらい使っていたので、合計で20枚くらい用意していたと思います。手持ちのスタイで間に合わないときは、タオルをスカーフみたいに巻いて代用していました」(1歳男の子のママ)

洗い替え分も必要

「娘の場合は一日に10枚のスタイを使っていたので、洗い替え分に20枚用意していました。合計30枚用意し、一日10枚ずつ使うサイクルで回していました」(2歳女の子のママ)

「娘が10カ月の頃、よだれで濡れたスタイを洗濯し、乾ききらないうちにスタイが足りなくなることもあり、このままの枚数では不便だったのですぐに10枚ほど買い足しました」(2歳女の子のママ)

「息子はあまりよだれが出ないので、よだれかけとしてではなくファッションアイテムとしてスタイを使っています。服に合うスタイを何枚か用意し、服に合わせてスタイを替えるだけなので洗い替えを合わせても3枚しか持っていません」(6カ月男の子のママ)

スタイの枚数は赤ちゃんそれぞれ

FluxFactory/Shutterstock.com

赤ちゃんにスタイが必要かどうかには個人差があるようです。新生児の赤ちゃんはよだれの量が多くないようなので、スタイはいつから何枚必要なのかと悩んでいたママも、徐々によだれの量が増え始め、子どものよだれの量が分かってきてからスタイの枚数を増やしてもよいのではないでしょうか。また、寝るときにはスタイを外すことを忘れないようにしましょう。

ファッションの関連記事
カテゴリ一覧