夫婦で出席する結婚式。ご祝儀の相場やご祝儀袋の名前の書き方など

夫婦で出席する結婚式。ご祝儀の相場やご祝儀袋の名前の書き方など

夫婦で招待されたときに意識したいこと

夫婦で結婚式に招待されたときに、いとこや友人、兄弟でご祝儀の金額は変わるのかや、ご祝儀袋や芳名帳の名前の書き方などを考えることもあるかもしれません。今回の記事では、夫婦で出席する場合の結婚式のご祝儀や服装で心掛けることなど、意識しておきたいことについて、パパやママの体験談を交えながらご紹介します。

夫婦で出席する結婚式で気になること

いとこや友人、兄弟の結婚式に、夫婦で招待されることもあるかもしれません。夫婦で出席するときに気になることを、パパやママに聞いてみました。

20代パパ
夫婦で参列する場合のご祝儀の相場は、兄弟やいとこ、友人でそれぞれどのくらいでしょうか?ご祝儀袋の名前の書き方など、気をつけたいマナーも気になります。
30代ママ
夫婦二人で招待されましたが、夫が出張で不在のため、やむを得ず欠席することになりました。ご祝儀の金額や欠席する場合の伝え方で、失礼にならないように、どのようなことを意識しておくとよいでしょうか。
パパやママからは、夫婦で参列する場合のご祝儀の相場や名前の書き方のマナー、どちらかが欠席する場合に失礼にならないような対応が知りたいという声がありました。

今回は、夫婦で結婚式に参列する場合のご祝儀についてや、出席する上で心掛けたことと、子どもの対応など意識しておきたいことについてご紹介します。

夫婦で呼ばれた結婚式のご祝儀

ご祝儀袋
leungchopan/Shutterstock.com

夫婦で結婚式に参列する際、ご祝儀の相場やどちらかが欠席する場合の金額と、どのようなご祝儀袋を用意するかについて、ママやパパに聞いてみました。

ご祝儀の相場

40代パパ
20代の頃、高校時代の友人の結婚式に参列する際は、夫婦二人で5万円を包みました。親しい友人や同僚、部下の場合には7万円、兄弟やいとこなどの親族には、7万円や10万円などのご祝儀を包むこともあります。
パパからは、ご祝儀を用意するときは、参加する立場や年齢など、相手との関係性を考慮して金額を設定しているという声がありました。他には、4万円や6万円など2で割り切れる数字は、縁起が悪いと考える方もいるので避けているが、末広がりの8万円や10万円はよいと聞いているというママの声もありました。

どちらかが欠席するとき

30代ママ
主人が仕事の出張と重なり、欠席することになりました。招待状を返信する際に欠席する旨を伝えていたので、ご祝儀は一人分の3万円を包み、主人からは一人分の額の1/3ほどで、お祝いの品を贈りました。
招待状を返信する際に欠席することを伝え、ご祝儀は一人分を包み、欠席者からとしてお祝いの品を贈ったというママの声がありました。 直前でやむを得ず欠席することになったというパパからは、すでに食事や引き出物は用意されていることも考慮し、二人分のご祝儀を包んだという声もありました。

使ったご祝儀袋

20代ママ
ご祝儀袋は上質な和紙で作られたもので、水引きも華やかなデザインのご祝儀袋を選びました。名前の書き方は、濃い墨の筆ペンを使って、夫婦連名でパパの姓名の左に私の名前を書きました。
ご祝儀袋は、晴れの日にふさわしい上質なものを選び、名前の書き方ではパパの名前をフルネームで書き、その隣にママの名前だけ書くとよいかもしれません。名前の書き方では、夫婦の名前をともにフルネームで書いたというパパもいました。

夫婦で結婚式に出席するときに心掛けたこと

夫婦で結婚式に出席する際の服装や、芳名帳の書き方について、パパやママに聞いてみました。

服装

30代ママ
夫婦でのコーディネートは、パパのネクタイやポケットチーフの色と私のドレスの色を揃えました。派手すぎず地味すぎず、お祝いの席にふさわしいように、ピンクベージュのドレスを選びました。
パパのネクタイやポケットチーフの色に、ママのドレスや靴、バッグの色をリンクさせて統一感を出すのも素敵かもしれません。パパはダークカラーのスーツなので、夫婦で地味になりすぎないように自分は明るめのドレスを選んだというママもいました。

芳名帳に記帳するとき

30代ママ
代筆はよくないと聞いていたので、それぞれ自筆で書きました。パパが姓名を書いた後に、私が名前だけ書くようにしました。
芳名帳には、代筆はせずに夫婦それぞれが自筆で書いたというママの声がありました。ママのなかからは、横書きのゲストカードだったので、名前の書き方はパパの姓名の後に「・」をつけてママの名前を書いたという声もありました。

ゲストカードでメッセージを書くようになっている場合は、句読点をつけないようにすることと、忌み言葉に気をつけたというママもいました。

夫婦で呼ばれたときに意識しておきたいこと

結婚式の子ども
Pavel L Photo and Video/Shutterstock.com

夫婦で結婚式に招待されたものの、どちらかが欠席しなければならないときや、子どもの対応を考えることもあるかもしれません。夫婦で招待されたときに、意識しておくとよいことをパパやママに聞いてみました。

どちらかが欠席するときの返信マナー

40代パパ
ママが妊娠中で体調が心配だったので、欠席することになりました。招待状の返信には、やむを得ず欠席する理由と、残念な気持ちが伝わるように丁寧に書きました。
欠席する場合は、本当は行きたかったという残念な気持ちが伝わるように、丁寧に書くことが大切なようです。「多忙のため」というような言い回しは、失礼にあたると思い控えたというママの声もありました。

子どもの対応

20代ママ
仕事関係の披露宴に夫婦で招待され、子連れの出席はできなかったので、子どもは実家に預けました。
40代ママ
いとこの新郎新婦から、子どもも招待されたので3歳の娘を連れて行きました。子どもが飽きたり、ぐずったりしたときのために、会場の一角に子どものプレイコーナーが用意されていたので、式の間は遊んでくれて助かりました。
子どもの招待を受けていない場合は、実家や託児所など、式の間の預け先を考えておくことが必要かもしれません。5カ月頃の赤ちゃんがいることを新郎新婦に相談したら、ベビーベッドを用意してもらえて助かったというママもいました。

夫婦で新郎新婦を祝福する気持ちを大切に

結婚式
lozas/Shutterstock.com

いとこや友人、兄弟などの結婚式に夫婦で招待されたときのご祝儀の金額では、参加する立場や年齢など、相手との関係性を考慮して、5万円から用意したというママやパパの声がありました。ご祝儀袋の名前の書き方では、パパの姓名の隣にママの名前だけ、もしくはフルネームで書くとよいようです。

夫婦揃って参列する場合も、どちらかが欠席する場合も、新郎新婦を祝福する気持ちを大切に、二人の門出を気持ちよくお祝いしてあげられるとよいですね。

2020年02月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧