バレンタインに贈るプレゼント。贈る相手別の相場や贈ったもの

バレンタインに贈るプレゼント。贈る相手別の相場や贈ったもの

プレゼントの選び方や贈り方

バレンタインのプレゼントを用意しようと考えたとき、お返しを考えた金額にした方がよいのかや、職場の同僚や家族など贈る相手にあわせた相場が気になる方もいるかもしれません。今回は、バレンタインの贈り物の相場やママたちが贈ったプレゼント、バレンタインのプレゼントの贈り方について体験談を交えてお伝えします。

バレンタインのプレゼントを考えるとき

お店にチョコレートが並び始めると、バレンタインのプレゼントを用意しようと考える方もいるのではないでしょうか。ママたちに、バレンタインのプレゼントについて気になることを聞きました。

20代ママ
私はバレンタインのプレゼントの相場が気になります。家族の他に職場の同僚にもお菓子を渡したいと考えているので、贈る相手にあわせた相場が知りたいと思いました。
30代ママ
仲のよいママ友にバレンタインのプレゼントを用意したいのですが、どのように選ぶとよいのか悩んでいます。ホワイトデーのお返しなど気を使わずに受け取ってもらいたいのですが、どのようなものがよいのか気になりました。
バレンタインのプレゼントについてママたちに聞いてみると、贈る相手にあわせた相場やプレゼントの選び方が気になっているようです。

そこで今回は、バレンタインに贈るプレゼントの相場や選び方についてご紹介します。

バレンタインのプレゼントの相場は?

実際に、バレンタインにどのくらいの金額のプレゼントを用意したのかママたちに聞いてみました。

家族

20代ママ
去年のバレンタインには、夫と私の父、夫の父にそれぞれ1000円程度のチョコレートを贈りました。毎年自分のお小遣いのなかから用意できる金額のものを選んでいます。
お小遣いのなかから用意しやすい金額を考え、家族へ贈るバレンタインのプレゼントを1人1000円程にしているママがいるようです。1000円から2000円以内の予算のなかで、家族に贈りたいプレゼントを選んでいるというママの声もありました。

ママ友

ママ友
number-one/Shutterstock.com
30代ママ
仲のよいママ友には、バレンタインにチョコレートと品物をあわせて1000円から1500円程のプレゼントを贈っています。ママ友がお返しに困らないような金額のなかで、日頃の感謝の気持ちを伝えようと思いました。
ママ友がホワイトデーのお返しに困らない金額がよいと考え、1000円から1500円程のプレゼントを選んだママもいるようです。お返しに困らないような金額のプレゼントを用意することも、相手への気遣いになるかもしれません。

職場の同僚や上司

20代ママ
普段からお世話になっている職場の同僚には、バレンタインに1人500円程のチョコレートを渡す予定です。安価すぎず気軽に受け取ってもらえる金額がよいと思ったので、500円から1000円程の金額が相場なのではないかと考えました。
職場の同僚に渡すバレンタインのプレゼントには、1人500円から1000円程の金額が相場なのではないかと考えたママもいました。1000円以内であれば、感謝の気持ちを込めたプレゼントをこころよく受け取ってもらえるかもしれません。

他にも、職場の上司には日頃から仕事のフォローをしてもらっている感謝の気持ちも込めて2000円程のプレゼントを用意したというママの声も聞かれました。

バレンタインに贈ったプレゼント

ママたちは、バレンタインのプレゼントにどのようなものを用意しているのでしょう。実際にママたちがバレンタインに用意したプレゼントをご紹介します。

お菓子

20代ママ
バレンタインのときは、職場の同僚に個包装されているブラウニーを贈りました。ホワイトデーにお返しをしないでよいように、気持ち程度のプレゼントにしましょうと職場の仲間と相談したのでお互いにお菓子を贈りあっています。
バレンタインのプレゼントとして定番のお菓子を用意したママがいるようです。ママのなかには、チョコレートやクッキーなどさまざまなお菓子の入ったセットをパパにプレゼントしたという声もありました。

相手にあわせたもの

相手の好みにあわせて用意したお酒
Rawpixel.com/Shutterstock.com
30代ママ
甘いものが苦手な夫の父には、毎年バレンタインに好きな日本酒を贈っています。今年は夫の父の知らない銘柄の日本酒を贈ったところ、晩酌が楽しみだと喜んでくれました。
バレンタインに贈る相手にあわせたプレゼントを用意することで、より喜んでもらえるかもしれません。他にも、パソコンを使う仕事をしているママ友へお菓子といっしょに目元を暖めるタイプのアイマスクを贈ったところ、気遣いが嬉しいと喜ばれたというママの声も聞かれました。

気軽に使ってもらえるもの

20代ママ
バレンタインには職場の方にチョコレートと高級感のあるインスタントコーヒーのスティックをいっしょに包んで贈る予定です。うちの職場は休憩時間にコーヒーを飲む方が多いので、おやつタイムにちょうどよいのではないかと思いました。
普段の生活のなかで気軽に使いやすいものを選ぶと、相手に喜ばれそうですね。贈る相手の好みがわからない場合は、定番のお菓子ギフトや消耗品などを選ぶとよいかもしれません。

バレンタインのプレゼントの贈り方

バレンタインのプレゼントを贈るときの工夫が知りたい方もいるかもしれません。ママたちに、プレゼントの贈り方で工夫したことを聞いてみました。

手書きのメッセージを添える

20代ママ
夫にバレンタインや他のプレゼントを贈るときは、必ず手書きのメッセージを添えています。日頃感じている感謝の気持ちを口で言うのが気恥ずかしいので、小さな紙に「いつもありがとう」と書いて伝えました。
バレンタインのプレゼントに、さりげなく手書きのメッセージが添えているママがいました。プレゼントに手紙やメッセージを添えることで、職場の上司や同僚、家族などに感謝の気持ちを伝えるよい機会になりそうです。

ラッピングを工夫する

30代ママ
ママ友に喜んでもらえるようにプレゼントのラッピングを工夫しました。お店にはいろいろな種類のラッピンググッズが並んでいたので、相手のイメージにあうようなリボンや袋を組みあわせて包むと「ラッピングも素敵だね」と喜んでもらえたので嬉しかったです。
プレゼントのラッピングを工夫することで、贈る相手にも気持ちが伝わり喜んでもらえるかもしれません。ママのなかには、折り紙で作った箱とリボンでラッピングしたお菓子を贈ったところ、友人に喜ばれたという声もありました。

バレンタインに喜ばれるものを用意しよう

喜ばれるプレゼントを贈ろう
szefei/Shutterstock.com

バレンタインに贈るプレゼントの相場について、ママたちは職場の同僚や家族など、贈る相手にあわせた金額やお小遣いのなかから用意しやすい値段のものを選んでいるようです。ホワイトデーのお返しに困らない程度の金額にしているというママもいました。

どのような品物を選ぶのかや贈り方なども考えながら、相手に喜ばれるバレンタインのプレゼントを用意できるとよいですね。

2020年01月18日

専門家のコメント
12
    なごみ先生 保育士
    付き合っている時はいろんなチョコの手作りのお菓子をあげていましたが、結婚してからはチョコケーキと生チョコのローテーション。息子ができてチョコが食べられるようになってからはチョコレートフォンデュにしてます。
    すみっこ先生 保育士
    主人には子どもと作ったクッキーやチョコレートの手作りお菓子をあげています✨ メッセージカードも添えていますが、主人は私からというより娘からのバレンタインプレゼントに喜んでいる感じです😂💕
    ゆか先生 保育士
    子どもと一緒にチョコレートケーにをつくってみんなで食べたり、生チョコを作ったりですね!
    子どもからもらうのが嬉しいみたい(笑)
    こっちも一緒に作った方が楽しいし、経済的にも助かる😃
    あーちん先生 保育士
    パパにも友達にも基本手作りでした!子どもは男の子ですが、子どもと一緒になにかして渡してあげるとパパもら大喜びしそうです!

    美味しくできてもラッピングで失敗するとちょっと残念な形になるので、簡単に可愛くラッピングできる物で贈りたいです(^^)
    いちぽ先生 保育士
    主人はチョコレートがあまり好きではないので、チョコ以外のものをプレゼントするようにしています。
    今回は欲しいと言っていた日本酒をプレゼントしようと思います。
    ぺち先生 保育士
    いつも手作りします!生チョコやクッキーを作ることが多いです。そこまで凝ったものは作れないので、、
    義父には購入したものを渡そうかなと思っています。
    ゆう先生 保育士
    手作りをプレゼントしたこともありますが、最近のバレンタインでは、ちょっと良いチョコレートをプレゼントしています。年に一度ですし、高級チョコレートを一緒に食べるという名目もあります笑
    さと先生 保育士
    バレンタインデーは親しい人にチョコレートを贈ったり、自分用に高級チョコを買ってみたりと楽しいですよね♪
    主人と付き合ってるときは手作りしたこともありますが、最近はデパ地下で美味しそうなチョコレートを買っています。
    娘が大きくなったらまた一緒に手作りしたいな〜と思っています。
    でぶいも先生 保育士
    主人は、チョコレートが苦手なので、バレンタインだけどチョコレートにこだわらず、好きな食べ物をプレゼントしています。今年は隣町の美味しいお魚屋さんでお刺身を買ってプレゼントします!
    せおみ先生 保育士
    夫や夫の友人、子どもの友達に渡します。最近はバレンタイ限定のお気に入りの商品があるので毎年同じ物を購入して送っています。自宅ではチョコレートフォンデュをします。チョコを溶かして苺やバナナをディップして食べるのが子ども達もは大好きです。
    めるちゃん先生 保育士
    旦那さんに、子どもと一緒にスコーンを作って、プレゼントしました。バレンタインということで、スコーンにチョコを入れたり、チョコペンでメッセージを書いたりしました。スコーンだと混ぜるだけで簡単に作れるのでオススメです。
    りお先生 保育士
    以前、職場の人たちに配っていた時は500円以内くらいで準備していました。
    人数が多い時は、200円か300円くらいに抑えて準備していました。

    夫や個別に渡す人には1000円前後のものを買っていました。
    あまり高額になっても、お返し等困ると思うので、気を使わせない半以内で準備していました。

    ちなみに、子どもたちに渡すのは100円程度です笑。

イベントの関連記事

カテゴリ一覧