ハーフバースデーを手作りグッズでお祝いしよう。王冠やケーキなど

ハーフバースデーを手作りグッズでお祝いしよう。王冠やケーキなど

飾りつけに使えるアイテムやお祝いメニュー

赤ちゃんのハーフバースデーに手作りケーキや、写真を撮るときに使う赤ちゃんの王冠を用意したいと考えるパパやママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ハーフバースデーの食事や飾りつけ、王冠などの手作りグッズの作り方について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

手作りグッズでハーフバースデーをお祝いしよう

赤ちゃんが生後6カ月になったときに、ハーフバースデーをお祝いしようと考えるパパやママもいるのではないでしょうか。手作りできるものには何があるかが気になるパパやママもいるかもしれません。そこで、実際にハーフバースデーのお祝いで手作りした食事や飾りつけ、赤ちゃんが身につけるアイテムについて、ママたちに聞いてみました。

ハーフバースデーに手作りした食事

ママたちは、ハーフバースデーのお祝いのときにどのような食事を手作りしたのでしょうか。

離乳食プレート

離乳食プレート
© Heike Rau - Fotolia

「離乳食を使って、お祝いのデコレーションプレートを作りました。ほうれん草やかぼちゃ、にんじんで作った野菜ペーストでキャラクターの顔を作り、プレートに盛りつけました」(30代ママ)

ハーフバースデーのときに、お粥や野菜ペーストを使って赤ちゃんに離乳食のデコレーションプレートを作ったママもいるようです。ペースト状にした野菜をしぼり袋に入れて、プレートの余白部分に「Happy 1/2 Birthday!」と書いたというママの声もありました。

手作りケーキ

「離乳食を使った手作りケーキを用意したいと思い、ハートのクッキー型のなかに10倍粥を敷き、かぼちゃペースト、10倍粥の順で詰めて冷凍庫で固めました。一回ずつ冷凍庫で固めてから次の食材を乗せると、混ざらずきれいな層になりました」(30代ママ)

「じゃがいもをマッシュして形を整え、ケーキの土台にしました。手作りケーキの上に、水切りした豆腐を裏ごしして生クリームのように絞り、にんじんペーストをトッピングしました」(20代ママ)

離乳食をアレンジして、手作りケーキを用意したというママの声がありました。手作りケーキの型にはクッキー型を使う他にも、アルミ箔で作ったママもいるようです。

ハーフバースデーの飾りつけに使ったもの

ハーフバースデーのお祝いで部屋を飾りつけるときに、ママたちが使ったアイテムについて聞いてみました。

ガーランド

ハッピーバースデーのガーランド
iStock.com/Serhii Moiseiev

「折り紙を三角に切り、ひもに貼りつけてガーランドを手作りしました。折り紙の柄と大きさを変えて2種類のガーランド作り、天井から吊り下げると、部屋が一気に華やかになりました」(30代ママ)

「100均に売っていたフェルトを『HAPPY 1/2 BIRTHDAY』の形に切りぬいたものを2枚ずつ用意し、タコ糸を挟んで接着剤で留めてガーランドを手作りしました。それぞれの文字の間を空けておき、赤ちゃんの月齢毎の写真を貼りました」(30代ママ)

壁や天井にガーランドを飾ると、部屋が華やかな雰囲気になったというママの声がありました。ハーフバースデーを迎えるまでに撮影した赤ちゃんの写真をガーランドのように並べて飾ると、成長が楽しめてより思い出に残る飾りつけになるかもしれません。

マスキングテープ

「ハーフバースデーのお祝いとして、マスキングテープを使って壁に『1/2』の文字を書きました。失敗しても貼り直しがしやすく、はがすときも跡が残る心配が少ないところもよかったです」(30代ママ)

「飾りの統一感を出したかったので、ガーランドと同系色のマスキングテープを使って額縁のように貼って、なかに赤ちゃんの写真を飾りました」(20代ママ)

マスキングテープは色やデザイン、幅などさまざまな種類があるようです。部屋の飾りつけをどのような雰囲気にしたいのかテーマを決めて、マスキングテープの色や柄をあわせると統一感を出しやすくなるかもしれません。また、マスキングテープははがした跡がが残りにくいという理由から、賃貸に住んでいる場合にも便利だったというママの声がありました。

風船

「カラフルな風船に白い糸を結び、マスキングテープで天井から吊り下げました。壁や床にも風船を貼ったり並べたりしたところ、とても楽しい雰囲気の写真が撮れました」(30代ママ)

「風船を3つ使って結び口を中央でまとめ、お花のような形の飾りつけを手作りしました。赤ちゃんの座る場所にあわせて低い位置に飾りつけたところ、かわいい写真を撮ることができました」(30代ママ)

写真を撮ることも考えて、赤ちゃんの座る位置や目線にあわせて飾りつけをしたママもいるようです。風船は単色ではなく、何色か使うと部屋が華やかな雰囲気に仕上がるかもしれません。

黒板

黒板に描かれたおめでとうのメッセージ
iStock.com/Lisa-Blue

「100均で購入したA4サイズの黒板に、チョークでメッセージと名前を書きました。赤ちゃんといっしょに記念写真を撮れて、ハーフバースデーのよい思い出になりました」(40代ママ)

黒板にメッセージやデザインを書くことで、手作りらしい温かみが感じられるかもしれません。他にも、黒板にハーフバースデーのときの赤ちゃんの身長や体重を書いたというママの声もありました。

赤ちゃんが身につける手作りグッズ

赤ちゃんが身につける手作りグッズはどのようなものがあるのでしょうか。

王冠

「100均で模様入りの紙コップを購入し、上の部分をギザギザに切って王冠を手作りしました。同じく100均で購入したキラキラのデコレーションシールを貼ってポイントにしました」(20代ママ)

「王冠の形になるように切ったフェルトを2枚貼りわせて、後ろの部分をリボンで結べるようにしました。ハーフバースデーなので、色違いのフェルトで『1/2』という文字のパーツを作り、王冠の中央に縫いつけました」(30代ママ)

フェルトや紙コップを使って王冠を手作りしたママもいるようです。年齢の数字はつけかえられるようにすると、1歳の誕生日などのお祝いにも使えて長く楽しめるかもしれません。また、王冠の角の部分に100均で売っているポンポンをつけたというママの声もありました。

蝶ネクタイ

「幅広のサテンのリボンを折って重ね、中央に細いリボンを巻きつけてボンドでとめました。細いリボンの輪にゴムを通して、蝶ネクタイとして身につけられるようにしました」(30代ママ)

赤ちゃんが身につける蝶ネクタイは、少し大きめに作ると写真映えしたというママの声もありました。赤ちゃんが口に入れたり外したりしてしまわないか気になる場合は、写真を撮るときだけつけてもよいかもしれません。

ハーフバースデーを楽しくお祝いしよう

プレゼントを渡すパパとママ
© tatsushi - Fotolia

ハーフバースデーのときに、ママたちは離乳食プレートや手作りケーキなどを用意してお祝いしているようです。100均のアイテムを利用して、飾りつけや王冠などの手作りグッズを用意すると楽しい雰囲気の写真が撮れるかもしれません。ハーフバースデーが生後6ケ月の記念に残るように、家族で楽しくお祝いができるとよいですね。

2018年11月25日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧