3歳の子どもに用意するスリーパーの選び方。使うときに意識したこと

3歳の子どもに用意するスリーパーの選び方。使うときに意識したこと

3歳の子どもに用意したスリーパーの種類

3歳の子どもにスリーパーを用意しようと考えたとき、3歳以上でもサイズはあるのかや手作りできるのかなど気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、3歳までなどスリーパーを使った期間と、夏や冬などにあわせた選び方や用意したスリーパーの種類の他に、スリーパーを使うときのポイントについてご紹介します。

スリーパーは何歳まで使う?

子どもが布団を蹴ってしまったり寝相が悪かったりして、布団をかけずに寝ていると寒くないか心配になり、スリーパーを使っているママもいるのではないでしょうか。スリーパーは何歳頃まで使うのでしょう。

30代ママ
うちの子は3歳までスリーパーを使っていました。寝ている間に布団を蹴る様子がなく、スリーパーを着ていると暑いのではないかと考え、3歳まででスリーパーを着ることをやめました。
40代ママ
6歳の娘は寝相が悪く、気がつくと布団をかけずに寝ていることが多いのでまだスリーパーを着て寝ています。スリーパーを着ていると布団からはみ出して寝ていても寒くなさそうです。
スリーパーをいつまで着るかは、3歳までや3歳以上など子どもの様子によってさまざまなようです。他にも、夏は使わず冬だけ使うなどと季節に応じて使うというママもいました。


そこで今回は、3歳や3歳以上の子どもが着るスリーパーの選び方や使い方についてママたちに話を聞いてみました。

3歳の子どものスリーパーを選ぶポイント

3歳の子どものスリーパーは、どのようなことをポイントに選ぶとよいのでしょう。

サイズ

20代ママ
3歳の息子のスリーパーを選ぶときはサイズを考えるようにしています。なるべく長い期間使えるように、普段の服のサイズよりもワンサイズ大きいもの選ぶようにしています。
長い期間使えるように大きめのサイズを選んでいるママがいるようです。ママのなかからは、寝返りなど寝ている間動きやすいようにちょうどよいサイズを選ぶという声も聞かれました。

素材

綿花
Valentina Razumova/Shutterstock.com
40代ママ
私はスリーパーの素材をポイントに選びます。夏は薄手のガーゼ、冬はフリースなどと季節にあわせた素材のスリーパーを用意しました。
夏や冬など季節にあわせた素材をポイントにスリーパーを選ぶのもよいかもしれません。ママのなかには、肌触りのよい素材を選んだという声もありました。

デザイン

30代ママ
子どもの好きなキャラクター柄のスリーパーを用意しました。普段はスリーパーを着るように言ってもなかなか着てくれないのですが、キャラクターのスリーパーは気に入ったようで、パジャマに着替えるのといっしょに自分から着てくれます。
20代ママ
3歳の子どもが自分で脱ぎ着しやすいデザインのスリーパーを用意したいと考え、前開きでスナップボタンで留めるタイプを選びました。今は大人の手助けが必要ですがもう少し経つとひとりで着られそうです。
子どもの好きなデザインや脱ぎ着のしやすいデザインのスリーパーを用意したママがいるようです。ママのなかからは、子どもの好きな柄のブランケットでスリーパーを手作りしたという声も聞かれました。

3歳の子どもに用意したスリーパーの種類

3歳の子どもにどのようなタイプのスリーパーを用意したらよいのでしょう。ママたちに用意したスリーパーを聞いてみました。

通気性のよいスリーパー

30代ママ
うちの子は寝ている間に汗をかくことがあります。特に夏はエアコンをつけていても汗をかくことがあるので、通気性のよい薄手のスリーパーを用意しました。
夏など暑い時期に使うスリーパーは、通気性のよいタイプを選ぶとよさそうです。他には、夏は通気性を考えて背中部分がメッシュになっているタイプを用意したというママもいました。

保温性のあるスリーパー

毛布
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
私が住んでいる地域は冬になると室内であっても寒いことがあるので、保温性の高いダウン素材のスリーパーを用意しました。羽毛布団を着ているような感覚でとても暖かそうです。
冬など寒い季節は保温性のあるスリーパーを選ぶとよいかもしれません。ダウン素材の他にも、フリース素材やウール素材などを選ぶというママがいました。

袖のついたスリーパー

30代ママ
布団をかけずに寝ているとき子どもの腕が冷たくなることが気になり、袖つきのスリーパーを用意することにしました。普通のスリーパーと袖つきのスリーパーの2種類あるので、気温に応じてどちらかを選んでいます。
袖つきのスリーパーもあるようです。襟があるタイプやズボンになっているタイプなどさまざまな種類があるようなので、気候や子どもの様子にあわせて用意するのもよいかもしれません。

スリーパーを使うときに意識していること

3歳の子どもにスリーパーを使うときはどのようなことを意識したらよいのでしょう。ママたちに心がけていることを聞いてみました。

服を着せすぎない

40代ママ
スリーパーを着ると暖かくなるようなのでスリーパーの下に着る服は着せすぎないように心がけています。寒い日は体が冷えないようにとたくさん着せてしまいがちですが、気をつけるようにしています。
スリーパーの下に着る服を着せすぎないように気をつけているママがいるようです。ママのなかからは、パジャマは少し薄めのタイプを着るようにしているという声も聞かれました。

子どもの様子にあわせる

20代ママ
子どもが寝た後も汗をかいていないか確認しています。特に夏は汗をかきやすいので、子どもが暑そうな様子のときはスリーパーを脱がせることもあります。
寝ている間の子どもの様子に応じてスリーパーを脱がせるというママがいました。ママのなかには、子どもがスリーパーを着たくないと言ったときは、無理に着せないようにしているという声もありました。

子どもにあったスリーパーを用意しよう

毛布にくるまる子ども
asharkyu/Shutterstock.com


子どもがスリーパーを使う時期は、3歳までや3歳以上など子どもの様子や気候などによってさまざまなようです。スリーパーを選ぶときは、サイズやデザインなどをポイントにしたママや手作りしたママもいました。

夏は通気性のよいスリーパー、冬は保温性の高いスリーパーなど季節にあわせて種類を選ぶのもよいかもしれません。スリーパーを使うときは、子どもの様子にあわせるなどして、快適に眠れるようなスリーパーを用意できるとよいですね。

2020年02月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧