子どもの中耳炎を熱や痛みなど症状でみる早期発見のポイント

子どもの中耳炎を熱や痛みなど症状でみる早期発見のポイント

中耳炎は幼児期の子どもがかかりやすい病気のひとつ。子どもが耳を痛がる場合は、もしかしたら中耳炎にかかっているかもしれません。今回は、中耳炎の症状や早期発見のポイント、治療法と予防について解説します。

金髙清佳(おひさまクリニック)

3歳までに70%の子どもがかかる中耳炎

中耳炎とは、鼓膜の内側にある「中耳」という部分に、細菌やウイルスが入り込んで炎症を起こす病気です。

放っておくとひどくなったり、難聴になったりする場合もあるため、早めに気付いて治療をすることが大切です。

中耳炎は、特に生後5カ月頃から2~3歳までの頃になりやすく、3歳までにおよそ70%の子どもがかかるといわれています。なぜ子どもは中耳炎にかかりやすいのでしょうか。

子どもが中耳炎にかかりやすい理由

子どもが中耳炎にかかりやすい理由には2つあります。

まず一つ目は、子どもは免疫が未発達で抵抗力が弱いということ。

通常は耳にばい菌が入っても簡単には中耳炎になりません。しかし、抵抗力の弱さから風邪を引いて鼻の奥の上咽頭の菌のバランスが崩れやすい子どもは、中耳にばい菌が入ってしまう可能性が高くなっています。

二つ目は、耳の器官の形状の違いです。子どもの耳と鼻をつないでいる耳管(じかん)は、大人と比べて太くて短くなっています。

のどから耳にかけて緩やかで水平に近い角度になっているため、上咽頭の菌が中耳に入りやすいのです。
10
しかし、成長にともない耳管の形状は大人の耳管に近づきます。年齢があがるほど中耳炎にかかる子どもは少なくなっていきます。

子どもの中耳炎は4種類

子どもの中耳炎には、
  • 急性中耳炎
  • 滲出性中耳炎
  • 慢性中耳炎
  • 真珠腫性中耳炎
などがありますが、特に幼児期の子どもに多いのが細菌やウイルスが中耳に感染して炎症を起こす急性中耳炎です。

これには、風邪症状を起こすウイルスが200種類以上あるため子どもは風邪を引きやすいということと、先ほど説明した耳管の形状によって細菌やウイルスが中耳に移動しやすいということが関係しています。

そして、中耳に浸出液がたまっている場合は、滲出性中耳炎と診断され、長く続いたりくりかえして慢性中耳炎になることもあります。
iStock.com/mikeuk
iStock.com/mikeuk
真珠腫性中耳炎とは、鼓室という鼓膜の奥の空間に真珠のような組織が大きくなっていき耳の組織を破壊していく病気です。

痛みやめまいが出始めてから初めて気づくケースもあるので注意が必要です。

中耳炎を疑う子どものサインと症状

子どもが小さい場合は、耳の痛みや異変をうまく伝えることができません。風邪を引いてから少し遅れて発症することが多いので、保護者が注意深く子どもの様子を見守ることが大切です。

急性中耳炎のサインには、
  • 耳を痛がる
  • 発熱
  • 耳垂れ
があります。赤ちゃんの場合は、しきりに耳をいじったり、頭を振ったり、なかなか泣き止まない様子がみられることも。
iStock.com/Konstantin Aksenov
iStock.com/Konstantin Aksenov
熱は夕方から夜にかけて高くなる傾向があり、耳垂れは膿が出てきているサインです。耳に痛みがある場合はすぐに気づくことができますが、水がたまって聞こえづらいという場合は、なかなか保護者が気づきにくい場合もあります。

また、黄色や緑、茶色など色がついている鼻水は、感染症がうたがわれ、中耳炎の可能性が高くなります。子どもの鼻水が続く場合や、気になる症状がある場合はすぐに耳鼻科を受診しましょう。

中耳炎の治療と過ごし方の注意点

中耳炎の治療方法と鼓膜切開の目安

中耳炎の診断は、問診と耳鏡や内視鏡により鼓膜の所見を確認して判断します。耳垂れが出る場合は細菌検査で原因菌を調べたり、難聴が合併した場合はその程度を聴力検査で調べます。

中耳炎は、適切な治療を行えば完治する病気ですが、治療を途中でやめてしまう反復性中耳炎(はんぷくせいちゅうじえん)、慢性中耳炎(まんせいちゅうじえん)に移行する場合もあるので完治させることが大切です。

軽症の場合は経過観察を行い、症状が強い場合は抗菌薬を使って治療をします。抗菌薬に耐性のある菌もいるため、薬を飲んでもなかなか治らないときは再度受診しましょう。
iStock.com/sdominick
iStock.com/sdominick
熱がつづく場合や、滲出液や膿が溜まっている場合は、鼓膜に専用の鼓膜切開刀で穴を開ける鼓膜切開の処置をとることも。通常、鼓膜の穴は自然に閉じていきますが、炎症が長引いてなかなか閉じない場合は鼓膜パッチ術を行うケースもあります。

中耳炎はうつる?保育園や幼稚園を休ませるかどうか

子どもが中耳炎になったときに、気になるのがお風呂や登園のことではないでしょうか。中耳炎は、基本的に人にうつる心配がないので、お風呂もプールも入ることが可能です。

鼓膜に穴が開いている場合は、耳の中に水が入らないように注意しましょう。症状によっては控えた方がよい場合もあるので必ず医師に確認してください。

園を休ませるかどうかについては、熱の有無や子どもの様子に応じて考えましょう。園によっては登園に関するルールを設けていることもあるので、事前に確認しておきましょう。

中耳炎にならないために予防ケアを心がけて

中耳炎の予防には、日頃から鼻水をためたままにしないことが重要です。

赤ちゃんや小さい子どもの場合は、保護者が鼻吸い器を使って鼻水をとってあげましょう。過度な吸引は、粘膜が傷ついて鼻出血が出ることもあり注意が必要です。吸引で呼吸がしやすく、楽になることを覚えると好んで吸引してほしがる子どももいます。
iStock.com/isayildiz
iStock.com/isayildiz
できるだけ鼻をこまめにかみ、鼻をすする行為は極力控えるということも大切です。

鼻すすりは、耳管に鼻水が流れて炎症を起こしやすくなってしまう危険があるので、癖にならないよう声をかけてあげることも忘れないようにしたいですね。

また、栄養バランスのとれた食事や、睡眠時間の確保を意識して体の免疫を高めることも中耳炎の予防につながります。

マスクの着用や手洗いうがいも徹底し、風邪をひかない生活習慣を心がけながら過ごしましょう。

監修:金髙清佳(おひさまクリニック)

No Image

金髙清佳(おひさまクリニック)

金髙清佳 監修の記事一覧(バックナンバー)

横浜市立大学医学部卒。耳鼻咽喉科専門医。補聴器相談医。大学病院や地域の中核病院で研鑽を積んだ後、おひさまクリニックにて耳鼻咽喉科を担当。小児から高齢者まで幅広く対応しています。

おひさまクリニック
医師監修記事がサクサク読める
▼▼今すぐアプリをDL▼▼

2021年02月25日

トラブルの関連記事

  • 妊娠中や産後の痔はなかなか相談しづらく受診が遅れがちですが、実は多くの女性が妊娠・出産による痔に悩んでいます。今回は妊娠・出産でなぜ痔になりやすいのか、原因と対策、治療法について解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもの急な発熱やのどの痛み、もしかしたら「溶連菌感染症」かもしれません。実際に自分の子どもがかかった経験がなければ、詳しい症状などを知らない人も多いのではないでしょうか。「猩紅熱(しょうこうねつ)」ともよばれる、溶連菌感染症の原因と症状、特に流行しやすい時期、検査方法、注意したい合併症、治療方法や家庭でできる対応、登園目安や予防法などを医師に伺いました。

    眞々田容子(クローバーこどもクリニック)

  • 保育園や幼稚園で冬場に集団流行しやすい病気のひとつ「おたふく風邪」は就学前の子どもがかかりやすい病気のひとつ。今回はおたふく風邪の流行時期や症状、そしてワクチンの重要性とホームケアや登園許可、予防法などについてご紹介します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 非常に強い感染力を持ち、空気、飛沫、接触など、人から人へとうつっていく麻疹(はしか)ウイルス。免疫を持っていなければ発症率はほぼ100%といわれています。今回は麻疹(はしか)と、混同されがちな風疹の症状や原因、感染経路や予防方法などについて解説します。

    金髙太一(おひさまクリニック)

  • 家庭内で過ごす時間が増えた今、子どもの猫背が気になることはありませんか。猫背は子どもの体にどのような影響を及ぼすのでしょう。今回の記事では、子どもの猫背で起こる影響や受診の目安、家庭でできる対処法について解説します。

    千葉直樹(上高田ちば整形外科・小児科)

  • 誤飲、口呼吸、歯並び、口内炎、口臭……こどもの口周りの悩みは意外と多いもの。そこで今回は医師監修のもと、口周りのトラブルの原因と対処法を解説した記事をピックアップしました。いざという時のため、長期的な子どもの健康のために、子どもに起こりやすい口周りのトラブルについて備えては。

  • トイレトレーニング(以下、トイトレ)は終わったのに、夜はおねしょが頻繁でまだオムツが手放せない…そんなお悩みはありませんか?そもそも何歳までおねしょをするものなのか、どこに相談していいのかも分かりませんよね。そこで今回は、おねしょと夜尿症の違いや、夜尿症の治療について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 「男性不妊」「男性の妊活」という言葉が一般的になりましたが、具体的に何から始めればよいのか、病院でどんな検査や治療をおこなうのか不安…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、厚生労働省の妊活に関わる調査結果、男性不妊の主な原因、病院での検査内容や治療の流れについて解説します。

    杉山力一(杉山産婦人科)

  • WHOが2030年までに15歳以下の女子の接種率を9割まで高めることを新たな目標にし、注目されているHPVワクチン。しかし日本では、副反応に対する不安などから、ワクチン接種を控える保護者も多くいます。そこで今回は子宮頸がんの予防に有効なHPVワクチンの効果と、副反応について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 初めて子どものけいれんを目にした場合、多くの保護者が焦りでパニックに陥るもの。とくに乳幼児に多い熱性けいれんは何故起きるのか、原因と対処法についてご紹介します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 子どもの便の量や頻度は人それぞれですが、子どもの便秘は放っておくと悪化して、治療が必要な慢性便秘症におちいることも。そこで今回は、子どもの便秘の原因と対策、さらには慢性便秘症になった場合の治療方法について解説します。

    保科しほ(医療法人社団 敦保会 恵比寿こどもクリニック)

  • 「新しい生活様式」が呼びかけられ、長引くマスク生活。マスク着用により、子どもたちに影響はあるのでしょうか?マスク着用の習慣がもたらす健康被害と口呼吸の危険性、マスク選びのポイントやマスクの作り方をまとめました。

カテゴリ一覧