子どものしつけ、夫婦関係、育児グッズについて。プレママ&先輩ママ KIDSNA座談会第2弾

子どものしつけ、夫婦関係、育児グッズについて。プレママ&先輩ママ KIDSNA座談会第2弾

2回にわたりお届けしているプレママと現役ママ KIDSNA座談会の後編をお届けします。「子どものしつけ」「保育園・幼稚園準備」についてママたちのさまざまな意見をきいてみました。

前回の座談会では、出産後の夫との関係性や育児や家事の夫婦分担について語っていただきました。その中で、夫婦の寝室を別にするお話も出ましたが、プレママは赤ちゃんのベッドについての迷いがあるようです。

前回記事:「出産後に変わる?夫との関係性と育児分担」プレママ&先輩ママ KIDSNA座談会第1弾

座談会参加者

プレママ① 斎藤さん(仮名)4月出産予定

プレママ② 川田さん(仮名)4月出産予定

新米ママ 今井さん(仮名)1歳4ヵ月女の子のママ

ベテランママ 佐々木さん(仮名) 2歳女の子、0歳5ヵ月男の子のママ

【以下、敬称略】

赤ちゃんを寝かせるのは、ベッド?ふとん?

ふとんだと、泣いた時に楽なんですか?

――プレママのお2人はそろそろ出産準備グッズをそろえ始める時期ですよね?

プレママ① 斎藤:そうですね。今、とっても迷っているんですが、ベビーベッドってやっぱり必要ですか?

ベテランママ 佐々木:うちはベッドもあったんですが、結局ふとんで寝かせていました。

――ベッドがあるのに?

ベテランママ 佐々木:上の子の時はベッドを使ってたんですが、寝かしつけと夜中に泣いた時が大変で…。

プレママ① 斎藤:なるほど。ふとんだと、泣いた時に楽なんですか?

ベテランママ 佐々木:大人のふとんをくっつけられてすぐ隣に寝られるので、泣いても寝ながらトントンさすったり、添い寝授乳したりしてました。

新米ママ 今井:ベッドだと自分と赤ちゃんのベッドの高さを合わせないと添い寝ができないんですよね。場所も取るし。

プレママ② 川田:なるほど。みなさんの話を聞いていると、ふとんの方がよさそうですね。

経験したからわかる「使えるグッズ」

――ベッドの話が出ましたが、同じように生まれてすぐ使うグッズで「いいね!」というもの、ありましたか?

ベテランママ 佐々木:ハイ&ローラック(リクライニング角度によって簡易ベッドやイスになる育児グッズ)はおすすめ!下の子が生まれた時に使いました。タイヤがついているので部屋間の移動ができるんですよ。

一同:それは便利そう!

ベテランママ 佐々木:買うと6~7万円で、もし使いづらかったら無駄になっちゃうなぁと思ったので、1年間のレンタルにしました。

プレママ② 川田:それ、友達の家で見たことある!なんか自動で揺れる機能がついていて気持ちいいらしく、乗せたら6~7分くらいで赤ちゃんが寝ていました。

新米ママ 今井:ハイ&ローラック、私は使っていないんですが気になってました。よさそうですね。

プレママ① 斎藤:育児グッズのレンタル、知らなかったです。最初はふとんに寝かせてみて、必要に応じてベッドをレンタルするっていう方法もアリですね。

子どものしつけについて

夫婦で意見がわかれることも

――グッズについての先輩ママの意見、参考になりますね。それ以外にお子さんの育て方やお世話で気になっていることってありますか?

プレママ 斎藤①:まだ赤ちゃん生まれていないんですが、何歳ぐらいからしつけって必要なのかちょっと気になってます。

新米ママ 今井:危ないこととかは0歳の時から「〇〇すると、危ないからやめようね」と声はかけてましたね。あと、しつけに関しては夫と私の言っていることが矛盾しないように気をつけてます。

――夫婦で意見がわかれたりしませんか?

新米ママ 今井:些細な意見の違いはありますが、子どもが「どっち?」って混乱しないようにお互い気をつけています。

ーー他に気をつけていることはありますか?

新米ママ 今井:2人で怒るんじゃなくてどちらかが逃げ場になるようにしています。

――しつけって夫婦での役割分担が大切かもしれませんね。

パパの悪口はいわない

プレママ② 川田:しつけ上、お子さんの前でパパを立てたりした方がいいですか。

ベテランママ 佐々木:うちは特別立てたりはしていません(笑)ただ、子どもの前で悪口は言いません。おかげで子どもは夫のことが大好きです。

プレママ②川田:「悪口は言わない」っていうのはいいですね。私もぜひ見習って、子どもをパパ好きにしたいです。

――もしパパの愚痴を言いたくなっても子どもの前では言わないようにしたいですね。

子どもの保育園問題。幼稚園は?

妊娠中から予約しているケースも

――話は変わりますが、プレママ2人はお仕事されているので復職する時はお子さんを保育園に入れるのでしょうか。見学には行きましたか?

プレママ① 斎藤:全然やっていません…。

プレママ② 川田:私は家の近くを散歩しながら、保育園の場所とか雰囲気とかチェックしています。預けたいと思っているところがあるんですが、認可だから激戦。見学しても、現実的に園は選べないですよね…。

ーー保育園でも認証や無認可は、みなさん妊娠中から予約しているケースが多いですよね。

プレママ① 斎藤:役所の人に「泣きながら電話するといいよ」とアドバイスされたこともあります。

プレママ② 川田:もし認可に落ちたら、2歳児までの小規模園を狙い、3歳児の時に転園か、または預かり保育のある幼稚園に転園させようかなと思っています。

――幼稚園で預かり保育?

プレママ② 川田:そうなんです。うちの地区は長時間預かってくれる幼稚園が多いんです。だから働くママも結構、入園させているらしいです。

――そうなんですね。そういう幼稚園が増えるのは、働くママにとってはありがたいですね。

幼稚園受験はどんな感じ?

――ベテランママ 佐々木さんは、幼稚園受験を経験されたようですが、幼稚園受験はどうでしたか

ベテランママ 佐々木:幼稚園は11月上旬が試験なんですが、激戦区だったみたいで…。それなりに準備していたはずですが、全部落ちてしまいました。その後「空きがあったら入れてほしい」と幼稚園に電話しまくって(笑)。やっと入れてもらいました。

プレママ② 川田:10月1日の願書受付の時に徹夜で並ぶとかって聞くんですが、本当ですか?

ベテランママ 佐々木:そうですね。願書番号が早いと有利とか言われているところもあるので。お父さん方が朝早くから並んでたりとか。

――保育園が激戦とは聞きますが、幼稚園も場所によっては大変なんですね。

編集部より

以上、今回はプレママから関心の高い出産に必要なグッズと、子どものしつけ、保育園問題と幼稚園受験についての話でした。

現役ママの実体験を聞くことが、本当に役立つグッズを見つける近道のようです。また、子どもに考えさせたり、夫と協力することが、子どもにしつけをする上でのポイントになることがわかりました。

今後は働くママやパパの関心の高いテーマを中心に、座談会を行っていきたいと思っています。

2017年02月27日

専門家のコメント
1
    いちぽ先生 保育士
    夫婦のしつけのちがいについては、わたしも悩む時があります。
    旦那が加減が分からず激しい遊びをする時は気になりますね。
    子どもが混乱しないように話し合っておくのが大事ですね。

取材レポートの関連記事

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第2回は、姿勢の観点から見た授乳の盲点について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第1回は、産後の悩みとして必ず上位にあがる骨盤調整について、虎ノ門カイロプラクティック院の碓田紗由里先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 2020年の教育改革を控える新時代には、親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるのかもしれない。これからの子どもたちに必要なのは、どのような教育なのか。この連載では、テストや成績、運動神経では計ることのできない独自の分野で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介する。第3回目は、子どもから大人まで年齢を問わない哲学対話を実践する「こども哲学おとな哲学アーダコーダ」代表、角田将太郎氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を目前に、進化の真っ只中を生きる現代の子どもたち。親である私たちが受けてきた教育が当たり前でなくなるこれからの時代に、子どもに必要な教育とは何なのか?この連載では、テストや成績、運動神経など従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第2回では、大自然に囲まれたフィールドで、親子のための“遊びの学校”を実践する原っぱ大学 ガクチョ―、塚越 暁氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年の教育改革を間近に迎え、新時代を生きる私たちの子どもたち。親である私たちが教わってきた教育があたりまえでなくなる新時代に子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、子どものテストや成績、運動神経ではなく多方面で子どもの能力を伸ばす学びのカタチについて紹介をしていく。第1回目は新時代の教育改革者として子どもの興味開発教育を行う探究学舎 宝槻泰伸氏に話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 2020年を間近に迎えた近年、さまざまなテクノロジーの進化で世の中が大きく変わろうとしている。私たちの子どもが大人になる頃にはどのような時代になっているのか。今の当たり前が当たり前ではなくなっているだろう。KIDSNA編集部の連載企画『子どものミライ』#05では、繊維の加工からクラウドサービスまでをワンストップで行う、世界で唯一のウェアラブルIoT企業ミツフジ株式会社に、スマートウェアと共存するミライについて話を聞いた。

    <連載企画>子どものミライ

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#06は弁護士の大渕愛子氏にインタビュー。タレント業、育児グッズの企画販売もこなす彼女は現在、3児のママ。法律の専門家という責任の大きな仕事をこなしつつ子育てを楽しむ彼女は、どのように育児と仕事を両立しているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

カテゴリ一覧