【子どもの腰痛】重たいランドセルの負担を軽減するには?

【子どもの腰痛】重たいランドセルの負担を軽減するには?

ネット環境が整った時代に生まれ、スマホやタブレットなどのデジタルデバイスの進化とともに成長してきた現代の子どもたち。親世代の子ども時代とは、社会環境や生活の仕方が変化した今、子どもたちの心身には新たな問題が起きている。後編では、子どもの腰痛予防と痛みを緩和する方法について、上高田ちば整形外科・小児科 院長の千葉直樹先生にインタビュー。

<連載企画>子どもの体と向き合う

腰に集中しないよう重さを分散させる

前編では、子どもが腰痛を訴える理由が増えている背景を上高田ちば整形外科・小児科の院長、千葉直樹先生(以下、千葉先生)に聞いてきた。
千葉直樹/上高田ちば整形外科・小児科 院長。日本整形外科学会 整形外科専門医。整形外科・リハビリテーション科を担当。子どもが楽しく通えて、保護者も安心のクリニック作りを目指して地域に貢献する医療に取り組んでいる。
千葉直樹/上高田ちば整形外科・小児科 院長。日本整形外科学会 整形外科専門医。整形外科・リハビリテーション科を担当。子どもが楽しく通えて、保護者も安心のクリニック作りを目指して地域に貢献する医療に取り組んでいる。
子どもの腰痛が増えている要因は主にふたつあると千葉先生。ランドセルの重量化と、子どもたちの二極化する運動習慣が関係していることがわかった。運動習慣がない子どもは腰を守るための筋力が低下が腰の痛みを招き、反対に激しい運動をする子どもは繰り返しの動作により腰痛のリスクを抱えている。

ランドセルやリュックの負担のない背負い方

「体重の15%ほど(小学校低学年であれば2~3kg)が子どもが背負える適正重量ではあるものの、授業の内容や持ち物により調整できない現実があるでしょう。

ランドセルやリュックが背中から離れていると、体感として同じ重量でも重く感じる。これは実際に腰と肩に重さが集中している状態にあります。背骨に沿うように肩ベルトを調節し、フィットさせると重さを背中全体で受け止められます。また、登山リュックなどに付属しているフロントストラップを使うと、重心が中央に集まり負担が軽減します。
Potential Filmmaker/Shutterstock.com
Potential Filmmaker/Shutterstock.com
荷物が重いと前かがみになりがちですが、前傾姿勢は腰痛につながります。胸を張り背骨を伸ばして背負うことを心がけましょう」

荷物の重心は体から近いとバランスが取りやすい。厚い教科書は背中側に入れるなどの工夫も取り入れるとよいだろう。

子どもの腰のストレスを軽減する方法

「痛みによっては早い段階で治療しないと、骨が離れたままになり慢性的に腰痛と付き合っていかなければならない。小学生から中学生のお子さんで腰痛を訴えた場合、早期治療がポイントになるため早めに整形外科に相談しましょう」と話す千葉先生。

腰痛を予防するために自宅でできることを教えてもらった。

椅子の座り方

まずは、椅子に座る際のポイントだ。背もたれのある椅子に深く腰掛けること、そして椅子と腰の間にスペースが余る場合はクッションを置くことが大切だと千葉先生。
iStock.com/kohei_hara
iStock.com/kohei_hara
「立っているよりも、座っているときのほうが腰への負担は大きい。姿勢にもよりますが座位のほうが直立よりも40%ほど腰に負担がかかっています。

立っている状態だと、上半身の重さを下半身全体に分散させることができますが、座っていると腰と骨盤で上半身の重みを全て受け止めることになる。そのため腰に負担を与えない座り方は重要なのです。

腰痛を未然に防ぐためには骨盤を立てるようにして座れるといいですね。足が地面にしっかりとついた状態で深く腰掛けることができているか、椅子の高さも調節しましょう」

就寝時は負担を軽減するストレッチと寝姿勢を

「寝る前や起きたときに腰や股関節周りのストレッチをして、柔軟性を高めて血流を改善することで腰痛を緩和できます。仰向けになった状態で片足を抱え、もう一方は伸ばすストレッチや、両膝を抱えて前後左右に軽く揺れるストレッチを行ってみてください」
falconnadix/Shutterstock.com
falconnadix/Shutterstock.com
また、就寝時には寝姿勢に気を付けると、腰に負担がかかりにくくなる。

「膝の下にタオルケットを敷いて仰向けになったときに膝が軽く曲がるようにしたり、抱き枕を抱くなどして、横向きに寝かせてみてください。

腰痛を感じる場合、腰骨やその下にある仙骨が反っている傾向があるため、仰向けがつらいときは横向きに寝ると痛みが緩和され腰のストレスが軽減します」

“脱ゆとり教育”によるランドセルの重量化、そして運動不足による筋力の低下と、反対に激しいスポーツによる腰への強い圧力。成長期にある子どもの腰の痛みが慢性化しないよう、日頃から無理のない範囲で腰に負担をかけないようにすることが第一だ。

「間違った姿勢や対処が、腰痛の慢性化の原因になることも。子どもの体重や体の大きさに適した量の荷物を持たせたり、無理をしすぎた動きをしていないか見守ることが大切です」

<取材・撮影・執筆>KIDSNA編集部

2020年07月06日

専門家のコメント
50
    みー先生 保育士
    我が子のランドセルも本当に重いです。軽いランドセルを購入しましたが教科書ノートで重くなり、
    りお先生 保育士
    子どもの腰痛、正直気にしていなかったので、姿勢や運動や、気をつけないといけないなと思ってい
    すみっこ先生 保育士
    大人と同じように子どもも腰に負担が掛からないように気を付けなければいけませんね。
    後々に痛
    あゆみ先生 保育士
    子どもの腰も小さいうちからケアすることが大事ですね。たくさんの教科書の他、毎日や毎週持ち帰
    cocoまま先生 保育士
    ランドセルで腰痛ですか…かなり驚きました。確かに重いですけど今の子どもは体幹が弱かったり、
    cocoまま先生 保育士
    小さい頃から外で沢山走ったり、凸凹道を転ばずに走れたり、柔らかいものばかり食べずに煮干しや
    cocoまま先生 保育士
    最近の親は我が子の守り方がちょっと違うんじゃないかなと私は思ってしまう事があります。どんな
    cocoまま先生 保育士
    を考えて、きっと皆さんどんな状況になってもたくましく生きていけるようになってほしいのでは?
    めい先生 保育士
    子供の頃から腰痛持ちになると今後が心配だし、職業によっては致命的ですよね。
    教科書は教科な
    すー先生 保育士
    ランドセル重たいですよね。小さいうちから重たい物を持っていると身長や腰に影響がでそうで親と
    ゆう先生 保育士
    親世代とは、かなり変わりましたよね。早い段階で治療しないと、骨が離れたままになり慢性的に腰
    わい先生 保育士
    腰痛わかる気がします。
    最近は、小さい子が体力低下が話題になってます。園でも自分の荷物を持
    とーち先生 保育士
    私自身が学生の時から腰痛持ちでした。


    寝る前のストレッチ、椅子に座るときの方が腰に負担
    まあ先生 保育士
    ランドセルは確かに重いですよね。自分の小学生時代も確かに重かった記憶はありますが、きっと重
    こいまま先生 保育士
    私も腰痛持ちのため、子どもの頃から腰痛に悩まされるなんて本当にかわいそうだと思います。
    ゆきな先生 保育士
    ランドセルほんとに重たいですよね。その分作りがしっかりしてるのだとおもうのですが自分も小学
    まい先生 保育士
    置き勉だめ!とかその割にはかなりの教科書がいるとか結構子供のランドセルを持ったら重いことが
    すず先生 保育士
    小学校一年生はほとんどの教科書ノートを学校で預かってくれているので、ちょうどいい重さになっ
    りり先生 保育士
    ランドセル、本当に重いし子ども達よく頑張ってると思います。私も幼い頃から腰痛持ちで整体に通
    せおみ先生 保育士
    ランドセルに教科書などをいれると重たいです。重たいだけなら体力。と思っていましたが、体の歪
    こうじん先生 保育士
    こつが、こんなにたくさんあったとは!!フロントベルトにはそのような意味があったんですね。無
    とまと先生 保育士
    今は昔より教科書がずいぶん分厚く重たくなっているそうです。重たいランドセルによる子どもの腰
    じゅん先生 保育士
    ランドセルの中身が軽くなれば、子ども達の負担は軽減すると思います。コロナ禍の中で蜜を避ける
    あみーご先生 保育士
    ランドセルは軽くなっているのに不思議でしたが、今は中身が重くなっているのですね。
    小学校だ
    ひで先生 保育士
    ランドセルは軽くなるけど中身が重くなる、本末転倒な気が。これからはタブレット等で教科書も減
コメントをもっと見る

取材レポートの関連記事

カテゴリ一覧