【学校では教えてくれない】子どもはセックスをどう学ぶのか

【学校では教えてくれない】子どもはセックスをどう学ぶのか

子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、産婦人科医、性科学者であり2児の母でもある宋美玄先生に話を聞いた。

<連載企画>学校では教えてくれない
乳児期から幼児期と成長していく中で好奇心がめばえ、体のつくりや、命の誕生について興味や疑問を持ちはじめる年頃。性について、親としてどのように考え、教えていくとよいのだろうか。

産婦人科医の宋美玄先生は、著書『少女はセックスをどこで学ぶのか』の中で、現代の10代の少女たちの性行動の実態を赤裸々にひもとき、産婦人科の現場から感じる性教育の重要性を主張した。

臨床の現場では決して少なくない、小学生での性感染症、中学生で望まない妊娠、くりかえされる中絶……これらは、子どもたちに性の知識が欠落していることが大きな原因だ。

「うちの子は大丈夫」と思えるだろうか?

まずは、宋先生が実施したアンケートから、10代の娘を持つ親の現状を見てみよう。

子どものリアルと性教育のギャップ

「産婦人科医としてこれまで診察にあたってきて、10代の女の子の中期中絶が本当に多いんです」

 中期中絶とは、妊娠12週0日以上経過した場合の中絶のこと。12週未満の場合は、掻爬法か吸引法だが、12週を越えた場合は基本的には分娩という方法を取ることになり、リスクも大きい。

 ――なぜ、初期中絶ではなく中期中絶が多いのでしょうか?

 「多くの女の子たちは、妊娠に気づかないからです。その原因のひとつは、自分がした性行為自体が、妊娠につながるものと知らないパターン、もうひとつは生理が遅れていることが異常だと分かっていなかったり、周囲の人に言えないというパターンです」
産婦人科専門医、医学博士、性科学者。1976年兵庫県神戸市生まれ。現在は2017年に開院した丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、さまざまなメディアを通じて情報発信を行う。プライベートでは1男1女の母の顔も。新著『産婦人科医 宋美玄先生が娘に伝えたい 性の話』(小学館)が2月19日に発売。
小学生で性感染症、中学生で妊娠、中絶をくりかえす……まるでドラマのような話だが、これは宋先生がこれまで実際に出会い、診察してきた10代の女の子たちの現実だ。 

 女の子を持つ親は、娘が自分で自分の身を守れるようにと、男の子の親は、息子が将来、女の子を傷つけないようにと、考えるだろう。

統計的なデータでも、厚生労働省による平成30年度の「衛生行政報告例の概要」では、20歳未満の中絶数が約1.3万人、15歳未満は190人という結果が出た。性感染症については、厚生労働省による「性感染症報告数」で、10代に多いといわれる性器クラミジア感染症で、20~24歳の約7000人が最大数の中で、10~14歳が26人、15~19歳が約2000人と発表されている。

 「これらの問題は、子どもたちが自分の体や性について知識がないことが大きな原因です。特にセックスについて、子どもたちはきちんと学ぶ機会がありません

学校教育による影響

iStock.com/xavierarnau
文部科学省が定める中学校の学習指導要領の中には、学校で行う性教育について指針が示されている。

“妊娠や出産が可能となるような成熟が始まるという観点から、受精・妊娠までを取り扱うものとし、妊娠の経過は取り扱わないものとする”

「これだと、どうすれば受精し妊娠するのか、その経過については教えてはいけないことになります。つまり、日本の中学生は、どんな行為が妊娠を誘発することになるのかは教えてもらえないまま、突然、受精や妊娠について教わる。もしくは、いきなり実体験することになるのです。

――つまり子どもたちは、性行為がどんな行為なのかということすら知らないということなんですね。

「性行為をしたら妊娠するってことを知らない子や、彼氏に言われるがままにした行為が、セックスであるということを知らずにいる子もいるんです。

小学校の高学年で、女子は生理について学校で習いますが、仕組みやナプキンの使い方については扱っても、何日周期で生理がくるのが正常なのかといったところまでは教えてもらえないところもあります。

そうすると、遅れていることに気づくまでに時間がかかったり、生理が遅れていても妊娠を疑うことができないまま、誰にも言わずに手遅れになる。

性感染症についても、保健体育で習うことにはなっているけれども、どんな種類があるか、男女それぞれどんな症状が起こるか、また予防の仕方についても、コンドームで防げるものとそうでないものなど、細かいことは教える先生も知りません」

性には「生殖」と「快楽」の面がある

宋先生がこれまで出会ってきた10代の女性たちは、セックスと妊娠、性感染症の可能性を結びつけられていない子が多い傾向にあると言います。
「学校で教えられる“生殖としての性”と、子どもたちがインターネットで気軽に調べたり、友だちからの情報から手にいれた“快楽としての性”に大きなギャップがあることも大きな問題です。

もうひとつ、診察室で出会った10代の女の子たちに多く見られた傾向として、好きな男性に対して『嫌われたくない』『求められるから仕方なく』といった受容的な態度であるということ。断ることでその場を気まずい空気にしたくないと考えるんですよね」

――女の子が空気を読んでしまうのですね。日本には、相手の気持ちを察するという文化も未だに残っていますし……。

「相手よりも自分の体を考え、自分の気持ちを優先させる、こういった自分を守るための考え方も学校では習いません。性教育で大切なことは、誰かに流されるのではなく、自分の体や気持ちを大切にし、自分の意志を相手に伝えることができるという考えを持つこと。

これは、望まない妊娠や性感染症を防ぎ、自分自身で妊娠を管理するバースコントロールの一貫にもなります。
iStock.com/golibo
身体的に子どもをつくる能力が備わっていることに対して自覚を持ち、主体的になること。自分の身体について知らないまま相手に任せ、傷ついていく子どもたちが多すぎます。

そして同時に、男の子も女の子も“性的同意”について知っておくべきです。

スキンシップや性的な行為の前に相手の意思を確認することをいうのですが、先日見たとあるメディアでは、日本のメディアで取り上げられていることは“女の子をいかにセックスに持ち込むか”という話題が多いのだそう。それって、性的同意とは真逆ですよね。

さらに、性行為がどんなものかということは学校で習わないので、男の子たちはアダルトコンテンツを見て学ぶことも多い。ああいう世の中にあふれているものは興奮するためのファンタジーであって、現実の世界とは別物であるということをきちんと教えるべきだと思います」
iStock.com/golfcphoto
――うちは息子がふたりなので、お話を聞いて怖くなってきました。一般的に思春期の男の子同士で話すことといえば、そういったアダルトコンテンツのことが多いですもんね。とはいえ、母親として言えることって……。

「とりあえず、男同士の武勇伝はかっこ悪いことだということを教えたらどうでしょう。女の子にきちんと同意をとる、ジェントルマンで結構じゃないですか。

親として、子どもが性犯罪の被害者や加害者になってほしくないし、被害者になったときに自分を責めてほしくないですよね。だから同意は必ず必要

同意なく性行為をしてはいけないし、痴漢やレイプも悪いのは加害者の方で、あなたに非はないと教えるべきです。

こういった現状の問題に対しては、学校ができるだけ早く実用的な性教育をしてくれることを願うばかりですが、それと同時に、保護者が現代を生きる子どもたちの目線に立って向き合うことも大切ですね」

親に言えない子どもたち

「うちの子に限って」と思う保護者

iStock.com/Sasiistock
10代の少女たちの性を取り巻く環境や性行動の実態について、性交経験率や中絶件数、性感染症の報告数などのさまざまな統計で見える10代の少女たちの実態と、保護者の「うちの娘(息子)はこうだろう」といった漠然とした子どもへの思い込みには大きな差があると宋先生は言う。

「10代の娘が学校でどんな性教育を受けているかを知らない保護者や、娘を処女だと疑わない保護者も多くいます。

親は、ついつい自分がすでに培ってきた価値観を基準に子どもに接しがちですです。何気ない親の言動が子どもの性のイメージを形づくるので、親が性をいやらしいもの、悪いもの、隠すべきものという価値観をもっていれば、子どもはどんどん親に話しづらくなります」

自分たちがきちんとした性教育を受けてこなかった私たち親世代は、性について子どもと話すことに大きなハードルを感じてしまう。それは、性というものが、子どもには隠すべきものであり、教えることで悪い影響が起こるのではないかという心配もあるからだ。

しかし宋先生は、学校や周囲の友だちからネガティブな影響を受ける前の、性に興味がめばえる幼児期から教えることが大切だと言う。
iStock.com/kohei_hara
「実際、性のめばえって早くて、幼稚園くらいからあると思うんです。

その段階から、子どもの素朴な疑問にごまかさず答えるようにしましょう。だって『子どもってどうやってできるの?』って聞かれて、『コウノトリが連れてくるのよ』って言う親だったら、この人に聞いても答えは得られないと思っちゃうじゃないですか。

もしくは『そんな話やめなさい!』とか言われたら、将来妊娠しちゃったときに、親に話そうと思う?

性に関することは健康的で生理的なことです。自分が恥ずかしいからって嫌悪感をむき出しにしたりせず、リテラシーを教えていくことが大切です。

やっぱり、第二次性徴が出たくらいから、性に関することをしゃべれる親子関係になってる方がいいと思う。そのためには、幼児期からのコミュニケーションで信頼関係を育む必要があるんですよ。

まずは家の中で、性の話にタブーがないようにしてみましょう。お父さんやお母さんは、別に専門的な知識がなくてもいい。一生懸命に教えようとしてくれてるなって、その姿勢が伝わればいいんです」

家庭で性について教えるときのポイント

――実際、幼児期からどんな風に教えるとよいですか?
「よく、ママ友に性教育をどうすればいいかと聞かれるんだけど、男の子におちんちんがついてるのはみんな何も言わずとも知ってるじゃないですか、でも女の子には何がついてることになってんの?と聞くと何もついてないことになっているって言うんです。

それじゃ何の説明もはじめられないですよ。呼び方は別として、うちでは“おまた”と呼んでいます。男の子にはおちんちん、女の子にはおまたがついてるので、おまたと赤ちゃんのおうちとの間に道がついてるんだよって言えば、それでセックスも月経も出産も教えられるじゃないですか。

まずは、女性は男性が持っている物が欠けているだけの存在ではないので、体の構造をきちんと教えましょう。

そのあとで、生理とか生殖について教えたくなったら、精子と卵子の話をして、それが出会うということでセックスという行為を教えるんですけど、大切なのは、そのときに欲求や快感の話もいっしょにすること

生殖の話だけをしてしまうと、将来、それがセックスという行為につながらなくて、望まない妊娠や性感染症の可能性も出てきてしまいます」

――そこまで、話せるか……不安です。

「子ども向けのコミックや絵本は、親がなかなか言いにくいことが書いてあるから読ませてみるのもいいですね」
iStock.com/kohei_hara
「うちも、上の子は女の子でもうすぐ8歳ですけど、ひと通り教えてますね。性行為についても教えたけど完璧には理解してないと思う。『ぼくどこからきたの?』(ピーター・メイル著、河出書房新社)という絵本を、まだ読み聞かせしてーっていう歳から熟読してます(笑)。

それから、できたら男の子も女の子もマスターベーションを教えてほしい。

男の子の場合は、小学校高学年くらいから精通がはじまります。間違ったやり方をしたら射精障害になったり、一度間違えた方法でやると矯正するのが大変なので、お父さんからしっかり教えるといいですね。

女の子はそういったリスクはほぼないのですが、あまりにもタブー視され、ネガティブなイメージがついています。そのせいで傷つくことがないように、教えてあげられるといいですね。

マスターベーションの“おかず”の選び方は、男女両方に大切です。

アダルトコンテンツはたとえどんなに過激でも、制作するにあたって出演者が同意してたら問題はないですが、それを見た人が、現実との区別がつかないと大変なことになります。ひとりのときにどんな妄想やファンタジーがあっても別にいい、でも、実際の女性や男性と混同しないように、ということは必ず教えたいですね」

これからの性教育

性教育は進化するか

――性教育、これから進化していくでしょうか。

「変わっていくと思います。2019年3月に、東京都教育委員会は約15年ぶりに、学校教員に向けた『性教育の手引』を改訂しました。

そこで、学校でもできるだけ外部講師を呼びましょう、ということになった。

これまでも、別のルートで産婦人科医が講演に行くことはあったけれど、学校によって受け入れないところもあるし、講演に行っても『この話はしないでください』と言われることもありました。

でもこれからは、もう少しスムーズに、より多くの子どもたちに届けられるようになると思います」

――先生がこれまで見てきた保護者の人々にも、意識のばらつきは感じますか?

「感じます。『なるべく触れたくない』という方や、中学生の親御さんでも『うちの子にはまだ早い』という方もいます。先ほど言ったように、性について話せる親子になるには、幼児期からの関係づくりが大切です。10歳でも遅いと思います」

――そういった保護者は、子どもたちが性に関する情報に小さいころから触れていることを知らないんでしょうか?

「知らないし、これからの時代はどんどん見えなくなると思いますよ。このように家庭によっても考え方や事情はバラバラですから、やはり国や学校がセーフティネットとしてしっかり教えるべきだと思います」

現代の子どもたちは、生まれたときからスマートフォンがあり、小さいころから身近な存在だ。インターネットで得た情報、学校で習ったこと、友だちと話したこと。子どもの体を心配すると同時に、ふだんから会話ができるような親子の関係を大切にしていきたい。

女の子はかかりつけの婦人科を持とう

iStock.com/AntonioGuillem
――自分がまったく教えてもらえなかったので、これからは、性教育で低用量ピルについても教えてほしいと思っています。

「たとえば、生理がきた子に『あなたの体が子どもを産む準備をしているんですよ』と伝えたあと、でも今は全然ほしくないからとそのまま何年も経ち、30歳くらいになって子どもを作ろうとしたときに、『あなたは子宮内膜症だから妊娠しづらいかもしれませんね』と言われてびっくりするケースもあります。

ピルを飲んでおけば、生理をコントロールすることで子宮内膜症を予防できるんです。でもその方は、ピルで予防できることを知らないし、ピルについて聞く機会もなかったと。生理の負担も減らしてくれる選択肢のひとつなので、教えておきたいですよね」
iStock.com/Motortion
――低用量ピルに、避妊以外の効果があることを知らない人は多い気がします。それどころか、ピルは悪い薬、くらいに教えられていました。

「女の子は、子宮頸がんワクチンの接種期間である小学校6年生から高校1年生が初めて婦人科に来るタイミングかもしれません。子宮頸がんは性行為で感染するもので、こういう行為をするとリスクが上がるよという説明もしますが、そのついでに生理をはじめ、性に関する話もしてもらえますよ」

――えっ!婦人科でそんなことも教えてもらえるんですね。

「もし子どもが自分たち親に話してくれなかったとしても、おりものがひどいとか、セックスしたあとにかゆいとか、生理が来ないとか、そういったことで悩んだときに、一度でも行ったことのある婦人科を思い出して、あの先生のところに行ってみようかなって思ってくれるかもしれません。

早めに専門家につないでおくことは大切です。子どもも、自分の異変に気づきやすくなったりしますから。男の子の場合はなかなかそういった機会がないかもしれないから、ある程度は親が伝える必要はあるかもしれませんね」
iStock.com/Rawpixel
最後に、宋先生が“セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス&ライツ”という言葉を教えてくれた。日本語に訳すと“性と生殖に関する健康と権利”。

これは1994年、エジプトのカイロで開かれた国際人口開発会議で発表された考え方で、
昨今、日本において新たな性の捉え方として注目されている。

自分自身の性に向き合い、性に関わるすべてにおいて、身体的にも精神的にも社会的にも良好な状態であること。子どもを産むかどうか、産むとすればいつ、何人産むかを決定する自由と、適切な情報とサービスを受けられること。

こうした性や生殖にまつわることを人権と捉え、社会の制度や環境を整備していくための大切な概念だ。

男性も女性も、他者を尊重しながら、性を主体的に考え、自分の心身を守る。そのためには、性をネガティブに捉えず誠実に向き合うことが大切だ。情報をシャットアウトするのではなく、実用的で偏りのない正しい性の知識を親自身がもち、子どもと話す機会をつくっていきたい。
家庭ではこう教えたい「性教育」
子どものリアルな目線に立って、性について話せる親子関係に

<取材・撮影・執筆>KIDSNA編集部

2020年02月04日

専門家のコメント
25
    あーちん先生 保育士
    中学生の妊娠、14才の母を思い出します。実際ドラマを見ていて衝撃でした。子どもを授かる幸せではなく、不安や困惑は誰も望んでいませんよね。。教育としてしっかり正しい知識が必要だと思います。

    本人のためにも赤ちゃんのためにも、考え方をしっかり伝えたいと思います。
    めい先生 保育士
    小学校高学年では修学旅行前に女子だけ呼ばれて生理について話がありました。
    男子は触れてはいけないような習慣がありそうなので、子どもは男児ですが性を生活の中で当たり前な存在として扱っていきたいです。
    いちぽ先生 保育士
    実際に性教育が学校でどんなふうに教えているのか正直把握していません。
    望まない妊娠もそうですが、今は赤ちゃんがほしいと思ってもなかなかできないことや、女の人の体にはリミットがあることも知らせていくべきだと思います。
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    いまだにタブー視され難しいテーマですね。
    これは特に女の子に言えることだと思いますが、自尊心や自己肯定感を高め、自分を大切に出来る心をはぐくむことが何よりも重要だと思います。
    一人ひとりの存在を尊重するなど、そういったことのプロフェッショナルである児童養護施設などの方法も参考になりますよ。
    すみっこ先生 保育士
    「自分の子に限って」「自分の子はまだ早い」まさにそれです。そんな中、どうやって伝えていくのか、でもいつかは知っていくこと…色々悩みます。
    『親になるということ』それを正しく知ってほしいです。悩んでいるうちにあっという間に子どもは大きくなるんだろうなぁ…
    cocoまま先生 保育士
    SNSやTVなど、多くの刺激で溢れている今とっても悩ましい話題ですよね。私自身、恋愛や性について母親に相談した事は一度もありませんでした。母親からそういう話をしてくれた事も勿論ありませんでした。娘には恋愛や性の話もフランクに話せる関係を今のうちから築いていきたいです^ ^
    のんの先生 保育士
    ネットで間違えた情報を学ぶより、しっかりと学校や親から性教育を学ぶ方がいいと思います。
    子供から尋ねられた際は、オブラートに包む位は良いですが、嘘はつかずに答えてあげることが大切だと思っています。
    ゆか先生 保育士
    保健体育という授業はありますが、感じんな性行為について踏み込んだ授業はないですよね。
    でも、生きていくなかでとても重要なことだと思います。

    子孫を増やすことも大切だし、未成熟の体で妊娠してしまったらどれだけのリスクがあるのかを理解することもとても重要だと思います。

    学校で教えてくれないなら親の自分達が教えるしかないですよね。
    子どもは親が知らないうちに育ってしまいます。
    うちもそろそろしっかり話をしないといけないと思いました。
    りお先生 保育士
    性教育、難しいですよね。
    どこまで踏み込んで教えていいものか、、

    でも、実際に望まない妊娠が多々起きていますもんね💦
    妊娠して高校を退学する子もいるくらい。

    国としてきちんとどの段階で教えるべきなのか、きちんと決めて、全国統一で教えるべきなんでしょうね。

    個人としては、多感な時期ではあるけれど、中学校教育に取り込んでいくべきなのかなと思います。
    自分が中学生の時は、まだそんな経験はなかったですが、興味はありましたもんね。
    のの先生 保育士
    誰かに直接教えてもらった記憶がありません。なんとなく知り、いざ妊活に入りネットで調べて知識を得ました。ですが、望まない妊娠を減らすために高校生くらいになったらしっかりと教えてもいいのではないかと思います。
    まあ先生 保育士
    ネットで色んな情報が入ってくる時代だからこそ、学校で正しい知識をしっかりと学んで欲しいです。自分が学生の頃も性教育に関しては先生も触れにくかったのか、さらっと終わってしまったような気がします。
    はなこ先生 保育士
    私自身が幼少期には小学生高学年の時に生理の話がありました。それが以外はあった記憶がありません。
    誰かに教わるいうことはなかなかないワードですがとても大事なことですよね。
    この間卒園児の保護者と食事した際にそのような話になり最近はいろいろととても早いから危ないと言う話がありました。
    これから我が子が大きくなるとともにどうしていくか考えていきたいですね!
    ぺち先生 保育士
    日本は世界に比べて本当に性教育が遅れていると、この前テレビでもやっていました。なんとなく触れにくいことだから、家ではそんなに教えないし学校任せになってしまいがちな話題だと思いますが、家でも話し合う機会があれば話すことが大切なのかな?と思います。
    めーめー先生 保育士
    私自身小学生の時に受けた性教育は、生理の仕組みと、受精の話だけで、その為の「行為」の部分については全く触れていませんでした。
    男女の子どもがいますので、今後二人にはきちんと性のことについて知ってほしいと思う反面、きちんと伝えられるだろうかと不安でもあります。
    でも生きていく上で大事なことで、大事にしてほしいことなので、私がしっかり学んでいきたいと思います。
    ろろ先生 保育士
    中々難しい題材ですよね、
    自分の性知識は果たして正しいのか、子どもに伝える知識は正しいのかなど頭を悩ませてしまいます。
    みんなひとりひとり違うこと、身体のしくみも周期もすべてが異なることを前提に伝え、自分を大事にするという意識を育てていく必要があると感じました(*˙﹀˙*)
    すず先生 保育士
    そういえば、自分がきちんと性教育を受けたのも、高校生だったような気がします…。しかも、女子だけで。

    男子こそ、命の大切さやエチケットについて勉強するべきですよね。男性側からの協力がないと、避妊できないのに。

    娘には、やはり自分の口からは言いにくい事柄ではありますね。
    恥ずかしがらず、ちゃんと向き合おうと思います。
    おはぎ先生 保育士
    私の娘もまだ年長ですが、結婚したらできるの?大人になったら?など、最近色々聞いてきます。私自身生理が不定期で、二人目以降なかなか自発的に生理が来なかったりしてすぐには授からなかったので娘には早めに相談できる婦人科を知ってもらおうと思います。娘にもそうですが、我が家は息子もいるので抵抗がない時から少しずつ話しておこうと思います。本当に困ったり、悩んだり疑問に思ったときに聞いてもらえるように私自身も心構えしておかないとなーと思っています
    こいまま先生 保育士
    自分が小学生の頃には女子だけ保健の授業があり、ナプキンをもらったりしました。
    男子は帰ってきた女子が何か持っているのに興味津々だったし、女子は恥ずかしくて隠すし…あの日から私のなかでは生理は恥ずかしいものとして記憶されました。
    今思えばどうしてあんなに隠そうとしたのだろう?
    どうして先生は男子には話さなかったのだろう?
    間違った知識として植え付けられるくらいならば、いっそのこともっとオープンに話せる社会になればいいのにと感じます。
    学校だけに頼らず、家庭でも向き合っていくべき課題かと思います。
    める先生 保育士
    学校では、男女が分かれて授業がありました。男子の方は覚えていませんが、女子は生理について教えてもらいました。今はネット環境が整っていて、自分で情報を選ぶ時代なので、そこには危険が伴ってしまいます。学校や家庭でしっかりと教えたり、正しい知識を身につけてほしいですね。
    なー先生 保育士
    私は中学生の頃、全学年体育館に集められ、講師の先生から性についての授業がありました。
    生理についてや避妊の仕方について。
    コンドームをどのようにつけるかのポイントまで教えてくれました。笑
    今思えばしっかり教えてくれて良かったな、と思いますが、当時は恥ずかしい思いでいっぱいだったのを思い出しました。
    母ともなぜ生理がくるのかなど、中学生くらいになったら話していました。
    自然と話せる環境作りも大切になりそうですね。
    ぽんた先生 保育士
    友達やインターネットで偏った情報が入る前に、きちんと正しい情報を伝えたいなーと思います。なので、幼児向けの絵本、小学生向けの漫画を買って、子どもたちの目のつくところに置いています。友達が来たときにも一緒にみて、楽しく学んでいます
    せんせい 保育士
    自分の身を自分で守るために知識は必要ですね☺︎こういうときに辛い思いをするのは女性ですからね。男としても、親としてもネットの情報に操作されないしっかりとした知識を手に入れて、伝えて行かなければいけないと感じましたね
    さと先生 保育士
    私自身が高校生のとき、周りの同級生の中に性に関する知識のない友人が多く危険と感じました。
    娘が大きくなったらしっかりと教えていきたいと思っています。
    しかし多くの親御さんはきちんと説明をしないと思われるのでやはり学校でもしっかりと教えてほしいです。
    まな先生 保育士
    日本は子どもの性教育がとても遅れていると言われていますね。
    学校でしっかり教えてくれないのであれば、親である私たちが伝えていかなければいけないですね。
    女の子の子どもがいる家庭では、初潮がきたときに、もう妊娠する身体になっているということを伝え、避妊の大切さを教えるべきだと感じます。
    ひで先生 保育士
    先生も日頃の教育で大変な中性教育も一手に請け負うのは厳しいと思います。
    やはり保護者が子どもにまずは愛されて生まれて来たことを伝えることが少し意味合いは違いますがそういう教育の初めなのかなと感じます。
    ネットがある今タブー視は誤った知識だけ先行して危険です。
おすすめユーザーのコメント
7
    YK
    小学生辺りから性教育を始めようかと思っていましたが、もう今から少しずつするべきなんですね
    YSK
    性のリテラシー、本当に大切。子どもだけではなく、改めて大人にも学ぶ機会があるといいですね。

    "性に関することは健康的で生理的なことです。自分が恥ずかしいからって嫌悪感をむき出しにしたりせず、リテラシーを教えていくことが大切"
    MK
    これから成長していく女の子たちが、自分の心と体にきちんと主体性を持ち、YesとNoを言い、望まない妊娠や性犯罪に巻き込まれないように。性について小さい頃から習っておくべきと痛感。結局、自己肯定感なんだよなぁと思います。
    チーズ
    学生時代は保健の授業でやんわり教わる程度だった気がします、今思うとあれが性教育だとは思えませんが…多感な時期だからこそ、真面目に伝えるべきだよなと思いました。男だからとか女だからとか関係なく…
    SB
    自分の頃はこうだったから…と子どもに性について教えないのは危険だなと改めて思いました。他人事に思わず親として子どもにしっかり伝えていきたいです。
    MARU
    これから先、子どもに性について話すことは、恥ずかしいことではなく正しく理解することが大切だと伝えようと思います!
    na
    性について話せる親子関係は10歳でも遅いんですね。。
    性に関する絵本を買おうかなと思いました。

取材レポートの関連記事

  • 2020年の教育改革を間近に迎え、新時代を生きるこれからの子どもたち。親である私たちが受けてきた教育があたりまえでなくなるこの時代、子どもに合った最適な教育とは何なのか?この連載では、従来の評価軸では計ることのできない独自の視点で子どもの能力を伸ばす、新しい「学びのカタチ」について紹介していく。第4回では、地方と都市を結ぶ新しい学校のかたちを提案する「デュアルスクール」について、東京と徳島のふたつの拠点から話を聞いた。

    <連載企画>学びのカタチ

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の著者、ブレイディみかこさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、宗教学者の中村圭志さんに話を聞いた。

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第5回は、母乳育児について、日本赤十字社医療センター 産科の笠井靖代先生に聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、オランダに住む国際カップル、金由梨さんとベネッサさんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、セクシュアルマイノリティの当事者としてさまざまな活動を行う杉山文野さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、2019年4月に行われた東京大学の入学式祝辞で大きな注目を集めた社会学者、上野千鶴子さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第4回は、産後なかなか戻らないぽっこりお腹にどうアプローチすべきか、川崎協同病院 婦人科産後骨盤トラブル外来の内山美紀さんに聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、小学校教諭として、独自の性教育を実践する星野俊樹さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • 個人差があるママの体において、自分にとってのベストな選択はさまざま。助言や迷信を鵜呑みにしたり、「やらなければ」という強迫観念で自己判断のケアをしていないでしょうか?この連載では、専門家を通してママが自分自身の体と向き合うためのガイドとなる正しい知識を発信していきます。第3回は、妊娠中や産後のママを悩ませる尿漏れについて、川崎協同病院 婦人科 産後骨盤トラブル外来の藤島淑子先生に話を聞きました。

    <連載企画>ママの体と向き合う

  • 子どもをとりまく環境が急激に変化している現代。小学校におけるプログラミング教育と外国語教育の必修化、アクティブ・ラーニングの導入など、時代が求める人材像は大きく変わろうとしている。この連載では、多様化していく未来に向けて、これまで学校教育では深く取り扱われなかったジャンルに焦点を当て多方面から深掘りしていく。今回は、性の健康に関する啓発活動を行うNPO法人ピルコンの染矢明日香さんに話を聞いた。

    <連載企画>学校では教えてくれない

  • KIDSNA編集部の連載企画『#私の子育て』。#07はタレント、エッセイストとして活躍する、小島慶子さんにインタビュー。一家の大黒柱として、自身が生まれ育ったオーストラリアのパースで、夫と2人の息子を育てながら、日本では多忙なスケジュールで仕事をこなす彼女。子育てや家族、仕事の両立についてどのように考えているのだろうか。

    <連載企画>#私の子育て

カテゴリ一覧