静岡の鞄メーカーと家具職人が手掛けるランドセルリメイクの新サービスが登場

静岡の鞄メーカーと家具職人が手掛けるランドセルリメイクの新サービスが登場

思い出いっぱいのランドセルを世界にひとつだけのスツールに。捨てられない、生かしたい、ユーザーの思いから誕生したランドセルリメイクの新しい形

「子ども思い」のランドセルでおなじみの静岡の鞄メーカー「池田屋」が、地元家具メーカー「ヒノキクラフト」と、役目を終えたランドセルを木製スツール(折り畳みイス)にリメイクする新サービスを開始。

初回注文受付は、2022年1月11日(火)13:00頃からを予定している。

※池田屋ランドセル以外のランドセルも受付可能。
※注文後2週間以内にランドセルを送る必要あり。
現6年生の子ども分は卒業後の注文要。
※第2回目の注文受付予定は決まり次第案内あり。
ランドセルスツール
かけがえのない6年間の思い出が刻まれたランドセル。卒業して使わなくなっても「なかなか捨てられない」という方は多く、「何かにリメイクしたい」という声も年々増えている。

そこで「池田屋」では、せっかくリメイクするなら「また愛着を持って使える道具にしたい」という思いから、今回の新サービスを企画。
ランドセルスツール
ランドセルスツールの魅力は、1つとして同じものが出来ない、すべてが1点モノであること。「ヒノキクラフト」がスツールの製作を手掛け、座面にはランドセルの顔であるカブセを使用する。
ランドセルスツール
ランドセルスツール
また、本体の木材はカブセの色や風合いに合わせて日本ヒノキ、チェリー、ウォールナットの3種類、サイズは2種類から自由に組み合わせて選択可能。
ランドセルスツール 左上/日本ヒノキ 18,700円、右上/チェリー 19,800円、下段/ウォールナット 20,900円(すべて税込)※樹種により価格は異なる。同じ樹種であればサイズによる価格差は無し
ランドセルスツール 左上/日本ヒノキ 18,700円、右上/チェリー 19,800円、下段/ウォールナット 20,900円(すべて税込)※樹種により価格は異なる。同じ樹種であればサイズによる価格差は無し
キャンプやBBQ、屋外イベントなどのアウトドアシーンではもちろん、インドアでは魅せる・使えるインテリアとしても大活躍する。

さらに、カブセが寿命を迎えても、張替え用の革と布を用意。メンテナンスを楽しみながら一生愛用できる。
 
思い出を日常へと変えてくれるリメイクサービス。この機会にぜひ、チェックしてみては。


問い合わせ先/池田屋
tel.0120-15-8983
(フリーコール[受付時間] 11:00~19:00 年中無休 ※12月31日・1月1日は休業)
※営業中の店舗へ繋がるため土日祝日は繋がりにくい場合あり
https://www.pikachan.com/info/167

2022年01月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧