Fairycake Fairからクリスマス特別限定品「カドーノエル クリスマスビスケット缶」が新登場

Fairycake Fairからクリスマス特別限定品「カドーノエル クリスマスビスケット缶」が新登場

自然本来の味を生かし製法にこだわったメレンゲ菓子と、発酵バタービスケットを詰めた、クリスマスまでの毎日の楽しみを分かち合う絵本のようなお菓子缶。パッケージイラストは、詩的な絵で多くの人を魅了する前田ひさえ氏が担当

菓子研究家・いがらし ろみ氏プロデュースのカップケーキとビスケットの店「Fairycake Fair(フェアリーケーキフェア)」が、クリスマス特別限定品「カドーノエル クリスマスビスケット缶(以下、カドーノエル)」の予約販売を受付中。

12月3日(金)より、「Fairycake Fair」オンラインショップおよび店舗にて、発売を開始する。 
※注文予定数量に達し次第終了。

「カドーノエル」は、絵本のようなファンタジックなイラストのデザイン缶に、手づくりのメレンゲ菓子とビスケットの個包装を詰め合わせた1品。
カドーノエル クリスマスビスケット缶 2,700円(税込)※内容:スパイスクッキー3袋、カカオクッキー3袋、各種メレンゲ1袋ずつ、販売期間は予告なく変更する場合もあり
カドーノエル クリスマスビスケット缶 2,700円(税込)※内容:スパイスクッキー3袋、カカオクッキー3袋、各種メレンゲ1袋ずつ、販売期間は予告なく変更する場合もあり
パッケージイラストを手がけたのは、詩的な絵で多くの人を魅了するイラストレーター・前田ひさえ氏。

見た人それぞれの物語を連想させてくれる、幻想的な妖精たちのティーパーティーが描かれ、待ち遠しいクリスマスが近づくワクワク感を盛り上げる。
カドーノエル
メレンゲ菓子は、りんご味・レモンヨーグルト味・いちごチョコレート味といった珍しい味わいの3種のほか、クリスマススパイスとカカオのビスケット2種を組み合わせ、軽やかで香り高い自慢の焼き菓子の詰め合わせを用意。

自然本来の味を大切にする「Fairycake Fair」のメレンゲ菓子は、素材を吟味し、こだわりの製法で工房の職人が丹精込めて仕上げた自慢のお菓子。

フルーティな味わいを組み合わせ、飽きのこない爽やかなアクセントが癖になる自信作で、“サクッ”の後に“シュワッ”と溶けて、“ふわっ”とあるがままの味が香る口当たりにより、おいしさの新発見を楽しめる。
カドーノエル
メレンゲとも相性がよいビスケットは、工房の職人が1枚1枚やさしく丁寧に焼き上げた手づくりの品。

発酵バターが薫る風味豊かでコク深い味わいで、さっくりとした食感にどこかホッとする懐かしさが感じられる。
カドーノエル
また、それぞれ小分けの個包装になっているため、ティータイムやおやつの時間に少しずつ食べられて、最後までおいしく楽しむことが可能。「クリスマスまであと何日?」と毎日の楽しみをみんなで分かち合うことができる。
カドーノエル
お菓子のもつ「たのしさ」を引き出し心踊らせてくれる、冬のギフトにもぴったりなお菓子の贈り物。この機会にぜひ、チェックしてみては。


問い合わせ先/フェアリーケーキフェア グランスタ東京
tel.03-3211-0055
(月〜土 8:00〜22:00、日・祝 8:00〜21:00 ※グランスタ東京に準ずる)
https://fairycake.jp/products/10310106(予約・商品購入URL)

2021年12月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧