アマン東京が2021年オリジナルクリスマススイーツの予約受付を開始

アマン東京が2021年オリジナルクリスマススイーツの予約受付を開始

香ばしいピスタチオと爽やかなベリーが彩る「パリブレスト ノエル」と、和三盆とココアの2種を楽しめる「シュトーレン」が登場

「アマン東京」から、2021年のオリジナル クリスマススイーツとして「パリブレスト ノエル」と「シュトーレン」を、10月1日オープンのペストリーショップ「ラ・パティスリー by アマン東京」にて12月1日より販売スタート。

予約は現在受付中。エグゼクティブペストリーシェフ・宮川佳久氏が、ホリデーシーズンがより楽しく幸せなひと時となるようにと、心を込めて作り上げたスイーツとなっている。

今年のクリスマスケーキは、クラシックなフランスのペストリー「パリブレスト」をクリスマスリースに見立てて用意。
アマン東京 オリジナル クリスマスケーキ 「パリブレスト ノエル」12cm(3~4名)7,020円、  15cm(5~8名 )8,640円(すべて税込)※販売期間(受取期間):12月1日(水) ~ 12月25日(土) ※受取日の5日前まで要予約、引渡し場所:ラ・パティスリー by アマン東京 (OOTEMORI地下2階)
アマン東京 オリジナル クリスマスケーキ 「パリブレスト ノエル」12cm(3~4名)7,020円、 15cm(5~8名 )8,640円(すべて税込)※販売期間(受取期間):12月1日(水) ~ 12月25日(土) ※受取日の5日前まで要予約、引渡し場所:ラ・パティスリー by アマン東京 (OOTEMORI地下2階)
ふんわりと焼き上げたシューショコラに、ビターチョコレートのカスタードと、香り高いシチリア産ピスタチオを使ったなめらかなバタークリームを挟み、いちご、ブルーベリー、ラズベリー、セミドライのアプリコットと、胡桃、ヘーゼルナッツ、砕いたピスタチオで華やかに飾りつけた。

宮川氏が特にこだわったのは、フレッシュなピスタチオの風味を生かしたペーストと、香ばしく焙煎しキャラメルと合わせたプラリネを、メレンゲやカスタードと絡めて軽やかに仕上げたバタークリーム。

ほろ苦いチョコレートのカスタードと、ベリーの爽やかな酸味とナッツの食感で、ひと口で何重もの味わいを楽しむことができる。

一方の「シュトーレン」は、「プレーン」「 黒糖チョコレートと栗」の2種を用意。
左/アマン東京オリジナル「シュトーレン プレーン」<小>  1,944円  <大> 4,104円、右/アマン東京オリジナル「シュトーレン 黒糖チョコレートと栗」 <小>  2,160円 <大> 4,320円(すべて税込)※販売期間:12月1日(水) ~ 12月25日(土)、販売場所:ラ・パティスリー by アマン東京 (OOTEMORI地下2階)
左/アマン東京オリジナル「シュトーレン プレーン」<小> 1,944円 <大> 4,104円、右/アマン東京オリジナル「シュトーレン 黒糖チョコレートと栗」 <小> 2,160円 <大> 4,320円(すべて税込)※販売期間:12月1日(水) ~ 12月25日(土)、販売場所:ラ・パティスリー by アマン東京 (OOTEMORI地下2階)
今年一年に感謝しながら、薄く切って少しずつクリスマスまでの間に食べるという、伝統的なヨーロッパの焼き菓子「シュトーレン」。

「アマン東京」オリジナルのレシピで焼いた「プレーン」は、アーモンドペーストを練り込んだ生地をしっとりと焼き上げ、中にはアーモンド、ヘーゼルナッツ、胡桃といったナッツ類がたっぷり。

そのほか、リキュールに漬けこんだオレンジやレーズン、イチジクなどのドライフルーツと、ナツメグやシナモンなど各種スパイスを加え、仕上げには上品な甘さの和三盆糖をコーティングしている。

「黒糖チョコレートと栗」は、栗本来の風味を生かすため、ドライフルーツはイチジクのみで、栗の甘さとチョコレートの香りを楽しむ大人の味わいのシュトーレン。表面には黒糖とココアパウダーをまぶし、ビターに仕上げている。

大切な方とのつながりの輪を感じながら、ホリデーシーズンの楽しいひとときを提供する「アマン東京」のスイーツ。自宅用に、または大切な方への贈り物として、ぜひ利用してみては。


問い合わせ先/ラ・パティスリー by アマン東京
tel.03-5224-3339 (レストラン予約 10:00~19:00)
https://www.tablecheck.com/ja/shops/amantokyo-lapatisserie-pickup/reserve(WEB予約)

2021年11月20日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧