10月、アマン東京初のペストリーショップが大手町タワーにオープン

10月、アマン東京初のペストリーショップが大手町タワーにオープン

開業時からペストリー部門を牽引してきたエグゼクティブペストリーシェフ・宮川佳久氏による、クラシックで繊細なケーキや、素材にこだわった自家製パン、サンドイッチ、チョコレートや焼き菓子、ジュースなどのギフトアイテムなどを幅広く提供

「アマン東京」が、10月1日(金)に初となるペストリーショップ「La Patisserie by Aman Tokyo(ラ・パティスリー by アマン東京)」を、ホテルがある大手町タワー「OOTEMORI」地下2階にオープン。

2014年の開業時からペストリー部門を牽引してきたエグゼクティブペストリーシェフ、宮川佳久氏による、クラシックで繊細なケーキや、素材にこだわった自家製パン、サンドイッチ、チョコレートや焼き菓子、ジュースなどのギフトアイテムなどを、幅広く提供する。
La Patisserie by Aman Tokyo
宮川氏のスイーツは、季節ごとにテーマを変え、シックなインテリアの中、アンティークトランクで運ばれてくるスタイルが人気の「ザ・ラウンジ by アマン」のアフタヌーンティーや、イタリアンレストラン「アルヴァ」のコースに華を添えるドルチェ、そして「ザ・カフェ by アマン」で提供されるデザートセットや季節のパフェなど、素材が持つ自然の色を尊重したシックな美しさと、フランスの伝統菓子を基本とするオーセンティックで、奥深い味わいが人気を博してきた。

今回オープンする「ラ・パティスリー by アマン東京」では、クラシックショコラやチーズケーキなどの通年楽しめるもののほか、洋ナシのタルトやモンブランなど、秋が旬のフルーツをふんだんに使った季節のケーキを用意。

ホールケーキは、バースデーやアニバーサリーなどのお祝い事や、ホームパーティーへのお供などにぴったりとなっている。
La Patisserie by Aman Tokyo
パン類はクロワッサンやパンオレザン、パンオショコラなど、「アマン東京」の朝食で人気のものから、パンドカンパーニュなどこだわりのハード系まで豊富に用意。フランス産の発酵バターや、北海道・十勝産の希少な有機小麦を使用し、香ばしく焼き上げたパンが味わえる。
La Patisserie by Aman Tokyo
また、大手町と丸の内のオフィス街からアクセス良好なロケーションならではの商品として、朝食やランチに楽しめるサンドイッチや、コーヒーやジュースなどドリンク類も販売。

サンドイッチには自家製のパテやシーフードマリネなどを挟み、パンの風味を生かしたシンプルでありながら、食べ応えのある味わいに仕上げた。
La Patisserie by Aman Tokyo
さらに、ショコラティエでもある宮川氏が手掛けるチョコレートや、「アマン東京」の和モダンなデザインを彷彿とさせる焼き菓子などのギフトアイテム「KOBAKO」、和歌山県の「谷井農園」による「アマン東京」オリジナルのジュースやジャムのほか、タンブラーやランチバッグといったロゴ入りアイテムも販売する。
La Patisserie by Aman Tokyo
店内はガラス張りのショーキッチンとなっており、外からでもペストリーシェフたちの手作業を見ることが可能。カウンターには天然の石を使用するなど、「アマン東京」と同じく自然の息吹が感じられる落ち着いた雰囲気のショップとなっている。

オープンの際にはぜひ、家族で気軽に立ち寄ってみては。


ラ・パティスリー by アマン東京
住所/東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー OOTEMORI 地下2階
営業時間/
月~金 7:00~20:00
土・日・祝日 10:00~19:00
tel.03-5224-3339(10:00~19:00)
https://www.aman.com/ja-jp/hotels/aman-tokyo/dining/la-patisserie-aman-tokyo

2021年09月25日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧