日本初、コンシェルジュ常駐のチャイルドシート専門ストアがオープン

日本初、コンシェルジュ常駐のチャイルドシート専門ストアがオープン

経験豊富な専任コンシェルジュが、シート選びから取り付けまでをマンツーマンでサポートするほか、店内には赤ちゃんの頭の重さを体験できるツールや、デモンストレーション用リアシートも

「GMPインターナショナル」が、チャイルドシートに特化した日本初の専門ストア「CHILDSEAT LAB(チャイルドシート ラボ)」をオープン。
CHILDSEAT LAB 店舗イメージ
CHILDSEAT LAB 店舗イメージ
日本でチャイルドシートの使用が義務化されて20年以上。しかし欧州に比べ、日本のチャイルドシートは安全基準も装着率もまだまだ低く、さらに正しく装着できている割合も50%以下(※)と非常に低いのが現状である。
※2019年警視庁「チャイルドシート取付け・着座状況調査結果(令和元年)」 より出典

チャイルドシートを正しく使用するためには、正しく使用しなかった場合のリスクを認識することが不可欠。子どもの成長によってシートの調整が重要であり、製品自体がどんなに素晴らしくても安全に装着できていないようでは、万一の事故の際に大切な子どもの命を守ることができない。

利用者が戸惑うことや疑問に思うことに応えながら、多様なカーライフに合わせたチャイルドシートの選択肢を提案し、チャイルドシートを卒業するまで、安全に使用するためのサポートをしていきたい。より多くの家族に“安心・安全な環境”を提供するお店が必要であるとの考えから、今回のチャイルドシート専門ストアをオープンさせた。
チャイルドシート利用イメージ
チャイルドシート利用イメージ
「CHILDSEAT LAB」では、経験豊富な専任コンシェルジュが、シート選びから取り付けまでをマンツーマン対応。利用者の車やライフスタイルに合った製品の提案をはじめ、購入前の試着、車への取り付け、調整、アフターフォローまでサポートする。

また、愛車へのこだわりを諦めて欲しくないとの想いから、情報の少ない並行輸入車や希少なビンテージカー、4WD・SUVなどの車種にも最適なチャイルドシートの機種を提案。チャイルドシート用の国際規格であるISOFIX金具が設置されていない車にも、可能な限り対応する。

さらに店内には、赤ちゃんの頭の重さを体験できるツールや、デモンストレーション用リアシートを設置。チャイルドシート装着時の状況を実際に体験できるスペースも設けられている。
CHILDSEAT LAB
取り扱うチャイルドシートは、「ADAC(全ドイツ自動車連盟)」の消費者テストで優秀な成績を収めたヨーロッパブランド製品を中心に、幅広い製品をラインナップ。

主要取り扱いブランドは、「MAXI-COSI(マキシコシ)」「BRITAX ROMER(ブリタックス レーマー)」「RECARO(レカロ)」「DOONA(ドゥーナ)」などとなっている。
CHILDSEAT LAB
子育て家庭のカーライフを応援する「CHILDSEAT LAB」へ、この機会にぜひ訪れてみては。

CHILDSEAT LAB チャイルドシート ラボ
所在地/東京都渋谷区富ケ谷1丁目16-3 富ヶ谷ハイツ101
営業時間/11:00~19:00
定休日/不定休
tel.03-6407-9557
https://www.childseatlab.com

2021年04月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧