「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が長野県御代田町に開業

「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が長野県御代田町に開業

食と人と土地の持つ価値のマリアージュで実現する「ニューノーマル時代の新しいオーベルジュ」

ホテルブランドHIRAMATSU HOTELSを展開する「ひらまつ」が、3月16日(火)に、同ブランド6施設目となる「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」を長野県御代田町に開業。

今、コロナ禍により人々の旅への意識は変化し、自然回帰の流れが進んでいるといわれている。雄大な自然に囲まれた御代田町は、縄文土器が出土した歴史があり、古より豊かな自然のなかで人々が暮らしを営んできた場所。

その縄文時代の人々の営みを現代的に再解釈し、食と人と土地の持つ価値のマリアージュを重視することで、ニューノーマル時代の新しいオーベルジュを創造することができると考えている。

「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」のコンセプトは「森のグラン・オーベルジュ」。広大な浅間山の麓で、焚き火を囲み、屋外という非日常空間で食事をすることで、料理はもちろん、すべてのサービスやアクティビティが、フルコースの一部となる究極の美食体験が叶う。
THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田
昨今は、コロナ禍での制限により、「人とのつながり」をより大切に感じる人が増加傾向にあるとされている。そのことから、今回誕生する屋外 コミュニティラウンジ「TAKIBI ラウンジ」は、焚き火を囲みながら、人と人、人と自然がゆるやかにつながる空間を目指す。

昼は見晴らしのよい憩いの場、夜は焚き火を囲む幻想的な場など、空間は刻々と変わる景色に合わせて変化。また、キッチンカーで飲み物や軽食を提供するなど、レストランとは異なる、少しカジュアルな食体験を提案していく予定となっている。

感覚を研ぎ澄まし、土地の恵みを味わい尽くす特別な食体験として提供される「Table Nature」は、誰もが持っている屋外での特別な食体験の思い出を、より豊かで忘れることのできない記憶へとアップデート。

御代田の風や空気を感じられるあらゆる屋外空間を舞台に、開業時には、テラスなどで味わうモーニングバスケットや、普段屋外で食べることが難しい本格的なフランス料理を、テーブルクロスやカトラリーなど細部にもこだわり、屋外でありながらも上質な空間で提供する。

今後は、屋外ラウンジや客室、ダイニングのテラスといったホテルの敷地内のみならず、将来的には御代田町の景勝地など、ホテル外での実施も計画されている。
THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田
また近年、あらゆる分野でパーソナルニーズが高まっていることから、希望の方に One to One のサポートで旅のプランを提案するサービス「HIRAMATSU Concierge」を提供。

このサービスは、世界のトップセレブリティをもてなしてきた、世界最高クラスのホスピタリティ・カンパニー「KRO」とのコラボレーションにより実現するもの。

ウエディングプランナーが新郎新婦の要望に合わせて、完璧な結婚式のプランを組み立てるように、予約したゲスト一人ひとりと連絡を取り合い、最高の旅のプランづくりをサポート。ホテルに到着してからの過ごし方の提案はもちろん、ホテルに着くまでの食事や観光など、ゲストの好みに合わせておすすめのプランを提案する。
THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田
さらに「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」では、ひらまつホテルズでは初となる、「2つのダイニング」と「ヴィラ」を完備。

1Fのメインダイニング、5Fのオールデイダイニングと、2つのダイニングを備え、フルコースの料理のみならず、アラカルトや「森のモーニング」、ランチ、ディナーまで、自然と時間と食を自由にマリアージュさせる多彩なダイニングスタイルを提案する。

9棟のヴィラは、ワイドテラスや2つのベッドルーム、半露天温泉風呂、長期滞在を見据えた簡易キッチンを完備。内2棟は中・小型犬と滞在できる「ドッグヴィラスイート」としてドッグランも備え、三世代旅行やペット同伴旅行、長期滞在など、多彩な旅のスタイルに応える。

また、本館には28の客室があり、全室パノラマビューで、半露天温泉風呂が用意されている。

「森のグラン・オーベルジュ」を目指すニューノーマルなホテルへ、ぜひ家族で訪れてみては。
THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田
住所/長野県北佐久郡御代田町大字塩野 375 番地 723
駐車場/39台
客室/37室(本館28室・ヴィラ9棟)
料金/1泊夕朝食付58,000円~(2名1室利用時の1名あたり/参考料金)
tel.0267-31-5680
https://www.hiramatsuhotels.com/miyota/

2021年03月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ